• 特集01 「教科書に載っている仕事人」
  • 小学校

日本茶の生産者

佐野 さの 智信 とものぶ さん

新茶は一年に一度しか収穫しゅうかくするができず、収穫しゅうかくするまでとても大切に育てます。
虫の駆除くじょびた枝葉えだはを切りそろえる、わらをしいて茶の木を温めるなど、年間を通じてさまざまな作業が必要です。
大切に育てたお茶のことを、佐野さのさんは「脇役わきやく」と思っているそうです。
ありがとうのお茶、おつかれ様のお茶、いらっしゃいませのお茶、色々いろいろなお茶のあるところには笑顔があります。
そんな笑顔のそばにいられるようなお茶を作りたいと、佐野さのさんは考えています。

  • ※教科書に掲載されていない、独自の取材内容となっています。