• 和歌山県に関連のある仕事人
  • 1970年 生まれ

    出身地 和歌山県

炭焼き(製炭業)

はら 正昭まさあき

  • 子供の頃の夢

    童話作家

  • クラブ活動(中学校)

    卓球部

  • 仕事内容

    山を育てながら,炭を焼く。

  • 自己紹介

    しゅりで,かわりもうみりも,ブラックバスでもイカでも,何でもります。せいかくは,自分ではおんこうだと思っています。でも,まわりからは「作る炭もせいかくも,口やかましくてきびしい」と言われています。

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2017年08月31日)時点のものです】

原 正昭


仕事人記事

紀州びんちょうたんを作る

紀州<ruby>備<rt>びん</rt></ruby><ruby>長<rt>ちょう</rt></ruby><ruby>炭<rt>たん</rt></ruby>を作る

わしは,和歌山県みなべ町の清川で,紀州びんちょうたんを作っとる。もともと,わしのお父さんも,おじいさんも,炭焼きをしとったから,わしで3代目や。びんちょうたんちゅうのは,ここ,紀州(昔の国名で,「くに」のこと。今の和歌山県全体と三重県の一部にあたる)で最初に生まれた炭や。せやけど,いまでは全国各地で作られとる。紀州で作るびんちょうたんは,特別に「紀州びんちょうたん」ちゅう名前で売り出しとる。
うちで作っとるびんちょうたんは,紀州の方言では「はしかい」いうて,「むずかしくてあつかいがめんどう」なのがとくちょうや。最初に,炭に火をつけるのには,時間がかかる。その代わり,火力が強くて,一度火をけたら,なかなか火が消えん。つうの炭よりも,火が長持ちするんやな。お昼から夜までえいぎょうする,うなぎ屋さんなんかで使われることが多い,最高級の炭や。あとは,炭がかたいから,形もくずれにくい。炭と炭をたたいてみると,「キーン」ちゅう,きんぞくたたいたみたいな音がする。それくらいかたいんやな。
山に入って,炭にする木を切ってくるところが,わしの仕事のはじまりや。木を切ってきて,かまで木を焼いて,できた炭をしゅっするまで,全部わし一人で仕事をしとる。ときどき,お父さんがかまを見に来ることもあるけどな。炭にする原木には,ウバメガシの木を主に使っとる。紀州の炭焼きは,とにかく,山を大事にして,炭を作ることを心がけとる。それが紀州の炭焼きのやり方や。

紀州びんちょうたんは「しろずみ

紀州<ruby>備<rt>びん</rt></ruby><ruby>長<rt>ちょう</rt></ruby><ruby>炭<rt>たん</rt></ruby>は「<ruby>白<rt>しろ</rt></ruby><ruby>炭<rt>ずみ</rt></ruby>」

炭には大きく分けて「くろずみ」と「しろずみ」があって,かまの中の温度や消火のしかたがちがう。紀州びんちょうたんは「しろずみ」や。しろずみは,かまから炭を取り出した後,土をやして作った「ばい」を炭にかぶせて,消火する。ばいは白くてよ,それが炭について,表面が白くなるから「しろずみ」ってばれるんや。
炭を作るためには,まず原料になる木を切ってくる。それで,かまの中に立てて入れられるように,まっすぐの形に整える。これが「木ごしらえ」や。それが終わったら,木を立ててかまの中にめていく「かまめ」をする。
次はかまに火をつけて,数日かけて木をかんそうさせる。これが「くちき」や。その後,かまの中の温度が上がって,すっぱいにおいがしだしたら口を小さくふさいで,木をきにする「炭化」に入る。これが終わったら,ふさいでいたかまの口を開けて,じょじょかまの中の温度を上げて,炭を焼きめる。それが「らし」ちゅう,一番大事な作業や。らしが終わったら,かまから炭を取り出して,ばいかぶせて消火の作業をするんやな。

炭焼きは“一年で400日働く”

炭焼きは“一年で400日働く”

