仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

東京都に関連のある仕事人
1986年 生まれ 出身地 広島県
大本おおもと 絵利えり
子供の頃の夢: ピアノ講師
クラブ活動(中学校): 吹奏楽部
仕事内容
けんせつげんでの作業を機械化・ロボット化するための研究・開発をする。
自己紹介
平日,仕事が終わった後の夜や休みの日には,ヨガやボルダリングをしています。体を動かすことが好きです。
出身大学・専門学校

※このページに書いてある内容は取材日(2018年11月28日)時点のものです

けんせつげんざいを運ぶためのロボットを作る

建設現場で資材を運ぶためのロボットを作る

わたしかぶしきがいしゃおおばやしぐみというけんせつ会社にしょぞくし,東京都きよにあるじゅつ研究所で働いています。じゅつ研究所では,けんせつに使われるコンクリートなどの材料や省エネじゅつめんしんせいしんたいしんじゅつなど,さまざまなさいせんたんじゅつの研究・開発が行われていますが,わたしけんせつげんでの作業の自動化やじょうほう化などを進めるチームで,けんせつげんざいを運ぶ作業を機械化するための研究・開発をしています。
ざいを運ぶという作業は,どんな種類のけんせつげんでも必要です。今は,ざいを台車にのせたり,人が持ったりして人力で運ぶことがほとんどですが,それを機械が自動運転で運んでくれるようにするのが,わたしたんとうしているプロジェクトの最終的な目標です。わたしたちはこれを自動はんそうシステム(AGV=Automated Guided Vehicle)とんでいます。自動はんそうシステムがあれば,げんの労力をらし,重いものを安全に,楽に運ぶことができます。
開発を始めたのは約5年前です。最初は,線路のように,げんテープをいて,その上をロボットが走るというしくみにしていました。しかしけんせつげんは毎日じょうきょうが変化し,それに合わせてロボットのルートも変わってしまうので,この方式はあまりげんじつてきではなく,げんざいはコントローラーを使って,ラジコンのようにえんかくそうができるしくみにしています。また,最初はいろいろなのうんでいたのですが,じっさいけんせつげんでのテストをかえした結果,「ものを運ぶ」というシンプルなのうしぼり,サイズをどんどん小さくする方向になってきました。
研究所で何度もテストをした後,じっさいけんせつげんに持っていってテストをして,問題がなければそのまま使ってもらいます。そこでわかった問題点などを改良して,またげんでテストします。げんためすことをかえしながら,実用化に向けて開発を進めています。

ちゅうエレベーターなどふくすうのプロジェクトに参加

宇宙エレベーターなど複数のプロジェクトに参加

自動はんそうシステムの開発にしゅたんとうとして取り組む以外に,ほかの人がたんとうしている開発プロジェクトにもいくつか関わっています。その中には,おおばやしぐみが進めている「ちゅうエレベーター」のプロジェクトもあります。
ちゅうエレベーター」とは,地上からちゅうまで行くことのできるエレベーターです。人工えいせいは,地球の方向にられる重力と,地球の周りを回転して飛び出そうとする遠心力とのバランスがちょうどったところにあり,地球に落下もせず,ちゅう空間に飛び出すこともなく,地球の周りを回っています。ちゅうエレベーターは,その人工えいせいからばした全長約9万6千kmのケーブルで地上とちゅうとをつなぎ,物や人をそうするしくみです。げんざいちゅう飛行士がたいざいして実験などをしているこくさいちゅうステーション(ISS)があるのは,地上から約400kmの場所なので,それにくらべるとちゅうエレベーターがとても長いことがわかると思います。これがじつげんすると,ちゅう旅行や,ちゅうたんなどが身近なものになるはずです。
わたしが関わっているのは,「クライマー」という,エレベーターの本体の部分です。人やぶっをのせる箱をどんなふうに作り,どんなふうに動かせばよいかについて考えています。大学や他の会社と共同で研究をしていて,ちゅうエレベーターのしくみのせいのうきそきょうかいにも参加しています。きょうかいでは,気球からロープをるし,小型の「クライマー」を作ってそのせいのうきそいます。ちゅうエレベーターについては,年に1回てい,プロジェクト全体で集まる会議のほか,共同研究をしている大学や会社の方と打ち合わせもしています。

