• 千葉県に関連のある仕事人

館山市の仕事

館山市役所たてやましやくしょ

  • 子供の頃の夢

  • クラブ活動(中学校)

  • 仕事内容

  • 自己紹介

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2018年10月24日)時点のものです】

館山市役所


仕事人記事

たてやまやくしょ「市民のことを考える市役所」

ぼくたちはたてやまやくしょに行きました。テーマは「市民のことを考える市役所」です。まず,しょくしょうかいです。ここには,いろいろなしょが一カ所に集まり,それぞれがちがう仕事をいろいろな部屋でしています。

今回体験したこと

次に体験したことです。
一つ目は,しょこうほうこうほう『だんだんたてやま』の写真選びです。たくさんの写真の中から,3~4まいの写真を選んで作ります。
二つ目は,社会安全課でのぼうさい放送です。天気ほうなどを見て,ちゅうほうが出たらそれを知らせます。
三つ目は,議場の見学です。議場は議員さんたちが会議をする場所です。
四つ目は,市長さんと写真をったことです。とてもやさしい市長さんでかたを組んで写真をることができました。市役所の方たちは,一つ一つのことがていねいで,とても市民のことを考えていました。

たてやまやくしょQ&A

この仕事をしているとき,大切にしていることは,市民のことをさいゆうせんにするということでした。
この仕事にいた理由は,ここたてやまで生まれたからこうけんしたいということでした。

働くということは

働くということは,だれかのためにがんばるということです。だれかの役に立つということです。だれかを助けるということです。それが市民から愛されるということです。

(※以下はじんごとのまとめ)

○市役所の方たちは,どのしょに行ってもせいいっぱい仕事をしていました。大変なこともいやなこともです。そして,おこられることもあるそうです。それでも,あきらめず市民の方のためにがんばるということを言っていました。ぼくはこれを見習いたいと思います。少しずつ変化し,最終的にあの姿すがたになりたいです。

○市役所では,全部が必要なことで市民のためにずっと働いていて,市民のことをさいゆうせんにしているんだと思いました。たてやまやくしょでは,だれかを守るということを考えていました。

  • 取材・原稿作成:館山市立北条小学校5年生

もっと知りたいこの仕事人

  • 特集ページ

    わたしたちの館山市