製材業

製材業
森からりだされた原木を角材や板材,わり材などに加工するのがせいざいの仕事です。まずせいざい所に運ばれてきた丸太の皮をむいてから,大型の帯のこ機械など使って加工していきます。近年では自動化が進み,コンピューターに入力された図面のとおりに自動で加工する機械もあります。作られた角材や板材は,家の柱やはりゆかいたなどになります。機械化が進んできていますが,大きな丸太をあつかうため,体力が必要な仕事です。

「製材業」の仕事内容と共通点がある職業

仕事人インタビュー