仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

東京都に関連のある仕事人
1964年 生まれ 出身地 大阪府
じょゆう女優
真矢まや みき
子供の頃の夢: キャビンアテンダント 、アイドル歌手
クラブ活動(中学校): 陸上部 、バトン部、剣道部、…など10クラブ
仕事内容
自分とは別の人格になり、演じる
自己紹介
心のやさしい人と話すのが大好だいすき。
がんばり屋、けずぎらい(弱きをたすけ、強きをくじく)。

※このページに書いてある内容は取材日(2008年09月03日)時点のものです

テレビ,映画えいが舞台ぶたいで,別の人になりきる仕事

テレビ,映画,舞台で,別の人になりきる仕事

女優じょゆうってどんな仕事?――人によって答えはさまざまだと思いますが,わたしは「テレビや映画えいが舞台ぶたいで,自分とは別の,いろいろな人になりきる仕事」と考えています。例えば,台本に「悲しい」というセリフが書かれていても,単に悲しそうな表情ひょうじょうで「悲しい」と言うだけではダメ。その人物が,どうして「悲しい」と声に出して言ったのか,そのおくにある本当の意味を,その気持ちを,五感全部を使って感じ取ります。そして,完全にその人になりきって,しぐさや表情ひょうじょうなど全身を使ってその気持ちを表現ひょうげんする仕事なんですよ。

出演しゅつえんする作品が決まるまで

女優じょゆうは,ふつうタレント事務じむ所という会社に所属しょぞくしています。そこに,テレビ番組や映画えいが責任者せきにんしゃであるプロデューサーから,「作品に出てほしい」という依頼いらいが来ます。そして,社長やマネージャーなど事務じむ所のスタッフが,内容ないようくわしく聞いてから依頼いらいを受けるかどうかを決めます。自分で決めることもできるのですが,わたしは,私以外わたしいがいの人が思う「真矢みきにやらせてみたいこと」を大切にして仕事をしているから,事務じむ所の人にまかせることが多いです。

衣装いしょう合わせ,本読み……みんなで役をつくり上げる

出演しゅつえんが決まったら,台本をもらってセリフを覚えます。でも,完成した台本をすぐにもらえることは少なくて,テレビの連続ドラマだと「撮影さつえいが始まっても最後までは完成してない!」なんてこともあるんですよ。それから『衣装いしょう合わせ』。えんじるわたし,服を用意するスタイリスト,髪型かみがたとお化粧けしょう担当たんとうのヘアメイク,プロデューサーや監督かんとく演出家えんしゅつかの人達と一緒いっしょに,この人物はどういうキャラクターで,どんな服,アクセサリー,お化粧けしょうがふさわしいかを考え,みんなで役を作り上げていきます。そして,次は『顔合わせ・本読み』。出演しゅつえんする俳優はいゆうが集まり,みんなで台本を読みながら役をえんじてみます。それまで台本という文字でしかなかった作品が,初めて形となってフワーっと目の前にあらわれる瞬間しゅんかんです。

いよいよ本番

いよいよ本番

いよいよ本番。ひとつの場面ごとに,カメラの前で監督かんとく演出家えんしゅつか指示しじしたがってえんじていきます。自分の都合でり直しなんてできませんので,1回1回がやり直しのきかない正に本番です。また,テレビや映画えいが撮影さつえいは,季節や天気,撮影さつえい場所の都合,俳優はいゆうのスケジュールを優先ゆうせんするので,実際じっさいに放送する場面の順番通りに撮影さつえいしていくことはほとんどありません。だから,一生懸命いっしょうけんめいえんじることはもちろん,「この話はどうなっていくか」「自分がえんじる人物は,どんな風に性格せいかくや気持ちが変わっていくか」を考えた上でえんじます。自分の出番をり終えるまで,大体テレビで3ヶ月,映画えいがで2ヶ月は,その役と付き合うことになります。複数ふくすうの作品を同じ時期に撮影さつえいすることもあって,その期間はいくつもの役になりきらないといけません。いそがしい時には,同じ時期に5人の人物をえんじたこともあるんですよ。

