• 東京都に関連のある仕事人
  • 1986年 生まれ

    出身地 東京都

商標審査官

宮川みやかわ はじめ

  • 仕事内容

    お店で売られているものの「商品名」を守る。

  • 自己紹介

    好きな言葉は「ぶんりょうどう」。テニスと地理(旅行)が好きなアウトドアです。

  • 出身高校

    私立本郷高等学校

  • 出身大学・専門学校

    慶應義塾大学 商学部

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2017年12月18日)時点のものです】

宮川 元


仕事人記事

商標しんかんは,商品を売る人も買う人も守っている

商標<ruby>審<rt>しん</rt></ruby><ruby>査<rt>さ</rt></ruby><ruby>官<rt>かん</rt></ruby>は,商品を売る人も買う人も守っている

わたしが働くとっきょちょうにはいろいろな仕事がありますが,わたしの仕事は「商標しんかん」です。「商標」というのは商品の名前やマークをする仕組みです。商標しんかんは,この「商標」というけんしいというしんせいないようしんして,本当にその人にけんあたえてよいかをチェックしています。
わたしたちの身のまわりにはたくさんの商品がありますよね。たとえば,飲み物には「三ツ矢サイダー」や「コカ・コーラ」など,名前ととくちょうのあるロゴマークがついています。でも,それとそっくりの名前やマークのついた商品がお店にならんでいたら,どれを買ったらよいかまよってしまうと思います。そんなことにならないよう,商標しんかんは,新たに商品名やマークを使いたいという人や会社に,本当にそのけんあたえてもよいかどうかをチェックするんです。もし,たような商品名やマークがすでに他の人のけんとしてみとめられているときは,あとからしんせいしてきた人にはけんをあげることはできません。
新しく「商標」をみとめてほしいというしんせいは,とっきょちょうに毎日,何百けんとどきます。年間で13万けん以上にもなるしんせいを,約140人の商標しんかんが一つ一つ,しんしています。

せきにんが重いので勉強は欠かせない

<ruby>責<rt>せき</rt></ruby><ruby>任<rt>にん</rt></ruby>が重いので勉強は欠かせない

あらゆる商品をしんするので,しんしつは食べ物関係,機械関係,ざっ関係など,分野別にわかれています。しんかんせきにんの重い仕事なので,自分がたんとうする分野のことを,ふだんから勉強しておかなければなりません。
たとえば,うんどうぐつしんせいひんの名前とマークをしんするとします。そのときはまず,たような名前やマークのうんどうぐつはないか,パソコンでとっきょちょうにあるデータを調べます。マークについては,そのマークの読み方,見た目,意味合いといった観点からしんします。そこでた名前やマークが見つからなくても,気になるなと思ったら,スポーツやファッション関係のざっや新聞を見たり,自分の足でデパートのくつ売り場やくつさんに行ったりして,ていねいに調べる必要があります。そっくりの名前の商品がすでにあるのに,別の会社のしんせいみとめてしまったら,会社同士の争いにまではってんしてしまうこともあるからです。また,うんどうぐつに「うんどうぐつ」といったいっぱんてきめいを名前としてつけたり,「はきやすいくつ」といった,ひんしつを表す言葉を名前としてつけるのも,商標としてはみとめられません。だれでも他の商品と区別できるような名前でないと,買う人が商品を選ぶときにこまってしまうからです。

自分がしんした商標を,街の中やCMで見られる

自分が<ruby>審<rt>しん</rt></ruby><ruby>査<rt>さ</rt></ruby>した商標を,街の中やCMで見られる

わたし自身がしんをした商標を,街のスーパーマーケットやCMなどで見ることができたときは,仕事のやりがいを感じますね。以前,四国のなおしまという観光地のおんせんせつの商標のしんたんとうしたことがあるのですが,その後,旅行に行って実物を見たときはうれしかったです。「これは自分がしんしたんだ」と家族にもまんできます。
また,しんした商標は,とっきょちょうの「こうほう」により,「しんかん 宮川元」と自分の名前入りで外部に公表されます。自分の仕事の成果がそのような形で残るのも,うれしいことです。でも,それだけせきにんも重いということです。しんをしていて「この名前とマークは,ほかの商品と区別できるだろうか」とまようこともありますが,そんなときは,ほかのしんかんたちと相談しながら,しんちょうはんだんするようにしています。