研究が思い通りに進まない時期は苦しい

研究が思い通りに進まない時期は苦しい

新しいじゅつの開発にあたって,実験ではうまくいっていても,げんに持っていったとたんに失敗することもよくあります。げんに持っていく前には,細かくスケジュールを立てるのですが,それがすべてになって引き上げなくてはいけないときは,つらいですね。
また,わたしが手がけている自動はんそうシステムは,最近はやっと外に発表できるだんかいになってきましたが,イメージはあるものの,じっさいに形になっていない時期は苦しかったです。でも,一度形になってしまえば,あとは実験して,出てきた問題点を改良するということをかえしていけばいいので,まよいはありません。
自動はんそうシステムは,開発を始めたばかりのころは,タッチパネルでいろいろせっていするしくみにしていましたが,事前のじゅんが必要で,そうが覚えにくくてわかりづらいのと,そうするたびに軍手を外さなければならないといった理由で,げんしょくにんさんにあまりさわってもらえませんでした。もっと感覚的に使えるようにしなければいけないのだと思って,コントローラーをゲームのコントローラーのような形にするなど,こうさくを重ねて今にいたっています。
また,新しく取り組むテーマをていあんするのも研究員の大事な仕事で,実はこれが一番大変だと思っています。とにかくたくさんアイデアを出そうという「ブレインストーミング」とばれる会議のときなどは,なかなかアイデアがかばなくてこまりますね。どんなものがけんせつげんにあると作業をする人たちが働きやすいのか,時にはげんでお世話になった人たちに相談したりしながら,いつも新たな研究テーマを考えています。

イメージが形になったときの喜び

イメージが形になったときの喜び

機械せいさくの場合は,最初にイメージ図をいて,それを協力してもらっている機械のせいさく会社に持っていって,図面にできるかどうかけんとうしてもらいます。図面ができると,とりあえず形にはできるということがわかるので,あとはそれに合う部品をさがします。例えば,げんざいの自動はんそうシステムでは,「メカナムホイール」という車輪を使っています。これは,車輪にななめのつつのようなけいじょうのものがついているため,色々な方向に進むことができ,小回りがききます。海外のメーカーが最初にとっきょを持っていたのですが,そのげんが切れて,だれでも使えるようになりました。今はさまざまなロボットメーカーが利用しています。そういった部品を見つけるために,てんかいなどに行き,じょうほうしゅうしゅうをするのも仕事のひとつです。望みどおりのものが見つかったときには,「やった!」と思います。
おもえがいていたものが形になったときはうれしいですし,作ったものを最初にげんに持っていくときには,テンションが上がりますね。先日,自動はんそうシステムの開発を始めたばかりのころにいたスケッチを改めて見直したのですが,今,作っているものに近い絵をいていたんです。その当時のじゅつだとじつげんができないということでちがう方法を選んでいたのですが,結局もともと考えていたものに近づいているんだなと,最初の発想はちがっていなかったんだなと,うれしくなりました。

げんから求められているものを作る

現場から求められているものを作る

自動はんそうシステムの開発を手がけることになったきっかけは,げんから「自動で安全にざいが運べるシステムがしい」と言われたことです。人口のげんしょうで人手が少なくなる中,重いものを運ぶという作業をロボットで自動化できれば,人間はほかの作業に集中できますし,けんも少なくなります。自動はんそうシステムはわたしが開発のしゅたんとうをしていますが,けんせつげんしょくにんさんや,機械を作る会社の人,部品会社の人,社内のチームのメンバーなど,関わってくれた多くの人のアイデアがまったものになっています。自分のイメージを関係先に伝えることは大事で,日々のコミュニケーションを大切にして,開発をしています。研究員というと,ずっと研究所にこもって,研究や開発をしているイメージがあるかもしれませんが,じっさいは外に出て,げんに通ったり,協力会社に相談に行くことも多いですね。
また,げんから求められているものを作るのが一番大切なことなので,「何が今,げんに必要なのか」をげんの人からていねいに聞くようにしています。そうしたコミュニケーションの中に,新しい研究テーマについてのヒントもありますから。