感性かんせいやひらめきも大切

感性やひらめきも大切

いい演技えんぎをするために,台本を何度も読んで,内容ないようを深く理解りかいします。台本だけで理解りかいできないことがあれば,調べ物をすることもあります。そして,その作品の内容ないようだけではなくて,作品を見る人はどんな人なのか,監督かんとく演出家えんしゅつかわたしの役をどんな人物と考えているか,共演者きょうえんしゃはどんな人で,何を考えて演技えんぎしようとしているか……全てを考えなくてはいけません。でも,感性かんせいやひらめき,カンもすごく大切。とってもむずかしいですよ。けど,やりがいはすごく大きい仕事です。

『本当の自分』をしっかり持っていたい

『本当の自分』をしっかり持っていたい

街を歩いていると「真矢みき」として声をけられたりします。本当にうれしいし,すごくありがたいのだけれど,「女優じょゆうとしてのわたしと,本当のわたしをはきちがえないようにしなきゃ」って思います。自分とは別のいろいろな人になりきる仕事だからこそ,『本当の自分』や『本当に自分のやりたいこと』をいつもしっかり持っていたいと思っています。

なみだの別れが何回も

わたしは,とても大人しい子どもでした。転校が多くて,たくさんの友だちとなみだの別れを何回も経験けいけんするうち,人と深く関わってもすぐにまたお別れになるんじゃないかと思って,あまり自分を出さずに,人の気持ちばかり読んでいました。そんなわたしだったので,転校先の中学の先生から「一人でやることは何でもよくできる。これからは,他の人と一緒いっしょになって,何かをつくり上げていくようなことに挑戦ちょうせんしたほうが良いですよ。」と言われました。それがきっかけで,日曜日に,日本舞踊ぶようや声楽,バレエなどを習う「宝塚たからづかコドモアテネ」に通うようになったんです。

「負けるもんか!」の気持ちで宝塚たからづか

「負けるもんか!」の気持ちで宝塚へ

わたしが通った「宝塚たからづかコドモアテネ」は,宝塚たからづか音楽学校に入るために小さいころからバレエやダンスを習っている子が多かったんです。だから,中学生になってから習い始めたわたしは「あなたなんか宝塚たからづかには受からないでしょ」って言われてしまって…。で,けずぎらいなわたしは「何を~,絶対ぜったい受かってやる!」という一心で合格ごうかくにたどり着きました。そして,宝塚たからづか音楽学校の生徒と卒業生からなる宝塚たからづか歌劇団かげきだんでその当時男役トップスターだった大地真央さんに出会いました。もう,本当にカッコよくて「この人みたいになりたい!」って心から思いました。大地さんを目指してお芝居しばいするうちに,いつのまにかわたし個性こせいも出てきて,今のわたしがあるのだと思います。

たくさんのとびらたたけばきっと見つかる

たくさんの扉を叩けばきっと見つかる

なかなか自分のやりたいことが見つからない人もいると思うんです。そういう人には,わたしにとっての大地さんのように,好きなことや「ああいう人になりたい!」ってあこがれを見つけてほしい。最初はマネをすることから始めてもいい。追いかけるうちに,きっと自分の才能さいのうや力が発揮はっきされるようになります。そのために,たくさんとびらたたいてほしいな。スポーツをしたりテレビを見たりするうちに,自分の気持ちが反応はんのうしたものをやってみる。「才能さいのうあるかな」なんて考えずに,やってみたい時にね。そうすると,きっと何かが見つかるはずですよ。

ファンすべてを見る

(滋賀県 小6)
(福岡県 小6)
(長野県 中1)
(長野県 中1)
(大阪府 小4)
(北海道 小4)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

シェル・シルヴァスタイン
素晴らしい。深い。大人が読んでも、とても良い絵本。
松谷みよ子
子どもの頃に何度も読んだ絵本。

もっと知りたいこの仕事人

どんな仕事?
取材・原稿作成:(c)学校ネット株式会社
ヘアメイク:田島加奈子さん/スタイリスト:佐々木敦子さん/衣装:ATURO TAYAMA/アクセサリー:forevermark