昔から,「炭焼きは,一年で400日働く」と言われとる。一年には365日しかないのにそう言われるちゅうことは,炭を作るためには,やらないかん作業が,それだけいっぱいあるってことなんや。わしも,1年を通して,休みはぼんと正月だけやな。
うちで作る炭は,だいたい7日から8日でできあがる。前に作った炭を出したばかりのかまは,まだねつで温かい。そのねつがなくならんうちに,次に炭にする木を,かまの中にめる。ほいで,次の日から,かまに火をつけて,ゆっくり木をかんそうさせる「くちき」の作業に入る。それが,だいたい2日から3日はかかる。その間に,炭にする木の形を整える「木ごしらえ」と,できあがった炭のしゅっ作業もやっておく。
くちきの次の「炭化」にも,だいたい3日かかる。ええ炭かどうかは,けむりにおいでわかるな。においで焼け具合をはんだんして,温度をみょうに調節するんよ。炭化するまでの間には山に入って,新しい木を切ってくる仕事をする。
炭化が終わったら,ふさいでいたかまの口を開けて,かまの中の温度をじょじょに上げて「らし」に入る。かまから炭を出す前の日は,かままりこんで,火のあいに注意して,ひとばんじゅうかまるんや。そんでかまから炭を出して消火が終わったら,ねつが残っているうちにまた次のかまめに入るわけや。

こめつぶひとつ分」だけ動かす調ちょうせい

「<ruby>米<rt>こめ</rt></ruby><ruby>粒<rt>つぶ</rt></ruby>ひとつ分」だけ動かす<ruby>微<rt>び</rt></ruby><ruby>調<rt>ちょう</rt></ruby><ruby>整<rt>せい</rt></ruby>

炭焼きにとって,かまはとても大事なもんや。でも,人間が体調をくずすのといっしょで,かまにも,なかなかげんいんのわからん不具合が出ることがある。この間も,「なんか調子がおかしいなあ」と思って,かまを調べたんやけど,かまの中に「こうぼうあな」ちゅう,空気を通すために開けてあるあながあってな。その下に,空気の通りを調整する「けたいし」ちゅうのを置いてるんやけど,その取り付け方を,ちょっとだけ直したんや。そしたら,ようやく,いつも通りのかまの調子にもどってくれた。けたいしの周りの土が焼けて,ほんのちょっと,角度が変わっていたのがげんいんやったんやな。
 たとえ話やなくて,ほんまに,こめつぶひとつ分だけ動かすくらいの,細かい調ちょうせいなんや。それでコロッと直りよった。昔から「かまに使われたらあかん。かまを使わなあかん」と言われてきとる。でもな,いつでもかまを最高のじょうたいたもつというのは,ベテランの炭焼きにとっても,なんのわざや。

毎回,同じひんしつたもてるのが炭焼きのうで

毎回,同じ<ruby>品<rt>ひん</rt></ruby><ruby>質<rt>しつ</rt></ruby>を<ruby>保<rt>たも</rt></ruby>てるのが炭焼きの<ruby>腕<rt>うで</rt></ruby>

炭の原料の木ちゅうのは,一つひとつ,まったくとくちょうちがう。さらに,季節によって,気温や湿しつが変われば,木のじょうたいも変わる。特に,春の新芽が出る時期が一番むずかしいな。木の中の水分が多いと,木がやわらかくて,かたい炭になりにくい。ほんまに木ちゅうのは,とてもデリケートなもんで,炭作りはむずかしい。せやから,かまから炭を出したときに,うまくできとったら「よっしゃあ!」ってなることもあるわな。
でも,目指すのは,毎回,100点満点ちゅうわけやない。70点から80点の炭を毎回焼けることが,プロとして一番大切なことや。「前回は100点満点の炭が焼けたけど,今回は20点の炭になってまった」では,しょくにんとしてみとめられん。「レベル低いなぁ」と思うかもしれへんけど,80点の炭をいつでも作れるちゅうのは,それはもう名人級なんや。木のじょうたいとか,気候やかまじょうたいとか,すべてを調整して,どんなときでも炭が同じひんしつになるように作るのが,炭焼きのうでの見せどころや。

たくばつ”で山のじゅんかん利用

“<ruby>択<rt>たく</rt></ruby><ruby>伐<rt>ばつ</rt></ruby>”で山の<ruby>循<rt>じゅん</rt></ruby><ruby>環<rt>かん</rt></ruby>利用

「炭焼きは山に始まって,山に終わる」ちゅう言葉がある。山の仕事ができんかったら,一人前の炭焼きにはなれんちゅうことや。そういうふうに,お父さんからも,おじいさんからも,教わってきたな。山がなかったら,炭焼きは生活できへん。木がたくさんあれば,炭も多く焼ける。せやから,山が大事なんや。
紀州の炭焼きが大事にしてる山の仕事が「たくばつ」や。たくばつちゅうのは,炭の原料になる木を切るときに,太い木だけを切ってきて,細い木は,次に成長するまで残しておく方法や。ほかのいきだと,山にある木を全部切ってくる「かいばつ」をする人が多い。かいばつをすると,また山にウバメガシが生えてくるまで,40年以上もかかかってまう。でも,たくばつなら,15年くらいでまた木を切りにいけるんや。自然をこわさず,山のさいせいを見守って,炭を作り続けることができる。つまり,究極の「山のじゅんかん利用」なんや。
たくばつは,時代から続く,紀州の文化や。だからわしは,山を守っていくために,紀州の炭焼きを集めて,「やまづくりじゅく」ちゅうところで,たくばつの勉強会もやっとるんよ。

