けんきゅうしょくけんちくけい の仕事

おおもと さん (株式会社大林組)

じゅつ研究所にしょぞくし,けんせつげんのさまざまな作業を,機械化したり自動化したりするための研究をしています。その中でも特に,ざいを機械が自動運転で運んでくれる自動はんそうシステム(AGV=Automated Guided Vehicle)の開発をしています。けんせつげんにはさまざまなけんせつざいがあり,今は人力で運ぶのがメインですが,その作業を機械が安全に行うことによって,げんの人のたんを軽くすることが目的です。

機械をせいさくするときは最初にイメージ図をいて,それを機械せいさくせんもんに行う会社で図面に起こしてもらい,必要な部品を集めて組み立てます。使える部品などをさがすために,さまざまなてんかいに足を運ぶことも仕事です。研究所でしばらくテストした後,じっさいけんせつげんに持って行ってテストをして,問題がなければじっさいげんで使用します。そこでわかった問題点などを改良して,また改めてげんでテストをします。げんためしながら改良を進め,実用化に向けて開発を進めています。

最初に作ったモデルは,けんせつげんに線路のようにテープをいて,そのテープをたどってロボットが走るという仕組みでした。しかしげんは毎日じょうきょうが変化し,ロボットのルートも変わるので,毎日テープをえなければなりませんでした。げんざいのうをシンプルにし,サイズも小さくなり,コントローラーを使って,ラジコンのようにえんかくそうができるような仕組みにしています。また,車輪はメカナムホイールというもので,これは車輪にななめにつつのようなものがついています。この変わった形のおかげで,ななめ方向にも動けて,小回りがきくようになります。