• 東京都に関連のある仕事人
  • 1978年 生まれ

    出身地 静岡県

しかいし歯科医師

鳥巣とりす 康行やすゆき

  • 仕事内容

    口の中の病気を見つけて治す

  • 自己紹介

    いつもマイペースで、性格せいかくおだやか。人の話をよく聞きます。

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2015年03月23日)時点のものです】

鳥巣 康行


仕事人記事

口の中のいたみやなやみを解決かいけつするのが仕事

口の中の<ruby><rb>痛</rb><rp>(</rp><rt>いた</rt><rp>)</rp></ruby>みや<ruby><rb>悩</rb><rp>(</rp><rt>なや</rt><rp>)</rp></ruby>みを<ruby><rb>解決</rb><rp>(</rp><rt>かいけつ</rt><rp>)</rp></ruby>するのが仕事

患者かんじゃさんは,口の中に何らかのいたみやなやみがあって,歯医者をおとずれます。診察しんさつでは,どうしてそのような症状しょうじょうが出ているのか,原因げんいんさぐり,明らかにしていきます。そして,その症状しょうじょうこしている原因げんいんのぞくための治療法ちりょうほうを考えます。同時に,その治療法ちりょうほう患者かんじゃさんの生活に支障ししょうが起きないかを考えます。いたみが少なく,患者かんじゃさんにとって負担ふたんが少ない治療ちりょうでも,原因げんいんがなくならなければ解決かいけつにならず,患者かんじゃさんのためには良くないからです。そして患者かんじゃさんの話を良く聞き,仕事や生活習慣しゅうかん年齢ねんれいなども十分考慮こうりょして治療法ちりょうほう選択せんたくします。また,患者かんじゃさんに納得なっとくしていただけるように,治療法ちりょうほうの説明を丁寧ていねいに行います。

ときには昼休みが無くなることも

ときには昼休みが無くなることも

朝は,スタッフのみなさんが,院内の掃除そうじ診療しんりょう器具の準備じゅんびをしてくれます。次に,その日に来院される患者かんじゃさんについて,スタッフでミーティングをして診察しんさつが始まります。診療しんりょうは,午前9時半から午後6時半まで行っています。土曜日は午後5時過ぎまで,火曜日と金曜日は午後8時までです。いたみがひどいといった急を要する患者かんじゃさんの場合は,診療しんりょう時間外や,昼休みの時間に治療ちりょうする場合もあります。ときには昼休みが無くなることもありますね。そうして,診療しんりょうが全て終わった後,器具の片付かたづけや整理,翌日よくじつ準備じゅんび仮歯かりば作りなどの作業をします。ですから毎日決まった時間に帰宅きたくするということはありません。

歯医者さんはこわい?

歯医者さんは<ruby><rb>怖</rb><rp>(</rp><rt>こわ</rt><rp>)</rp></ruby>い?

一般いっぱん的に歯医者さんというと,こわいイメージを持つ方がとても多いのです。特にお子さんの場合,お父さんやお母さんから,「ちゃんと歯をみがかないと歯医者さんに行って,いたい思いをすることになるよ」といった注意をする方もいて,なかなか診療室しんりょうしつに入れない子もいます。そんな子には,こわくないように遊具が置いてあるキッズスペースで歯のみがき方を教えたり,お父さんやお母さんには,お子さんに恐怖心きょうふしんあたえない話し方のレクチャーをしたりします。歯医者に対する恐怖心きょうふしんが無くなると,定期検診けんしんもスムーズに進みます。大変ですが,重要なことだと思っています。

歯磨はみがきの指導しどうに一工夫

<ruby><rb>歯磨</rb><rp>(</rp><rt>はみが</rt><rp>)</rp></ruby>きの<ruby><rb>指導</rb><rp>(</rp><rt>しどう</rt><rp>)</rp></ruby>に一工夫

現在げんざい,歯周病の専門医せんもんいは全国で1,228名のみ(H26年10月時点)で,わたしもその一人です。歯周病は日本人の成人の80%がかかっている病気で,自覚症状しょうじょうがなく,歯を失う一番の原因げんいんとなっています。歯周病の治療ちりょう予防よぼうにとって最も大切なのは患者かんじゃさんが自分で行う歯磨はみがきです。わたし患者かんじゃさんに歯磨はみが指導しどうを行っていますが,なかなか上手くみがけないという方もいます。そんなときも,しかるようなことはせず,「この部分はとても上手にみがけているから,こちらの歯も同じようにやってみましょう」と,本人のやる気が出るような歯磨はみが指導しどうをしています。それも先ほどお話しした歯医者に対する恐怖心きょうふしんを取って行くことにつながるからです。恐怖心きょうふしんが無くなり,歯磨はみがきを頑張がんばっていただいた患者かんじゃさんは,特にいたみなどが無くても,自ら進んで検診けんしんに来ていただけるようになります。それもわたしの大きな喜びです。

