彫刻家(ちょうこくか)

彫刻家
彫刻家ちょうこくかは、さまざまな素材そざいを使って、立体的な造形ぞうけいである彫刻ちょうこく製作せいさくします。以前は石材、木材、ブロンズや鉄などの金属きんぞく、さらに石膏せっこうなどで作るのが主流でしたが、現在げんざいではプラスチック、樹脂じゅし繊維せんい、紙など、素材そざいはばが広がり、それとともに表現ひょうげん内容ないようも広がってきました。彫刻ちょうこくとそれ以外の美術びじゅつの決定的なちがいは、彫刻ちょうこくが立体であることです。しかし、彫刻家ちょうこくかになるためには、他の美術びじゅつジャンルの作者と同様、たしかなデッサン力が必要とされます。そこで基礎きそを学ぶために、美術びじゅつ大学などで勉強をしてから、彫刻家ちょうこくかを目指す人が多いようです。専業せんぎょう彫刻家ちょうこくか非常ひじょうに少なく、多くの場合、美術びじゅつ教師きょうしなどを兼業けんぎょうしています。
キャリアマップ

「彫刻家」の仕事内容と共通点がある職業

「彫刻家」の他の呼び方:彫刻師、空間造形作家、立体アーティスト

仕事人インタビュー

shinji
木を彫ってだんじりを造る