• 東京都に関連のある仕事人
  • 出身地 東京都

カイロプラクター

竹谷内たけやち 啓介けいすけ

  • 仕事内容

    背骨を整えて体を健康にする (背骨を診て神経系の働きを整える)

  • 自己紹介

    色々いろいろなことに興味きょうみがあります。特に世界中の音楽や美術びじゅつなど芸術げいじゅつ興味きょうみがあります。海外旅行などをして現地げんちの人の生活や文化を体験するのも好きです。

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2014年12月26日)時点のものです】

竹谷内 啓介


仕事人記事

背骨せぼねのゆがみを整えて健康の増進ぞうしんを図る

<ruby><rb>背骨</rb><rp>(</rp><rt>せぼね</rt><rp>)</rp></ruby>のゆがみを整えて健康の<ruby><rb>増進</rb><rp>(</rp><rt>ぞうしん</rt><rp>)</rp></ruby>を図る

わたしたちの背骨せぼねの中心には中枢ちゅうすう神経しんけいが,外側には抹消まっしょう神経しんけいが通っていています。背骨せぼねにゆがみがあると神経しんけい圧迫あっぱくされていたみが出たり,筋肉きんにく内臓ないぞうなどの働きに支障ししょうが出たりします。薬や手術しゅじゅつを用いずに,骨格こっかく,特に背骨せぼねのゆがみを手技しゅぎで整え,神経系しんけいけいの働きを正常せいじょうもどすことで,症状しょうじょう改善かいぜんと健康の増進ぞうしんを目的に行う自然治療ちりょうがカイロプラクティックで,治療ちりょうほどこす人をカイロプラクターとびます。レントゲン博士がX線を発見した1895年にアメリカで生まれたものですが,世界保健ほけん機関(WHO)がヘルスケアとしてみとめ,現在げんざいでは90ヵ国で実施じっしされています。欧米おうべいの多くの国では国家資格しかくとなっていますが,日本ではまだ国家資格しかくになっていません。

問診もんしん検査けんさを通して症状しょうじょう判断はんだん

<ruby><rb>問診</rb><rp>(</rp><rt>もんしん</rt><rp>)</rp></ruby>や<ruby><rb>検査</rb><rp>(</rp><rt>けんさ</rt><rp>)</rp></ruby>を通して<ruby><rb>症状</rb><rp>(</rp><rt>しょうじょう</rt><rp>)</rp></ruby>を<ruby><rb>判断</rb><rp>(</rp><rt>はんだん</rt><rp>)</rp></ruby>

いろいろな症状しょうじょう患者かんじゃさんが来られますが,多いのは腰痛ようつうかたこり,頭痛ずつうなどです。初診しょしんの方にはまず患者かんじゃさんの状態じょうたいを知るために,症状しょうじょうや病歴などをお聞きします。次に,姿勢しせい検査けんさ,整形外科学検査けんさ神経学しんけいがく検査けんさなどを行い,体のゆがみを総合そうごう的に判断はんだんして治療ちりょう順序じゅんじょを組み立て,病状びょうじょう個人差こじんさおうじた治療ちりょう実施じっしします。カイロ治療ちりょうは,がん,血液けつえきの病気,伝染病でんせんびょうなどの患者かんじゃさんには適応てきおうできませんので,的確てきかく判断はんだんすることが重要になります。適応てきおうできない場合は,専門せんもん医療いりょう機関を受診じゅしんしていただくようにすすめます。また,健康管理やスポーツでの外傷がいしょうのリハビリなどで来る方もいますので,姿勢しせい体操たいそう,栄養や睡眠すいみんなどの生活指導しどうも行います。

多くの人にカイロプラクティックを知ってもらいたい

多くの人にカイロプラクティックを知ってもらいたい

カイロプラクティックは,120年の歴史がある治療法ちりょうほうですが日本では知らない人や,整体やマッサージと混同こんどうする人も多いため,いかにして知名度を上げるかが課題です。わたしはそのために日本カイロプラクターズ協会で普及ふきゅう活動もしています。WHOによる教育と資格しかく基準きじゅんを満たすには,海外の専門せんもん大学か東京カレッジ・オブ・カイロプラクティックで4年間4200時間以上,基礎きそ医学をふく専門せんもん教育を受ける必要がありますが,日本にはまだ千にも満たない人数しかいません。国家資格しかくではないので,極端きょくたんに言うと,ほとんど教育を受けていない人でもカイロプラクティックという看板かんばんを上げることができるのです。治療ちりょう事故じこふせぐためにも専門せんもん教育を受けるよう,びかけを行っています。

症状しょうじょう改善かいぜんして感謝かんしゃされることが喜び

<ruby><rb>症状</rb><rp>(</rp><rt>しょうじょう</rt><rp>)</rp></ruby>が<ruby><rb>改善</rb><rp>(</rp><rt>かいぜん</rt><rp>)</rp></ruby>して<ruby><rb>感謝</rb><rp>(</rp><rt>かんしゃ</rt><rp>)</rp></ruby>されることが喜び

