• 「教科書に載っている仕事人」~私と仕事~
  • 高 校

NGO(政府せいふ組織そしき)代表

岩附いわつき 由香ゆか さん

  • 児童労働じどうろうどうから子どもを守る
  • −1人1人がかがやける社会を目指して−

大学院在籍中ざいせきちゅうにNGO「ACE」を立ち上げる。ACEはAction against Child Exploitationのりゃく。会社員,国連こくれんWFP日本事務局にほんじむきょくスタッフ,通訳つうやくなどのしょく並行へいこうして活動を続け,その後ACEの活動に専念せんねん

仕事内容しごとないようを教えてください。

わたし設立せつりつした「ACE」は,世界の子どもを児童労働じどうろうどうから守るためのNGOです。とくにインドやガーナで,子どもが危険きけんな労働から保護ほごされ教育を受けられるように,子どもの就学しゅうがく徹底てっていや親の収入向上しゅうにゅうこうじょうのための職業訓練しょくぎょうくんれんなどの支援活動しえんかつどうをしています。児童労働じどうろうどうは,地域ちいき貧困ひんこん経済けいざい格差かくさ,教育の問題などさまざまな要因よういん複雑ふくざつからんでいます。経済けいざいのグローバル化により,知らないうちに企業きぎょう児童労働じどうろうどう加担かたんしてしまうこともあるため,例えばアパレル企業きぎょう向けに,衣料品の原料である綿花めんか栽培さいばいにおける児童労働じどうろうどうを知ってもらうセミナーを企画きかく運営うんえいするなど,日本で児童労働じどうろうどうに関する世論せろん喚起かんきする活動もしています。
わたしは代表として組織そしき運営うんえい講演こうえんを行い,支援しえんを広くびかける仕事をしています。

なぜこの仕事を選んだのですか。

  • インドでのグローバルマーチ(1998年)

  • 講演会こうえんかいの様子

大学3年のとき,メキシコの路上で子どもに物乞ものごいをされ,教育を受けられずに働く子どもが世界にたくさんいることを知ったのがきっかけです。ちょうど就職活動しゅうしょくかつどうが始まる時期だったため,児童労働じどうろうどう解決かいけつすることを仕事にしたいと考え,国連職員こくれんしょくいんを目指して大学院に進みました。
大学院在学中ざいがくちゅう,「児童労働じどうろうどうに反対するグローバルマーチ」に出合いました。児童労働じどうろうどう廃絶はいぜつうったえるため,マーチ(行進)をする活動で,カイラシュ・サティヤルティさん(2014年ノーベル平和賞受賞)がびかけたものです。世界100か国以上で行われていますが,日本でこの活動をになえる団体だんたいがなかったので,「それなら自分で作ろう」と一晩ひとばん趣意書しゅいしょを書き上げ,同じこころざしを持つ学生仲間に声をかけて立ち上げたのがACEです。
それからは仕事をしながらボランティア活動でACEを続けていましたが,「自分がいちばんしたいのはACEの活動だ」と確信かくしんし,この活動にいちばん時間を使えるよう今の形にしました。そのため,給料をもらってこの活動をするようになったのは34さいのときです。

この仕事をやっていてよかったと思うことはありますか。

インドやガーナで支援しえんしていた地域ちいきの子どもたちが,児童労働じどうろうどうから解放かいほうされ学校に行くようになり,それぞれのゆめを持てるようになったことなどを実感できたときです。その事実がうれしいだけでなく,そのような結果をもたらすことのできたスタッフやACEの存在自体そんざいじたいが,よかったなと思います。

これからのゆめ抱負ほうふは何ですか。

わたしのモットーは「人とつながり,力を引き出し,社会を変えるエネルギーを生み出す」こと。目指しているのは,1人1人の可能かのうせいが花開く社会。だから,子どもの可能かのうせいうば児童労働じどうろうどう解決かいけつする活動を行ってきました。その原因げんいん複雑ふくざつですが,今後も,企業きぎょうや市民をみながら解決かいけつする新しい方法を生みだしたいと思います。エシカルな消費を広げることも,その1つです。

高校生へアドバイスをください。

高校生のときは将来しょうらいの仕事はぼんやりとしか考えておらず,大学3年になって初めて具体的に決めました。会社員時代も,国際機関こくさいきかん日本事務所にほんじむしょで働いていたときに経験けいけんした国際会議こくさいかいぎ舞台裏ぶたいうらも,1つも無駄むだになったとは思いません。まわり道をしても,いつからでも,やりたいことにたどり着き,それを仕事にできるのは幸せなこと。なぜなら,人生の中で仕事に使う時間はとても長いからです。
高校生のころから刺激しげきを受ける機会が多いほど,選択肢せんたくしが広がり,やりたいことを見つけるのに役立つ気がするので,いろいろな人に会ったり,イベントに参加したり,自分なりの方法で自分の世界を広げてください。

仕事人一覧