• 東京都に関連のある仕事人
  • 出身地 北海道

まどぐち窓口(テラー)

飯田いいだ ひとみ

  • 仕事内容

    お客様とのコミュニケーション窓口

  • 自己紹介

    読書好きでおしゃべり好き。性格せいかくはマイペースでのんびり屋さんです。

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2015年03月08日)時点のものです】

飯田 瞳


仕事人記事

お客様とのコミュニケーションで,地域ちいきとつながる

お客様とのコミュニケーションで,<ruby><rb>地域</rb><rp>(</rp><rt>ちいき</rt><rp>)</rp></ruby>とつながる

地域ちいきのお客様のお金をおあずかりし,そのお金を地域ちいき方々かたがたに活用していただく。そのお手伝いをするのが信用金庫です。城北じょうほく信用金庫では,地域ちいきの人たちとふれあい,その地域ちいきとともに歩んでいくことを目指しています。ですから,地元のお祭りに参加したり,道でお会いすれば気軽にお話ししたり,地域ちいき密着みっちゃくして毎日の仕事をしています。
わたし窓口まどぐち(テラー)という仕事をしています。テラーは,つねにお客様と接点せってんを持ち,コミュニケーションすることが役割やくわりです。お客様とは,いろいろな話をさせていただき,仕事のことや地域ちいきの中での役割やくわりなどをお聞きして,お客様の人柄ひとがられる機会もあります。そんな毎日の発見がとても楽しく,地域ちいき方々かたがたのために仕事をしているという実感もわいてきます。

詐欺さぎ防止ぼうしにも目を光らせる

<ruby><rb>振</rb><rp>(</rp><rt>ふ</rt><rp>)</rp></ruby>り<ruby><rb>込</rb><rp>(</rp><rt>こ</rt><rp>)</rp></ruby>め<ruby><rb>詐欺</rb><rp>(</rp><rt>さぎ</rt><rp>)</rp></ruby>の<ruby><rb>防止</rb><rp>(</rp><rt>ぼうし</rt><rp>)</rp></ruby>にも目を光らせる

8時30分からは朝礼があって,その日の予定の確認かくにんとあいさつなどを行い,9時から開店します。窓口まどぐちはお客様とせっする仕事ですから,全員一斉いっせいに昼休みをとることはできません。先輩せんぱいと昼休みの時間をずらして昼食をとることで,その間に来店するお客様にも対応たいおうできるようにしています。
わたし勤務きんむしているこの王子営業えいぎょう部は,さまざまなお客様がいらっしゃいます。ですが,ビジネス街の銀行のように昼休み近くが特にいそがしいとか,あるいは商店街の店舗てんぽのように一定の時間帯にお客様が集中するといったことはありません。とはいっても,毎月の給料日や振込ふりこみが多い日や年金の支給しきゅう日などは,混雑こんざつしますので,正確せいかく迅速じんそくをモットーにがんばっています。
また,最近は詐欺さぎなどの被害ひがい防止ぼうしするように心がけています。お客様の様子が何か変だなと思った時や大きな金額きんがくを下ろされる時は,警察けいさつからのアンケートにお答えいただくなど,できるだけ声をかけて,確認かくにんをしています。お客様が被害ひがいわないためにも,わたしたち窓口まどぐちは,プロとして目を光らせています。

新人は学ぶことがたくさんある

新人は学ぶことがたくさんある

わたしは,窓口まどぐちを始めてまだ3ヶ月ですから学ぶことはたくさんあります。例えば,お客様がお金を下ろすだけでも,金額きんがくが大きい時や他の支店してんの通帳の場合はどうするのか,さまざまなパターンがあります。ひと口に入金,出金といっても,いつも同じではなく,お客様に合わせての対応たいおう素早すばや正確せいかく処理しょりが求められているのです。お客様にとっては,新人もベテランも関係ありません。お客様もいそがしい合間をぬって来店しているわけですから,間違まちがいなく迅速じんそくに仕事を処理しょりするのは当然です。わたしたちがあつかっているのは,皆様みなさまの大切なお金ですから,なおさらですね。
今は先輩せんぱい質問しつもんすることが沢山たくさんありますし,おこられることもあります。それでも毎日学ぶことは多く,早く一人前の窓口まどぐちになりたいです。

