• 東京都に関連のある仕事人
  • 出身地 岩手県

じてんしゃはんばいせいび自転車販売・整備

高橋たかはし 重喜しげき

  • 仕事内容

    自転車販売及び自転車修理をする

  • 自己紹介

    休みの日は自転車に乗って、都内を走ったり横浜まで行ったり、あちこち走って季節を楽しんでいます。

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2015年03月17日)時点のものです】

高橋 重喜


仕事人記事

自転車のことならおまかせ

自転車のことならおまかせ

サイクルショップ・キョウセイでは,自転車の販売はんばい修理しゅうりを行っています。子どもを乗せることができる,いわゆるママチャリやオリジナル自転車,電動自転車,高級スポーツ車まであります。スポーツ車は,特に種類がたくさんあって,お客様の身長や体のやわらかさや走り方などのニーズに合わせた自転車を提案ていあんして販売はんばいしています。一番多い仕事は,パンクとチェーンの修理しゅうりですが,「何か変な音がする」といった漠然ばくぜんとした不具合をみることもあります。どこを直せば良いかは専門せんもん的な部分なので,いろいろ試してから原因げんいんを特定して修理しゅうりをします。また,「自転車安全整備士せいびし」という資格しかくがあり,2年以上の実務じつむ経験けいけんを積んで取得しました。

季節によって出番のちがう自転車

季節によって出番の<ruby><rb>違</rb><rp>(</rp><rt>ちが</rt><rp>)</rp></ruby>う自転車

社長と先輩せんぱいが9時から開店し,ぼくは10時に出社します。閉店へいてんは6時半で,残業はほぼありません。自転車というのは一年中,たくさんの人が乗っていますから,修理しゅうりも一年中行っています。でも,さすがに寒い時期にスポーツ車に乗り始めようという人は少ないですから,冬場はスポーツ車の出番も少なくなります。ママチャリについては,春先がいそがしくなります。これから幼稚園ようちえんに入園するというお子さんがいる方は,数年も前からインターネットなどで情報じょうほう収集しゅうしゅうし,いろいろなお店を回って,うちのお店に買いに来る方が多いです。修理しゅうりのことを考えると近所の方が便利なんですね。初めてのお客様には試乗してもらい,子どもを乗せて,ふらふらしながらこわこわいと言いながらも,5分,10分乗るとれてきます。

要望を聞き出すのがむずかしい

要望を聞き出すのが<ruby><rb>難</rb><rp>(</rp><rt>むずか</rt><rp>)</rp></ruby>しい

この仕事は対面での販売はんばい修理しゅうりなので,お客様と意思を疎通そつうさせることが大切ですね。いろいろなお客様が来店しますから,自転車の不具合についてもカラカラ音がするとか,カンカン音がするとか,表現ひょうげんのニュアンスは全くちがいます。お客様とコミュニケーションをとって,自分なりに翻訳ほんやくしながら,「こんな症状しょうじょうになっているから音が鳴るんですよ」,「修理しゅうりにはこのくらいの時間がかかりますよ」とその場で説明をします。そのときの的確てきかくなコミュニケーションが一番むずかしいですね。販売はんばいでも同じです。どんな自転車がしいのか,はっきりしないお客様もいるので,普段ふだんはどんな使い方なのか,走る距離きょりはどのくらいか,雨の日も乗るのか,周辺に坂はあるのかといったことを聞きながら,お客様とコミュニケーションをします。

満足して喜んでくれることが何よりもうれしい

満足して喜んでくれることが何よりも<ruby><rb>嬉</rb><rp>(</rp><rt>うれ</rt><rp>)</rp></ruby>しい

ありがちな答えかもしれませんが,お客様が喜んでくれると,すごくうれしいですし,やりがいにつながります。むずかしいカスタムの依頼いらいも多く,ワイヤーやグリップ,チェーン,サドルなどは,色やデザインがたくさんありますので,組み合わせのバリエーションもかなり多くなります。その一つひとつのパーツを,ああしたい,こうしたいというお客様の要望を聞いて,イメージにぴったりと合った自転車を組み立てると,お客様がとても喜んでくれます。修理しゅうりのときは,それがすぐに直せる簡単かんたんな作業でも,修理しゅうりが終わると,とても喜んでもらえます。お客様から見れば,作業が簡単かんたんでもむずかしくても直ったという結果に満足してもらえるんですね。喜んでくれたお客様から,お昼ごはんをもらったこともあります。

命をあずける乗り物

命をあずける乗り物

自転車は,命をあずける乗り物です。作業を一歩間違まちがえれば大きな事故じこにつながりますので,ネジ一本でもゆるみがないように神経しんけいを使う必要があります。そこは,どんなに簡単かんたんな作業であっても,二度手間になっても,三度手間になっても,しっかりこなして完璧かんぺきに仕上げるのが,ぼくなりの考え方です。

転機はマウンテンバイク

転機はマウンテンバイク

絵やデザインが好きで,最初の就職しゅうしょく先はアニメの製作せいさく会社でした。その後,出版物しゅっぱんぶつのデザインやレイアウトを行う仕事をしていました。そのころに買ったマウンテンバイクがきっかけで深みにはまり,次の年には,ちょっと高価こうかな自転車を買って,自分で自転車をいじるようになりました。そこで,自転車の仕事がしたいと思って転職てんしょくし,自転車屋さんの仕事を一から教えてもらいながら,休みなく働きました。スポーツ車の専門店せんもんてんにも就職しゅうしょくしたのですが,ママチャリとスポーツ車の両方をあつかいたいと思い,今の店につとめ始めたのです。モノをいじるのも好きで,それがやっぱり楽しいですね。

やんちゃな子どもから学級委員長まで

やんちゃな子どもから学級委員長まで

小学生のころは野球やサッカーをして,暗くなるまで公園でさわいで遊びまくる悪がきでした。中学生になると学級委員長をやりました。実はだれも手を挙げず,やれって言われまして……。ぼくの中学校では,兄弟学級といって1~3年生が,合同で体育祭やイベントを行いました。全員を取りまとめて指示しじを出したり,説教したり,そんな真面目なこともして楽しかったです。また,バスケットボール部で,毎日くたくたになるまで練習していましたね。高校のときに怪我けがをしたことでバスケを辞めてしったのですが,小さなころから好きだった絵をき始め,関連の仕事をしようと思ったのです。そのときは自転車の仕事をするとは思ってもみなかったです。

いろんな事に興味きょうみを持って経験けいけんしよう

いろんな事に<ruby><rb>興味</rb><rp>(</rp><rt>きょうみ</rt><rp>)</rp></ruby>を持って<ruby><rb>経験</rb><rp>(</rp><rt>けいけん</rt><rp>)</rp></ruby>しよう

みなさんは,好きなことや興味きょうみがあることは,どんなことでも一生懸命いっしょうけんめいやった方が良いんじゃないかなと思います。決して無駄むだにはならないと思いますよ。経験けいけんしたことは必ず何かに役立つことがあるので,いろいろな物に興味きょうみを持って,沢山たくさんのやりたいことから将来しょうらいのことを目指すのも良いでしょう。まずは経験けいけんしてみるのが一番だと思います。

  • 取材・原稿作成:株式会社ユニバーサルデザイン総合研究所/東京書籍株式会社/協力:城北信用金庫