現場監督(工事監督)

現場監督(工事監督)
けんちくや土木工事などのげんで作業をかんとくするのがげんかんとく(工事かんとく)の仕事です。工場のにもよりますが,工事げんには最低でも1人のげんかんとくを置くことがづけられています。げんが大きくなると,ふくすうげんかんとくが必要になります。

げんかんとくの仕事ははばひろく,こう計画の作成,作業こうていの管理,ざいの発注,ひんしつの管理,作業員のどうげんの安全管理など,さまざまなぎょうをこなします。げん周辺の住民への説明やクレームのたいおうなども,げんかんとくがこなします。げんえんかつに回していくためには,げんの作業員とのコミュニケーションが重要になりますが,意外とデスクワークも多い仕事です。

げんかんとくになるには,かくじつけいけんが必要です。必要とされるかくには「けんちく」や「けんちくこう管理」「土木こう管理」などがあり,工事の種類やによって必要なかくことなります。けんちくせんもんけいの学部や学科を出ているほうが有利ですが,じつけいけんを長く積んでげんかんとくになる道もあります。

「現場監督(工事監督)」の仕事内容と共通点がある職業

「現場監督(工事監督)」の他の呼び方:工事監督、施工管理

仕事人インタビュー

吉川 佳寿
細かいところまで目を向けて,喜んでもらえる建物をつくる。
原田 萌
リーダーとしてたくさんの人の思いとアイデアをまとめながら,建築物という大きな形につくり上げていく。
今井 亮子
現場監督として,設計通りに構造物が作られているかどうか確認し,管理する。また,設計担当として,構造物の設計も行う。
時松 千夏
工事現場で,図面どおり工事が進むよう,作業員に指示を出し作業を進める。作業員が作業しやすいように段取りをしたり,安全に働くことのできる環境を整えたりする。