• 東京都に関連のある仕事人
  • 出身地 東京都

びようし美容師

高山たかやま 行雄ゆきお

  • 仕事内容

  • 自己紹介

    美容びよう一筋ひとすじでまじめ。スタッフからもまじめだと言われる。時間ができたときは美容室びようしつに飾かざる花瓶かびんや花などを買いに行きます。ショッピングも好きで、洋服にはこだわりを持っています。

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2015年03月25日)時点のものです】

高山 行雄


仕事人記事

美容師びようし経営者けいえいしゃの二足のわらじ

<ruby><rb>美容師</rb><rp>(</rp><rt>びようし</rt><rp>)</rp></ruby>と<ruby><rb>経営者</rb><rp>(</rp><rt>けいえいしゃ</rt><rp>)</rp></ruby>の二足のわらじ

美容室びようしつを開業して38年目になります。開業当時は男性だんせいオーナーが出始めたころでした。わたし美容室びようしつはスタッフ4,5人でスタートしましたが,今は40名ほどのスタッフと3店舗てんぽ美容室びようしつ経営けいえいしています。王子に2店舗てんぽ,川口に1店舗てんぽあります。わたしは王子2丁目にあるサロンに出勤しゅっきんし,美容師びようしの仕事をしています。お客様の中には,高校生のときに初めてカットに来られ,今では小学生のお子さんを連れて来られる方もいらっしゃいます。20年~30年の長いお付き合いの方が多いですね。もちろん,男性だんせいのお客様もいらっしゃいますが,8わりくらいが女性じょせいのお客様です。経営者けいえいしゃの立場としては,スタッフの教育やリクルートも行っており,地方へ出張しゅっちょうして人材確保かくほに走り回ることもあります。

お正月や卒業式のシーズンがいそがしい

お正月や卒業式のシーズンが<ruby><rb>忙</rb><rp>(</rp><rt>いそが</rt><rp>)</rp></ruby>しい

朝は9時半前には美容室びようしつに来ます。店は10時オープンなので,それまでに機材や消耗しょうもう品などをととのえ,お客様をむかえる準備じゅんび,朝礼を行います。パーマは18時まで受け付け,カットのみだと19時まで受け付けて20時には終了しゅうりょうするようにしています。1週間の内では土・日がいそがしく,1年では3月・7月・12月がいそがしいですね。ヘアスタイルに関連したメニューだけでなく,着付けやネイルも行っているので,特にお正月や卒業式シーズンはいそがしくなります。美容師びようしは国家資格しかくで,試験は筆記と実技じつぎがあります。実技じつぎ試験はワインディングというかみにロッドをいてパーマをセットするもの,オールウェーブセッティングといってピンを使ってウェーブを作るもののどちらか一つとレイヤーカット,衛生面えいせいめんでのあつかいの3種類が必要です。

コミュニケーションが大切

コミュニケーションが大切

働いている時間が長いので,肉体的につらいこともあるかもしれません。一般いっぱんの会社とちがい,昼休みも決まっておらず,お店のみ具合によっては,昼休みがおそくなってしまうということもあります。そこで,昼食はわかいスタイリストから順番にとるように配慮はいりょしています。お客様の前でおなかが鳴ることもありますが,そういうときは正直に「まだ食事していないので」と言いますよ。サービス業の宿命ですね。しかし,肉体面よりもわたしが感じる大変さは,人間関係だと思います。わかい人たちはだれにも相談できずになやみをかかえてしまうこともあるでしょう。それを解決かいけつするために,できるだけコミュニケーションをとるよう意識いしきしていますし,コーチングという自己じこ実現じつげんを図る勉強会も行っています。

お客様の感動が自分の感動

お客様の感動が自分の感動

お客様が感動してくれたときに美容師びようしとしてのやりがいを感じます。お客様がちがう自分を発見してくれたときは,格別かくべつうれしいですね。今までチャレンジしたことのない髪型かみがたにして,それが思っていた以上に似合にあっていると喜んでくださるとすすめて良かった,やって良かったと思います。美容師びようしとしては,「自分の思った通りのスタイルになった」,「かわいくなった」,「ここへ来ると安心してまかせられる」そんな言葉をいただいたときが,最高に幸せです。通常つうじょう,お客様には担当たんとうのスタイリストがついて対応たいおうしますが,わたしの店では,「どんなスタッフにも気軽に自分の要望を伝えられる」とお客様から好評こうひょうを得ています。そういうスタッフに成長してくれたことにも静かな喜びを感じています。

