• 長野県に関連のある仕事人
  • 1975年 生まれ

家電販売・修理

長崎ながさき 政信まさのぶ

  • 仕事内容

    家電の販売(はんばい)修理(しゅうり)・電気工事・上下水道工事・リフォーム工事

  • 自己紹介

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2016年12月02日)時点のものです】

長崎 政信


仕事人記事

二代目の社長として

二代目の社長として

(わたし)は長﨑電機商会で,社長をしながら働いています。(わたし)がこの仕事を始めたきっかけは,小学生の時から父に「おまえは長男なんだから,この仕事を()がないといけない」と言われていたからです。ですから,父が初代,(わたし)は二代目の社長です。
仕事場では(わたし)(ふく)め9人で働いていて,家電・営業(えいぎょう)部と設備(せつび)・工事部に分かれています。家電・営業(えいぎょう)は5人,設備(せつび)・工事は4人でやっています。家電・営業(えいぎょう)は主に修理(しゅうり)販売(はんばい)をやっていて,もっとも売れるものは洗濯機(せんたくき),もっとも多く修理(しゅうり)するものは,テレビ関係です。どちらも毎日使う物なので,故障(こしょう)などが多いと思います。設備(せつび)・工事は,上下水道の工事や給湯器修理(しゅうり),トイレ・キッチン・お風呂(ふろ)などのリフォームを行っています。

夏と冬が(いそが)しい

夏と冬が<ruby><rb>忙</rb><rp>(</rp><rt>いそが</rt><rp>)</rp></ruby>しい

修理(しゅうり)をするうえで大変なことは,休みの日でも電話がかかってくることです。一日平均(へいきん)で10(けん)以上の電話がかかってきます。電話がかかってきたら,すぐに修理(しゅうり)に行かないといけないので,とても大変です。
修理(しゅうり)は大体,お客さまの家で行っていますが,ストーブなど,分解(ぶんかい)して直さなければいけないものは,店に持ってきて修理(しゅうり)しています。(わたし)たちが一番(いそが)しい時期は,夏と冬です。電化製品(せいひん)は熱や寒さに弱いため,一番暑い夏と,一番寒い冬に(こわ)れやすいのです。夏と冬には,エアコンやストーブが,合わせて100台くらい売れます。
(わたし)の仕事には,大変な面もありますが,私自身(わたしじしん)精一杯(せいいっぱい)取り組めていると思います。

うれしい言葉は「ありがとう」

うれしい言葉は「ありがとう」

(わたし)が思うこの仕事のやりがいは,いろいろな人と知り合うことができ,多くの人と関わることができるということと,お客さまに喜んでいただけることです。この仕事をしていると,お客さまと話すことが多くなり,お客さまとの関わりが,自然と深まっていきます。お得意さまに紹介(しょうかい)していただいて,新規(しんき)のお客さまのところにうかがうこともあります。
お客さまから言われて一番うれしい言葉は,「ありがとう」です。お客さまの家で家電の取り付けを行ったとき,「ありがとう」という言葉をいただきます。(わたし)たちがお金をいただいて仕事をさせていただいているのに,「ありがとう」という言葉をいただきます。(わたし)は,こうしたやりがいがあって,仕事を続けています。

  • 取材・原稿作成:飯綱町立飯綱中学校

もっと知りたいこの仕事人

  • わたしたちの飯綱町

    わたしたちの飯綱町