仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

東京都に関連のある仕事人
1975年 生まれ 出身地 東京都
こうこくだいりてん広告代理店
T.S.ティー.エス.
子供の頃の夢: 外交官
クラブ活動(中学校): サッカー部
仕事内容
スポンサーを見つける
自己紹介
休日の過ごし方:サッカー・子供と遊ぶ

※このページに書いてある内容は取材日(2007年03月20日)時点のものです

サッカーの魅力(みりょく)を一人でも多くの人に伝える仕事

Jリーグや中田選手,中村選手,小野選手などの有名選手を,みんな知っていますよね。でも,よく考えてみて。みんなはどこでJリーグや選手のことを知ったのでしょう。テレビ? それともコマーシャル? 試合中継ちゅうけいはテレビで,有名選手はコマーシャルに出るのが当たり前! と思っているかもしれないけど,これを当たり前にしているのが,ぼくたちの仕事。サッカーの魅力みりょくをたくさんの人に伝えるために,日本サッカー協会やFIFAなどの団体だんたい,選手,そして世界中の会社,テレビ局などを結びつけ,お金の流れやルールを作り上げているのが,広告代理店という会社の仕事なのです。

広告代理店ってナニ?

例えば会社が自分たちの製品せいひん宣伝せんでんしたいとします。けれど,いつもは製品せいひんを作っていますから,コマーシャルやポスターをいざ作ろうと思ってもなかなかむずかしい。イベントをやりたくても,どうすればいいかわからない。そこで広告やイベントを代わりに作ってくれる「広告代理店」というぼくらの会社にたのむのです。試合のテレビ中継ちゅうけい中のコマーシャルや試合会場の広告看板かんばん,会場でもらえるグッズを作ったり,配ったりするのも,ぼくたちがお手伝いしています。試合が19:20にキックオフするのも,実はテレビ局とぼくたちが,より多くの人に見てもらうために決めた時間なんですよ。

チームや選手がもっと強くなるために

今お話したとおり,「宣伝せんでんしたい会社」と「クラブチームや選手」,そして「テレビ局」をつなげるために,いろんな人と話し合い,やりとりをまとめたり,ルールを作って守ってもらうようにするのが,ぼくの仕事。例えばあるチームを応援おうえんしたい,自分の会社のコマーシャルに出てほしいという会社や,試合を中継ちゅうけいしたいというテレビ局は,ぼくたちが見つけます。宣伝せんでんしたい会社やテレビ局はチームにお金をはらいます。こうしてチームに入ったお金は,チームが強くなるためのさまざまな活動,例えば海外の強いチームと練習試合をするときになどに使われるのです。大勢おおぜいの人たちがサッカーチームや選手がもっともっと強くなるためにお手伝いをしていますが,ぼくたちの仕事もそのうちのひとつだと思います。

僕(ぼく)らがもっともっと頑(がん)張らないと

みんなからは見えにくい仕事ですが,日本のサッカーがもっとみなさんに楽しんでもらえるように,もっと強くなるように,ぼくらもふくめ,大勢おおぜいの人たちが縁の下えんのしたで動いているのです。こういった動きをしなければ,歴史の浅い日本のサッカーはあっという間に人気が落ちてしまうと思っています。ぼくは,日本のサッカーをささえる気持ちでこの仕事をしていますし,もっともっとサッカーに魅力みりょくを感じてくれる人をやしたいと思っています。

スポーツは僕(ぼく)の人生のなかで大事なもの

ぼくは父親の仕事の関係で,子供こども時代に海外を転々てんてんとしました。だから世界中の学校で自分をアピールしないといけない。そこで都合が良かったのが,ぼくにとってスポーツだったんです。小中学校くらいだと,体の大きさのちがいもあまりないですから,ラグビーやサッカーで1番強そうなヤツにタックルとか決めて,自分のガッツを見せる。すると,アイツいいよ!とみんなみとめてくれるんです。そういった意味でもスポーツはぼくの人生で大事なものでした。それにスポーツというのは,すごくパワーがありますよね。人に知らない喜びや生き甲斐いきがいあたえるというパワー。観ている人にゆめあたえるスポーツを一人でも多くの人に伝えたい,だから,ぼくはこの仕事を選んだのです。

日本の良さ,日本人であることの良さを感じて

この仕事をぼくほこりに感じていますし,仕事をしていると一番充実じゅうじつした気持ちになれます。みなさんに特にお伝えしたいのは,これからは,どこの国の人だとかはまったく関係のない時代です。だからこそ,日本人であることの良さを実感してほしいと思います。日本の有名な場所や歴史など,日本の良いところを読んで,見て,学んで,世界の人たちへ伝えてほしい。世界を見たぼくはすごく感じています。自分は日本人で良かった,とね。

ファンすべてを見る

(千葉県 小5)
(埼玉県 小6)
(北海道 小6)
(東京都 小6)
(東京都 小6)
(東京都 小6)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

横山 秀夫
取材・原稿作成:(c)学校ネット株式会社