つねに向上心を持ち,日々,勉強する

<ruby>常<rt>つね</rt></ruby>に向上心を持ち,日々,勉強する

仕事ではつねに向上心を持って,せんもんせいを高めるため,日々,勉強することを心がけています。一つは自分のたんとうする分野で,どんなものやどんな言葉が流行しているかを知っておくことです。その業界の新聞やざっを読んだり,その売り場をチェックしに行ったりするようにしています。
もう一つ,ひんぱんに改正される商標のせいほうりつの勉強もしなくてはなりません。たとえば,2015年4月1日から,音の商標もしんせいできるようになりました。その結果,胃腸薬のCMに使われているラッパの音などがけんとしてみとめられています。ぎょうの広告せんりゃくの変化やけいざいの動向を勉強していないと,ほうりつ改正のかいすることはできないので,はばひろい勉強が必要になります。また,わたしたちは各都道府県で開かれるぎょう向けの商標せいの説明会にこうとして行くこともあり,ぎょうたんとうしゃの方に,わかりやすい言葉で伝えるためにも,日々勉強が必要です。
また,わたしにはしょうらいてきに学校で商標のことを教えたいというゆめがあるので,商標のことなら何を聞かれてもわかりやすく説明できるようにしておきたいと思っています。

きっかけは大学のじゅぎょう

きっかけは大学の<ruby>授<rt>じゅ</rt></ruby><ruby>業<rt>ぎょう</rt></ruby>

わたしがこの仕事を選んだきっかけは,大学2年生のとき,商学部のじゅぎょうとっきょちょう出身の方が来て,とっきょちょうの仕事について話してくれたことです。それまではとっきょちょうそんざいもよく知らず,商標しんかんという仕事があることは,まったく知りませんでした。話を聞くなかで,商学部で学んでいたけいえい関係のしきなどが,商標というせいに大きくかかわるものだとわかりました。商標しんかんになれるのは年間数名で,さいようされてもげんそく4年間の見習い期間が終わるまではひとり立ちできません。わたしは元々,せんもんせいの高い仕事をしたいと思っていたのですが,これは自分が求めていたせんもんせいの高い仕事だと思い,りょくを感じました。
商標しんかんになるには,まず国家こういん試験にごうかくしなければなりません。そこで,わたしは大学3年の春ごろから国家こういん試験のための勉強を始めました。試験にはほうりつけいざいいっぱん教養もふくまれていますから,まんべんなく勉強しました。そして無事ごうかくし,とっきょちょうさいよう試験にもごうかくすることができ,晴れて商標しんかんへの道を歩みはじめることができました。もしあの日,きっかけとなったじゅぎょうを受けていなければ今の自分はいなかったと思うと,運命的なものを感じますね。

スポーツや先生がくれたもの

スポーツや先生がくれたもの

小学生のころは,体が弱く学校を休みがちでしたが,中学からテニスを始めて,身長もび,体もだいぶじょうになりました。ラグビーやすも観戦など,スポーツはするのも見るのも大好きです。わたしが通っていたりつほんごう中学・高等学校は中高いっかんの男子校で,ぶんりょうどうかかげていたので,思い切り体をぶつけ合ってスポーツをし,勉強にもはげみました。もう一度,中学生にもどれると言われたら,同じ学校を選ぶと思うほど,楽しい思い出ばかりです。
学生時代のゆめは学校の先生でした。中学校のときのたんにんの先生が,文化祭での研究発表にこだわり,しっかりと物事を調べることを教えてくださったので,自分も先生のようなそんざいになってみたいと思ったのがきっかけです。物事をじっくり調べ,自分の頭で考えるということは,いまわたしがしている商標しんの仕事にも必要なことなので,先生の教えは今も役に立っていると思います。

ちゅうになることが自分を成長させてくれる

<ruby>夢<rt>む</rt></ruby><ruby>中<rt>ちゅう</rt></ruby>になることが自分を成長させてくれる

学校というところは,いろいろな考え方,いろいろなさいのうを持った人に出会える場所です。友だちや先生からいいえいきょうや,ときには悪いえいきょうも受け,その中で自分が成長するということが,学校での出会いの意味ではないかと思うのです。だから,学校では何事にも全力で取り組んで,ちゅうになれるものを見つけてほしいなと思います。
もし,商標しんかんという仕事にきょうを持ち,この仕事につきたいと思っている人がいたら,勉強だけでなくさまざまな分野に目を向け,はばひろを持ってほしいと思います。商標しんかんになると,たくさんの商品名やサービス名をしんするので,はばひろしきが必要になります。また,いろいろなてんで物事を見ることも大切なのですが,わたしの場合は学生時代にアメリカに短期りゅうがくしたときに,人種やかんちがう人たちと出会ったことで世界が広がりました。
みなさんもぜひ今からゆめさがし,それが見つかったら大切にしてください。また,色々なことにきょうを持ってを広げると,新たな景色が見えると思います。

  • 取材・原稿作成:東京書籍株式会社

ファン

すべてを見る

  • パスタ

    パスタ
    (香川県 小6)

  • ryu

    ryu
    (沖縄県 小6)

※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

  • 職業としての学問

    マックス・ウェーバー

    私の人生の指針になる本です。勉強は,次の世代の研究や生活が豊かになることを願ってするものだと,教えてくれます。

  • 夜明けの図書館

    埜納 タオ

    図書館の司書さんを取り上げたマンガです。絵もストーリーも素敵な一冊です。