どんな相談にも対応たいおうできるようになりたい

どんな相談にも<ruby><rb>対応</rb><rp>(</rp><rt>たいおう</rt><rp>)</rp></ruby>できるようになりたい

学生のころは銀行へ行って,「この窓口まどぐち担当者たんとうしゃで良かった」とか「ありがとう」という気持ちを持ったり言ったりした事はありませんでした。
でも,今は,お客様から「説明が分かりやすくてよかった」「まよわずできた」「ありがとう」などと言っていただくことがあり,とてもうれしい気持ちになります。学生のころからは想像そうぞうもしなかったことです。人に感謝かんしゃされることで,私自身わたしじしんももっと頑張がんばりたいという気持ちになります。
これからは,お客様から「こんなことでお金が必要なの」とか「こんなことがあるから積み立てをしたい」といった相談にも対応たいおうできるようになりたいし,「今日は来て良かった」とみなさまに言っていただける存在そんざいになりたいと思っています。

わかい方にも足を運んでもらいたい

<ruby><rb>若</rb><rp>(</rp><rt>わか</rt><rp>)</rp></ruby>い方にも足を運んでもらいたい

みなさんは,接客業せっきゃくぎょうといえば,飲食店や百貨店で働く人をイメージしていませんか。わたしもそうでした。でも,こうして働いてみて,金融きんゆう機関も接客せっきゃくがとても大切で重要であると実感しています。
また,わかい人からは金融きんゆう機関の店内に入っても,だれに何を聞けば良いのかも分からないから,あまり足を運ばない,といった声を耳にします。そんな方にご来店いただいたときに「今日は何かイメージしていた金融きんゆう機関とちがって雰囲気ふんいきが良いな」と思っていただけるような応対おうたいができるようになりたと思っています。
ちょっと極端きょくたんですが,金融きんゆう機関にいることをわすれていたと言われるような,そんな接客せっきゃくがしたいですね。

職場しょくば体験で信用金庫の良さを知りました

<ruby><rb>職場</rb><rp>(</rp><rt>しょくば</rt><rp>)</rp></ruby>体験で信用金庫の良さを知りました

わたしは,大学のときからお客様とせっすることができる仕事をしたいと思っていました。そのときにインターンシップ(職場しょくば体験)で,この城北じょうほく信用金庫にお世話になりました。窓口まどぐち先輩せんぱいの仕事を見せていただき,接客せっきゃくすることへ,ますます興味きょうみを持ちました。さらに,地域ちいきにある会社へ行って,その会社が作っているたな接着せっちゃく作業なども体験しました。作業終了後しゅうりょうご,その日にしたことを,その会社の社長に発表したのです。学生のときでしたから,社長の前で話す機会があるなんておどろきましたが,地域ちいきの会社の職場しょくばも体験できるというのは,信用金庫ならではだなと思ったのです。そうして就職しゅうしょくする決断けつだんをしました。

音楽との出会いで性格せいかくも行動も変わって行った

音楽との出会いで<ruby><rb>性格</rb><rp>(</rp><rt>せいかく</rt><rp>)</rp></ruby>も行動も変わって行った

小学校低学年のころは,授業じゅぎょうが終わり,同級生が帰り始めているのに,わたしはまだランドセルに教科書もかたづけられないような,のんびりとした,何でも時間のかかる子でした。それから,当時はかなりの人見知りで,両親を心配させてしまったこともあったようです。
そんなわたしがピアノを習い始め,さまざまな人と交流するようになって,性格せいかくや行動がどんどん変わっていきました。ピアノは人前で発表する事は何度もありますからね。そして,小学6年生のころには,児童会の会長までするようになったのです。
中学では,吹奏楽すいそうがく部に入部してクラリネットを担当たんとうしました。そこではピアノとはちがったチームプレーでの演奏えんそう素晴すばらしさを学びました。
それら全ての経験けいけんが,今の仕事に活かされていると思っています。

やりたいことをやってみる

やりたいことをやってみる

みなさんがやりたいと思ったことは,とりあえずやってみてほしい。反対されることもあるでしょう。別のことをすべきだと言う大人も沢山たくさんいるでしょう。でも,本当にやりたいことを,一生懸命いっしょうけんめい頑張がんばってやっていれば,周囲もいつかは必ず分かってくれる日が来るはずです。
わたしも高校時代,母の反対をってバレー部のマネージャーをやりました。今はその経験けいけんがとても役に立っていますし,今では両親に感謝かんしゃしています。また,自分でこれだと決めたことは,最後までやりくという強い意思も必要です。
みなさんもやらずに後悔こうかいするよりは,まずは体験して自分が本当にやりたい事をさがしてください。

  • 取材・原稿作成:株式会社ユニバーサルデザイン総合研究所/東京書籍株式会社/協力:城北信用金庫

私のおすすめ本

  • 狐笛のかなた

    上橋菜穂子

    子どもが様々な人に出会いながら成長していく物語がとても興味深く面白い。最近読んだのですが、子どものころにも読みたかったと思いました。

  • 図書館戦争

    有川浩

    このシリーズは単行本も文庫本も買って読みましたし、 映画にもなったのでDVDも買いました。とても面白くワクワクします。 是非読んでください。