お客様をいかに大事にするか

お客様をいかに大事にするか

美容師びようしとしては,お客様をいかに大事にするかということですね。それは自分だけではなく,ここで頑張がんばっているスタッフにもいえることです。みんな普通ふつうの会社員より勉強しているのではないでしょうか。スタッフは,閉店後へいてんごや定休日にも,さまざまな勉強会に参加しています。グループ発表やコンテスト出場などの発表の場があるので,スタッフは講習会こうしゅうかいに行ったり,コンテストの準備じゅんびをしたりと自分みがきに余念よねんがありません。そうして徐々じょじょにキリッとまった顔に変わっていきます。言葉使いや挨拶あいさつ徹底てっていしていて,朝礼では笑顔を出す練習をしています。心からの笑顔でお客様をおむかえし,感謝かんしゃするということが,サービス業としてなくてはならないものです。

尊敬そんけいできる先生との出会いが心のささえに

<ruby><rb>尊敬</rb><rp>(</rp><rt>そんけい</rt><rp>)</rp></ruby>できる先生との出会いが心の<ruby><rb>支</rb><rp>(</rp><rt>ささ</rt><rp>)</rp></ruby>えに

わたしは,6人兄妹の内4人が女性じょせいでしたらから,普段ふだんから鏡に向かう女性じょせい見慣みなれていました。姉たちは,毎朝鏡に向かっていましたし,夜会きなども自分でセットしていましたが,そのような姿すがたを見ているのは,きらいではありませんでした。自分の中に女性じょせい的な部分が多いのかもしれません。大学卒業後に美容びよう学校に1年通い,インターン生活(職場しょくば体験)を経験けいけんしたあと,国家試験を受けて美容師びようしになりました。今はちがいますが,当時は女性じょせいばかりで男性だんせい美容師びようしなんていませんでした。美容びよう学校の担任たんにんの先生がお店を出されたので,手伝うようになりました。その先生が尊敬そんけいできる素晴すばらしい方でしたから,挫折ざせつせずに美容師びようしという仕事を続けられたのだと思います。

やんちゃでバスケ好きの子ども時代

やんちゃでバスケ好きの子ども時代

小さいころは,わんぱくでやんちゃということにきると思います。友達とも暗くなるまで外で転げ回って遊んでいて,じっとしていることはありませんでした。中学に入ると少しは落ち着くようになり,バスケットボール部に入部して,まじめに毎日練習していました。高校でもバスケを続け,インターハイにも出場しました。子どものころからのまじめさと,一つのことを続けられるねばづよさが美容師びようしとしてのわたしを形成する土台になったのかもしれません。
ところで,ずっと地元にいると,どこのだれだかすぐに分かってしまいますからね。今では孫が近くの公園で遊んでいて,じぃじがどんな仕事をしているか知っています。

「こうなりたい!」というゆめを持って

「こうなりたい!」という<ruby><rb>夢</rb><rp>(</rp><rt>ゆめ</rt><rp>)</rp></ruby>を持って

「こうなりたい!」というゆめを持つのがいいのかなと思います。今はゆめを持っているという子どもが少ないように感じるので,何でもいいからなりたいものがあるといいですね。それに向かって勉強しようという気持ちになるのが大事なことです。親や先生から言われたからやらなくては,ということではなく,自分から何かしようという気持ちがいてくるといいですね。わたしたち大人も,みなさんに分かりやすく教えたり,いろいろなことに興味きょうみを持ったりするように道を作ってあげなければなりませんね。 ゆめを持ち,目標を持って毎日をごしていけば,気がついたときには人に必要とされる人間になっているはずです。

  • 取材・原稿作成:株式会社ユニバーサルデザイン総合研究所/東京書籍株式会社/協力:城北信用金庫

私のおすすめ本

  • 7つの習慣

    スティーブン・R・コヴィー

    人から影響を受けるより、与えるという考え方が書いてある本なのですが、元アメリカ大統領のビル・クリントンは「すべての従業員がこの本を読めば、劇的に生産性があがるだろう」とコメントを寄せています。自分自身の習慣や考え方を見つめ直し、経営者としても個人としてもポジティブに物事を判断するクセがつきました。