炭焼きはおくが深い仕事

炭焼きは<ruby>奥<rt>おく</rt></ruby>が深い仕事

自分が子どものころは,しょうらい,一番やりたくない仕事が炭焼きやった。「あんなキツい仕事,ぜったいイヤや」と思っとった。自分の両親が炭焼きをやっていて,仕事を一番近くで見ていたからな。だから,最初は,中学を卒業して,せんもん学校に入って,ようになったんや。でもな,ようの仕事では一人前になれないと感じて,仕事をめたんや。ちょうどそのとき,けっこんして,子どももできとったから,遊んでいるわけにもいかんかった。「次の仕事を見つけるまで,実家の手伝いでもしようかな」と思ってはじめたんが,炭焼きになったきっかけや。
炭焼きをはじめてみたらはじめたでな,「これはおもしろいぞ」ってなってきたんや。炭焼きのおもしろいところは,「答え」が見つからんところ。やってもやっても,「これでええわ」「もうええわ」というふうには,ぜったいにならへん。次々に「もっとああしてみよう」「こうしたら,もっとうまくいくんちゃうか」ちゅうのが出てくるんやな。おくが深い仕事や。だから「炭焼き一生」と昔から言われとる。「もうこれでええやろ」と数年で答えが出ていたら,ようもどるなりして,炭焼きはめとるやろな。もう炭焼きになって,26年もってしもたわ。

昔から手先が器用だった

昔から手先が器用だった

炭焼きの子どもは,山が遊び場になる。昔の炭焼きは,つうふうで仕事をしとったから,子どもたちもみんな,山の中に連れてこられるわけや。せやから,山の中で夏は川遊びしたり,魚をったりするか,冬はツグミみたいな小鳥をるか,そんな毎日やったな。せいかくは,おとなしいほうやったと思う。あと,わりと手先が器用やったな。ツグミをるためのけも,自分で作っとった。
小さいころから両親の手伝いをしとったから、そうするうちに、自然と自分で何かを作ることを覚えていったような気がする。木をけずって,コマを作ったり,ミニカーを作ったりもしたで。いまでも,かまから炭を出すときに使う道具とか,仕事道具は自分で作るから,手先が器用なのは役に立っとるかな。

なくすのはかんたんもどすのはむずかしい

なくすのは<ruby>簡<rt>かん</rt></ruby><ruby>単<rt>たん</rt></ruby>,<ruby>取<rt>と</rt></ruby>り<ruby>戻<rt>もど</rt></ruby>すのは<ruby>難<rt>むずか</rt></ruby>しい

自然相手の仕事をしていて思うのは,山とか自然がなくなってしまうのは,ほんまにちょっとの間なんやなってこと。山をふっかつさせるのには,山をなくす時間の,10倍も20倍もかかるんよ。山でも,川でも,海でも,放っておいたら,自然はかくじつに消えていきよるで。せやから,山とか自然を,ほんまに大事にしてほしい。みんなも紀州みたいな,自然のゆたかなところに,一度は来てみたらええわ。こんなにらしい自然があるゆうのが,家にこもってゲームばっかりしとったら,わからんやろ。もうちょっと,そういうところにも目を向けて,自然を見たってくれよと思うわな。
自然だけやなくて,友達とか家族を大事に思う気持ちも,わすれたらダメや。自分が小さいころにも,それはよう言われとった。自然も,友達からの信用でも,何でも,なくすのはかんたんや。でも,それをもどすのは大変なこと。それはほんまに,わすれんとってほしいな。

  • 取材・原稿作成:東京書籍株式会社/協力:株式会社ファミリーマート,林野庁,NPO法人 共存の森ネットワーク

ファン

すべてを見る

※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

  • 手ぶくろを買いに

    新美 南吉

    子狐が人間のお店に手袋を買いに行くお話です。お店に行った子狐は,お母さんに人間の手にしてもらった手とは逆の,狐の手のほうでお金を出してしまいます。お店の人はそのことに気づきますが,狐の手に合う手袋を持たせて帰します。何でもないようなことだけど,今の時代に欠けている優しさがあって,子どもにも大人にもおすすめです。

もっと知りたいこの仕事人

  • 特集ページ

    森の仕事人