仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

東京都に関連のある仕事人
出身地 兵庫県
佐賀さが 祐二ゆうじ
子供の頃の夢: サッカー選手
クラブ活動(中学校): サッカー部
仕事内容
医療いりょう用医薬品の提供ていきょう収集しゅうしゅう・伝達
自己紹介
努力して,人を大切にしていれば,たくさんのチャンスがやってくると信じ,日々ひび精進しょうじんしています。つながった人の輪を大切に,仕事や勉強,休日や勤務きんむ後には趣味しゅみのサッカーやランニングにも全力で取り組んでいます。

※このページに書いてある内容は取材日(2015年11月24日)時点のものです

より良い医療いりょうへの貢献こうけんと自社製品せいひん情報じょうほう提供ていきょうが仕事

より良い医療への貢献と自社製品の情報提供が仕事

医薬情報じょうほう担当者たんとうしゃ(MR)は,一般いっぱんに,製薬せいやくメーカーの営業えいぎょう部門に所属しょぞくしています。主な業務ぎょうむは,医師いし処方しょほうする自社医療いりょう用医薬品における,品質ひんしつ有効ゆうこうせい,安全せいに関する情報じょうほう提供ていきょう収集しゅうしゅう・伝達です。医薬品情報じょうほう適切てきせつに伝え,より良い医療いりょう実現じつげん貢献こうけんすること,患者かんじゃさんの病気を治す助けとなる自社の医薬品の紹介しょうかいをすること。大きくわけてその2つがMRには求められている仕事です。企業きぎょうによってことなりますが,1つかそれ以上の医薬品を専門せんもん担当たんとうして,病院などの医療いりょう機関を訪問ほうもんします。

1日で4,5けんの病院を訪問ほうもん

1日で4,5軒の病院を訪問

朝,医薬品代理店で打ち合わせをしてから出社し,情報じょうほう提供ていきょう情報じょうほう収集しゅうしゅうが必要な医師いしなどに面会の予約をします。そして,製品せいひんサンプルなどを持って医療いりょう機関を訪問ほうもんし,医薬品に関する情報じょうほう提供ていきょうを行います。また,医師いし薬剤師やくざいし看護師かんごしから自社医薬品使用後の意見を収集しゅうしゅうしたり,新医薬品のご紹介しょうかいなど販売はんばい促進そくしん活動も行います。その後帰社し,情報じょうほうを整理してから退社たいしゃします。基本きほん的に週休2日制かせいです。わたし所属しょぞくしている課には7名のMRがいて,主に輸液ゆえき・栄養製品せいひんあつかっています。それぞれ東京23区のうちの1区を担当たんとうし,1日で4,5けんの病院を訪問ほうもんします。

治療ちりょうや薬への知識ちしきの習得は必須ひっす

治療や薬への知識の習得は必須

頭脳ずのう明晰めいせき知識ちしき豊富ほうふ医師いしと,治療ちりょうに関する打合せをしなければならないことが,少し大変ですね。そのため事前に,自社製品せいひんだけでなく,他社の製品せいひん情報じょうほうふくめた多くの周辺情報じょうほう収集しゅうしゅうします。文献ぶんけんや学会の抄録しょうろく集で症例しょうれい報告ほうこくを調べたり,実際じっさいに学会に参加して研究者から話を聞いたりもします。このように,治療ちりょうや薬への知識ちしきを習得していかなければなりません。この仕事を始めたばかりのころ,「その症例しょうれいでしたら,こちらの薬のほうが良いと思います」と提案ていあんしたところ,「何を根拠こんきょに言っているのですか?どんな文献ぶんけんがあるのですか?」と聞かれて,しっかりと答えることができずに,「それは無責任むせきにんです」とおしかりを受けたこともありました。

情報じょうほう提供ていきょうが役立つ喜び

情報提供が役立つ喜び

輸液ゆえき製品せいひんもいろいろな種類があり,実際じっさい患者かんじゃさんの症状しょうじょうをお聞きして,「それでしたらこちらのほうがいいかも知れません」と,文献ぶんけん情報じょうほうもあわせて提案ていあんします。その処方しょほう提案ていあん医師いしにも納得なっとくしていただいて,実際じっさい処方しょほういただけるとうれしいですね。そして一番の喜びは,その情報じょうほう提供ていきょうによって,「患者かんじゃさんの状態じょうたいが良くなった」というコメントをいただいた瞬間しゅんかんです。MRの仕事をしていて良かったと特に感じますね。

