FamilyMart

<炭焼き>の仕事

和歌山県みなべ町はら まさあきさん
  • 和歌山県みなべ町で,しゅうびんちょうたんを作っています。昔から「炭焼きは1年で400日働く」と言われるくらい,炭を作るためには,やることがたくさんあります。木をってきて,かまで木を焼いて,できた炭をしゅっするまで,すべて,一人で仕事をしています。
  • うちで作っている炭は,しゅうの方言で「はしかい」と言うんですが,「むずかしい」のがとくちょうです。最初に炭に火をつけるのには時間がかかるけれど,つうの炭よりも,火が長持ちする,最高級の炭です。かたくて形がくずれにくいのもとくちょうです。炭と炭をたたいてみると,「キーン」ときんぞくたたいたような音がします。
  • しゅうの炭焼きがする大事な山の仕事が「たくばつ」。たくばつというのは,木をるときに太い木だけをって,細い木は,次に成長するまで残しておく方法です。木を全部ってしまうと,木が生えてくるまで40年以上もかかります。でも,たくばつなら,15年でまた木をりに行ける。山の「じゅんかん利用」です。
  • 寄付協力:株式会社ファミリーマート
  • 協力:林野庁/公益社団法人国土緑化推進機構/NPO法人共存の森ネットワーク
  • イラスト:平田 美紗子(林野図書資料館)