最近では,予防よぼう医療いりょうとして健康管理に通われる方も多くなってきていますが,やはり腰痛ようつうかたこりなどのいたみから解放かいほうされて症状しょうじょう改善かいぜんした患者かんじゃさんから感謝かんしゃされるときはうれしいですね。日本では馴染なじみが無くても欧米おうべいではカイロプラクティックの知名度は高く,わたしのところには,世界60カ国くらいの患者かんじゃさんがおとずれます。日本に住んでいる方や長期滞在たいざい者だけでなく,旅行者も多くなっており,海外では高く評価ひょうかされていることをあらためて実感しています。

患者かんじゃ中心のケアを心がける

<ruby><rb>患者</rb><rp>(</rp><rt>かんじゃ</rt><rp>)</rp></ruby>中心のケアを心がける

自主規制きせいを行うため,日本カイロプラクターズ協会として,安全に関するガイドラインと広告に関するガイドラインをつくりました。そして患者かんじゃさんの被害ひがいふせぐために,日本カイロプラクティック登録機構きこうをつくり,登録制度せいども開始しました。患者かんじゃさんのプライバシーを守り,患者かんじゃ中心のケアを考えることも非常ひじょうに大切なことだと思います。そして,必要におうじて,他の医療いりょう専門家せんもんかとの連携れんけい実践じっせんしています。

友人のギックリこしが一回の治療ちりょうで良くなったことにおどろ

友人のギックリ<ruby><rb>腰</rb><rp>(</rp><rt>こし</rt><rp>)</rp></ruby>が一回の<ruby><rb>治療</rb><rp>(</rp><rt>ちりょう</rt><rp>)</rp></ruby>で良くなったことに<ruby><rb>驚</rb><rp>(</rp><rt>おどろ</rt><rp>)</rp></ruby>き

祖父そふ,父,叔父おじ代々だいだい家業としてカイロプラクティックを行っていましたので,仕事は子どものころから見てきました。職業しょくぎょうとして選択せんたくすることを決めたのは,高校2年生のときでした。友人がギックリこしになり,なかなか治らなかったのですが,父の治療ちりょうを受けたら,たった1回で良くなり,非常ひじょうおどろきました。そこであらためてカイロプラクティックのすごさに気づいたのです。高校卒業後,オーストラリアの大学に留学りゅうがくして専門せんもん教育を受けました。手技しゅぎの取得だけではなく,解剖学かいぼうがく,生理学,病理学などの基礎きそ医学も一通り受けなければなりませんから大変でしたが,今,日々ひび治療ちりょう確実かくじつに役立っていると思います。

子どものころゆめはイラストレーター

子どもの<ruby><rb>頃</rb><rp>(</rp><rt>ころ</rt><rp>)</rp></ruby>の<ruby><rb>夢</rb><rp>(</rp><rt>ゆめ</rt><rp>)</rp></ruby>はイラストレーター

小さいころは,のんびりでマイペースな子どもでした。近所の空地などで友達とよく遊んでいましたね。ゆめは,イラストレーターになることでした。高校生のときに,新聞社が主催しゅさいする漫画まんがの賞に入賞したことがあり,かなりその気になっていました。ただ,実際じっさい職業しょくぎょうとして成功することは大変だということを周囲から言われて,あきらめました。今は,パンフレットのイラストなどを自分でいて,多少は役立っています。また,教えられた事をそのまま受け入れるというよりは,実際じっさいに自分で考えたり体験したりして物事を判断はんだんする子どもでした。とても大切なことだと思っています。

体を動かし,良い姿勢しせいをつくる

体を動かし,良い<ruby><rb>姿勢</rb><rp>(</rp><rt>しせい</rt><rp>)</rp></ruby>をつくる

転んでケガをするというのは,姿勢しせいと大きな関係があります。良い姿勢しせいたもつには筋肉きんにくが必要ですが,外で遊んだり,運動する機会が少ない子どもは筋力きんりょくが発達せず,姿勢しせいが悪くなりがちです。また,姿勢しせいが良いと集中力がすという脳科学のうかがくからの指摘してきもあります。子どもの頃に体を動かすことは,とても大切なことですね。もう1つ,留学りゅうがく経験けいけんからアドバイスをすると,語学だけでなく,自分が何をしたいのか,しっかりとした目的を持って留学りゅうがくしたほうが良いということです。わたしの場合は,カイロプラクターになるという明確めいかくな目標があったので,留学りゅうがくは大変でしたが,無事卒業できて今の自分があると思います。みなさんも自分の目標のために頑張がんばってください。

  • 取材・原稿作成:株式会社ユニバーサルデザイン総合研究所/東京書籍株式会社

私のおすすめ本

  • 癒す心、治る力

    アンドルー・ワイル 上野圭一(訳)

    現代の西洋医学は病気を治すことに特化しており、人間が本来持っている自然治癒力をあまり重視していない。著者は奇跡的な病気からの回復をした患者の体験談などを交えて、補完代替医療などを取り入れて今後のあるべき医療の姿を提唱している。

  • 銃・病原菌・鉄 (上、下)

    ジャレド・ダイアモンド 倉骨彰(訳)

    「ヨーロッパ人はニューギニアを植民地化したが、なぜその逆は起こらなかったのか?」という疑問に対し研究を行い書かれたもの。人種的偏見を否定し、環境や地理的な要因が現在の世界での不平等な富と権力の分配に大きく影響していることを主張。銃、病原菌、鉄といったヨーロッパ人が持ち込んだもので新大陸の先住民を征服した例を挙げている。