真摯しんしな気持ちで公平な情報じょうほう提供ていきょう

真摯な気持ちで公平な情報を提供

医療いりょう現場げんばに,患者かんじゃさんに,医療いりょう従事者じゅうじしゃに対して,真摯しんしな気持ちで情報じょうほう提供ていきょうを行うことが,一番大切なことだと思います。自社製品せいひんむことばかりを考えていると,医師いしからは「医療いりょうのことを考えているのではなく,みだけで来ている」とすぐに見透みすかされてしまいます。MRは患者かんじゃさんに直接ちょくせつれることはありませんが,医療いりょう一端いったんになっているという気持ちでいなくてはなりません。また,あつかっている情報じょうほうや自社医薬品は,患者かんじゃさんの体に関係するものばかりです。提供ていきょうした情報じょうほうや自社医薬品が患者かんじゃさんの利益りえきとなるように,まちがっても不利益ふりえきあたえることにならないよう,つねに気をめて仕事をしています。

入社後の研修けんしゅうでMR資格しかくを取得

入社後の研修でMR資格を取得

就職しゅうしょく活動のときは,幅広はばひろく業界・職種しょくしゅを見ました。そして,サッカーが好きでしたので,スポーツ,特にサッカーに関わっているメーカーを選びました。製薬せいやく業界の待遇たいぐうが良かったことも1つの決め手となりました。MRという職業しょくぎょうも当時は,病院を訪問ほうもんして自社の薬をむイメージ程度ていどで,これほど社会的責任せきにんが重い職種しょくしゅだとは,正直なところ思っていませんでした。なお,MRには認定にんてい試験があります。わたしも入社してから研修けんしゅうを受け,その年の12月に公益こうえき財団ざいだん法人MR認定にんていセンターが実施じっしするMR認定にんてい試験を受けて合格ごうかくしました。絶対ぜったいではありませんが,病院によってはMR認定にんてい資格しかくを持っていないと立ち入ることができない所もあります。

子どものころはサッカー

子どものころはサッカー漬け

子どものころは,あばれんぼうと言われていました。小学校5年生までは学習塾がくしゅうじゅくに通っていましたが,じゅくに行かずにフラフラ遊んでいるのが親に知られて,学習塾がくしゅうじゅくをやめることになりました。Jリーグが開幕かいまくして日本中がサッカーでがっていて,わたしも毎日サッカーをしていました。中学校・高校時代も,勉強はほどほどに,サッカー中心の日々ひびでした。今は仕事のための勉強する機会が多いのですが,勉強が楽しいと感じることが多くありますね。あのころもっと勉強しておけばよかったと,少し後悔こうかいするときもあります。

いろいろな経験けいけんをして,今を生きる

いろいろな経験をして,今を生きる

成功したり,失敗したり,後悔こうかいしたり,いろいろな経験けいけんをして大きくなってしいと思います。過去かこもどせないですが,その分はきっと未来でもどすことができます。今何ができるか,前を向いて今を生きてしいと思います。MRを始めて3年目に,仕事を辞めようと思ったことがあります。自分の仕事は患者かんじゃさんの役に立っているのか?営業えいぎょう成績せいせきのための仕事になっていないか?医療貢献いりょうこうけん営業えいぎょう成績せいせきのジレンマに苦しみました。そのときに,本部のマーケティング部に来ないかと声をけていただき,「新しい道が開けるかも知れない,それでもダメだったら,そのときに辞めればいい」と考え,異動いどうさせてもらいました。2年間だけでしたが,他部署たぶしょでの経験けいけんを通じ,医療いりょう,薬,会社,MRに対する考え方が大きく変わりました。今では医療いりょうの役に立てていると感じることが多く,また,医療いりょうへの貢献こうけんが,営業えいぎょう成績せいせきへと結びつくことも多く,毎日充実じゅうじつしていて,この仕事にいてよかったと思っています。

ファンすべてを見る

(東京都 中1)
(広島県 中1)
(神奈川県 小6)
(東京都 小6)
(石川県 中2)
(兵庫県 中1)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

N.H.クラインバウム
アメリカの全寮制で規律も厳しい進学校が舞台の小説で、映画化もされました。学校に新しく赴任してきた教師が、それまでの校風とは違う教育方針で生徒に接し、いま自分のやりたいことを見つけて、自由にさせようとします。主人公の高校生が役者の道に進みたいと考えたが、親の反対に合い、最後は自殺してしまいます。そのことで、その教師は首になってしまいますが、残されたクラスの生徒たちは、退学になってもかまわないと、先生を辞めさせないように声を上げます。中学生のときにこの本に出会い、「自分の思いを貫くこと、それがいまを生きるということなんだな」と感動したことを覚えています。

もっと知りたいこの仕事人

どんな職場?
取材・原稿作成:株式会社ユニバーサルデザイン総合研究所/東京書籍株式会社