• 千葉県に関連のある仕事人

館山市の仕事

石井工務店いしいこうむてん

  • 子供の頃の夢

  • クラブ活動(中学校)

  • 仕事内容

  • 自己紹介

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2018年10月24日)時点のものです】

石井工務店


仕事人記事

がんばる大工とせっけい いしこうてん

ぼくたちは,いしこうてんへ体験にいきました。テーマは「がんばる大工とせっけい いしこうてん」です。
ぼくたちがそこで学んだことは家の作り方です。たくさんの作業をしてはじめて家が出来るということがわかりました。家が出来るまでのじゅんじょ
せっけいを書く ②お客さんに見せる ③お客さんのOKをもらう ④家を建て始める ⑤完成 という流れだそうです。
建てるのもたくさんの作業があります。これは大工さんたちの仕事です。
①じばん工事 ②きそ工事 ③土台・建て方・じょうとう ④屋根工事・ぼうすいシートり ⑤まどサッシ・ぼうすいシートり ⑥電気せつせっ ⑦ゆかしただんねつざいり ⑧かいだん・ドア・たなの取り付け ⑨仕上げ工事・ボードり などがあるそうです。その中でも特に③土台・建て方・じょうとうが一番たいへんな仕事だとおっしゃっていました。
せっけいさんの仕事は
せっけいを書く ②家のけいを作る ③お客さんに見せる というじゅんじょで仕事をするそうです。仕事はこれだけしかないの? と思うかもしれませんが,せっけいを書くことはとても大変な作業なんだそうです。

体験したこと

次にぼくたちが体験したことです。まずせっけいさんの仕事を見せてもらいました。じっさいの図面を見せてもらい,せっけいにもいろいろな種類があることをべんきょうしました。
次に大工さんの仕事を体験させてもらいました。自分たちでじっさいにくぎを打ったり,のこぎりで木を切ったり,木の組み立て方を教わりました。そしてじっさいにイスを大工さんといっしょに作りました。

しつもんとその答え

次に大工さんにインタビューしたことをしょうかいします。
仕事をしているときは,まずは自分がけがをしないことに気をつけているそうです。人が1人けがをして休めば,その分,家が出来るのがおそくなるからです。
なぜ大工さんになったかというと,大工さんのすがたがかっこよくてあこがれたからだそうです。ちなみにぼくも大工さんになりたいのですが,その理由は建物を建てる,ということがおもしろそうだからです。
どんな大工さん・しょくにんさんを目指しているかというと,色々な仕事をこなせるしょくにんさんになりたいそうです。
仕事を続けている上で身に付けたことは,家を見る目が変わったことだそうです。しっかり作ってある家,デザインがよい家,など気になるようになりました。

学んだこと

ぼくたちがこの体験を通して学んだことは,一人前の大工になるためにはとにかく努力しないといけないということです。大工さんになる前にも努力がひつようだけれども,なったあとも,もっと努力し続けなければいけないことがわかりました。他にも,家に関するしきもたくさんつけていかなくてはいけないそうです。だからそういうことも努力しなければいけないことがわかりました。

(※以下はじんごとのまとめ)

○ぼくはじっさいにイスを作りました。のこぎりで木を切るのも,電動ドライバーでくぎを入れるのも,とてもむずかしかったです。でも大工さんはとてもかんたんそうにやっていました。それを見て努力している人はやっぱりちがうなと思いました。

○ぼくはじっさいに作業をやってみて思ったことがあります。まず電動ドライバーでビスを打ってみたのですが,それがかんたんに見えても,とてもむずかしいのです。やっぱり本当の大工さんはちがうなあ…と思い,いっぱい努力しなければいけないことを学びました。

  • 取材・原稿作成:館山市立北条小学校5年生

もっと知りたいこの仕事人

  • 特集ページ

    わたしたちの館山市