けんせつの会社でも機械の仕事ができると入社

建設の会社でも機械の仕事ができると入社

子どものころから,すうけいの教科のほうが好きでした。中でも空やちゅうの話が好きで,テレビでちゅうの特集をしていたら見ていました。天文台や科学館に行ったりするのも好きでしたね。
大学では機械工学をせんこうし,流体力学の分野で,船のエンジンに使われるようなものの研究をしていました。また,空やちゅうへのきょうから,こうくうけいの仕事にきたいと考えていて,しゅうしょく活動でも最初はこうくうけいかいけいの会社を主に受けていたんです。でも,しゅうしょく活動をしていく中で,おおばやしぐみじゅつ研究所で働いている方に出会い,けんせつ会社のおおばやしぐみでもかいけいの仕事ができると知ってぼうし,入社しました。
おおばやしぐみでは,最初の1年目はげんかんとくとして,けんせつげんけいけんします。そのときにたずさわったのが,今,わたしが働いているじゅつ研究所の建物でした。けんちく学科の出身ではないため,わからないことばかりで,かんたんけんちく用語もわからず,しょくにんさんにあきれられたりもしました。1年目はとにかくこう管理の仕事を覚えるのに必死でしたね。わたしは研究者としてさいようされて,最初のげんが終わったらすぐに研究所で働くことが決まっていたので,研究所の上司に,「げんにいる間に,自分だったらどういう開発をしたいか考えておきなさい」とアドバイスを受けていましたが,毎日が必死で,ゆうはありませんでした。

きょうのあることはやってみよう

興味のあることはやってみよう

きょうのあることは,なんでもやっておくといいと思います。わたしは大人になってから,ボルダリングやヨガなど体を動かすことにはまってしまい,今では仕事の後も,休みの日もやっています。子どものころにもっとスポーツをやっておけばよかったなと,子どもたちがボルダリングでかべをぴょんぴょんねながら登っているのを,うらやましくながめています。みなさんも学校の勉強以外にも集中できる何かを見つけると,生活にメリハリがついて,楽しくごせますし,勉強や仕事にも集中できるようになると思いますよ。
また,もしけんきゅうしょくを目指す方がいたら,いろいろな分野の勉強をすることをおすすめします。けんきゅうしょくというと,ひとつの何かに特化しているイメージがあるかもしれません。もちろんスペシャリストであることも大事なのですが,開発をしていくと,さまざまなしきが必要になってきます。また,けんきゅうしょくかぎらず,仕事はひとりではできないので,人とのコミュニケーションも大事です。全然関係ないようなことも,後々,つながってくることがあるので,広くいろいろなことにきょうを持っておくといいですね。


ファンすべてを見る

(東京都 小6)
(富山県 小6)
(北海道 中2)
(埼玉県 小6)
(静岡県 小6)
(大阪府 小5)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

乙一
乙一さんの世界観が好きで,高校生くらいからいろいろな作品を読んでいました。決して明るい気持ちになれるような作品ではないのですが,現実から離れて乙一さんの世界に引きこまれます。移動の合間にちょこちょこと読むよりは,時間を作って一気に読むほうが好きです。
川村元気
表紙の猫の写真がかわいらしくて手に取りました。いらないものと引き換えに1日寿命が延びる,という話で,私だったら何を手放すのだろうと,いろいろと考えさせられる話でした。

もっと知りたいこの仕事人

けんせつ小町(日本建設業連合会)
けんせつ小町
特集ページ
けんせつ小町特集
取材・原稿作成:東京書籍株式会社/協力:一般社団法人 日本建設業連合会,株式会社 大林組