欠かせない患者かんじゃさんへの説明

欠かせない<ruby><rb>患者</rb><rp>(</rp><rt>かんじゃ</rt><rp>)</rp></ruby>さんへの説明

わたしは,この治療ちりょう患者かんじゃさんのためになっているか,ということを真っ先に考えます。例えば,歯周病で結果的に歯をかなければいけない状況じょうきょうになったとき,く場合とかない場合で,患者かんじゃさんの負担ふたんやメリットはどう変わるのか,しっかりと考えながら判断はんだんします。歯に微妙びみょうなズレや違和感いわかんが少しでもあれば,妥協だきょうをせず,時間をかけてしっかりと補修ほしゅうしていきます。その方が,長い目で見て患者かんじゃさんのメリットになります。ただ,そのような場合も自分一人で考え,判断はんだんするのではなく,患者かんじゃさんに,この治療ちりょうの良い点や悪い点を十分に説明し,納得なっとくしてもらい,治療ちりょうを進めるというのが正しい方法だとわたしは思っています。

患者かんじゃさんに感謝かんしゃされる父の姿すがた

<ruby><rb>患者</rb><rp>(</rp><rt>かんじゃ</rt><rp>)</rp></ruby>さんに<ruby><rb>感謝</rb><rp>(</rp><rt>かんしゃ</rt><rp>)</rp></ruby>される父の<ruby><rb>姿</rb><rp>(</rp><rt>すがた</rt><rp>)</rp></ruby>

祖父そふも父も歯医者だったせいか,なぜか子どものころは,歯医者にはなりたくないと思っていました。その気持ちが変わったのは,たしか中学のころです。ある患者かんじゃさんが,父の治療ちりょうで「とても楽に生活できるようになった,感謝かんしゃしています」と言っていたのです。そのとき,歯医者というのは,人に感謝かんしゃされる素敵すてきな仕事なのだと,なんとなく思いました。今思えば,それが歯科医を目指すきっかけですね。歯科医になるには,歯科大学や大学の歯学部で6年間の専門せんもん的な教育を受け,国家試験に合格ごうかくし,歯科医師いし免許めんきょを取得します。そして病院や診療所しんりょうじょで1年以上の研修けんしゅうを受けなければなりません。

サッカー少年だった小学生

サッカー少年だった小学生

小学校時代は,育った場所がサッカーのさかんな静岡しずおかだったこともあり,いつも友人と遊ぶスポーツはサッカーでした。小学校のクラブチームに入って休みの日もサッカーばかりやっていましたね。そのころはサッカー選手にあこがれていましたが,まだJリーグが無かったですし,いまの子供こどもたちのようにプロを目指すような友人もいませんでしたね。中学では剣道けんどう部に入りました。練習は大変でしたが,集中力や忍耐力にんたいりょくを養えたと思います。目標にしていた初段しょだんを取得するまで頑張がんばって続けました。

個性こせいを大切にみがげよう!

<ruby><rb>個性</rb><rp>(</rp><rt>こせい</rt><rp>)</rp></ruby>を大切に<ruby><rb>磨</rb><rp>(</rp><rt>みが</rt><rp>)</rp></ruby>き<ruby><rb>上</rb><rp>(</rp><rt>あ</rt><rp>)</rp></ruby>げよう!

両親や周囲の大人達の意見を素直すなおに聞くこと。そうすると,物事が上手くいく機会もえることに気づきます。そのためにはまず,聞き上手になることです。それから,他人とちがう所を見つけ,その個性こせいを光らせると良いですね。わたしは左利きですが,治療ちりょうに使う道具はほとんどが右利き用で,学生のときに不器用な右手を使い,必死に訓練しました。そのおかげで,右利きの先生ではとどきにくい所も,わたしは左手も使って治療ちりょうすることができるようになりました。弱点は訓練によって長所になることも知ってほしいですね。みなさんも,自分の個性こせいを大切にして,ぜひみがげてください。

  • 取材・原稿作成:株式会社ユニバーサルデザイン総合研究所/東京書籍株式会社/協力:城北信用金庫

私のおすすめ本

  • ムダな努力はない

    鍵山秀三郎

    1ページに一つの言葉があり、その一言ひと言が全て意味深いのです。社会人として仕事をしていくうえで、とても参考になると思います。

  • 砂漠

    伊坂幸太郎

    大学生を中心にした青春小説なのですが、泥棒のような悪い人も含め、全ての登場人物に独特の世界観があり、とても面白く読みやすい作品です。