• 千葉県に関連のある仕事人

館山市の仕事

海辺の宿うみべのやど 民宿きらくみんしゅくきらく

  • 子供の頃の夢

  • クラブ活動(中学校)

  • 仕事内容

  • 自己紹介

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2018年10月24日)時点のものです】

海辺の宿 民宿きらく


仕事人記事

海辺の宿 民宿きらく「健康で明るく」

わたしたちは海辺の宿 民宿きらくに行ってきました。
仕事ないようは食事の用意,そうじ,ベッドメーキングです。
ここは,まり,つかれをやすところです。52年前からやっています。かなり昔からやっているんだなと思いました。

今回体験したこと

今回体験したことはそうじとベッドメーキングです。そうじでは,食堂のそうじ機をかけるときと,部屋のそうじ機をかけるときが大変でした。ベッドメーキングでは,1人では大変だったけど,2人でやったらスムーズでした。そうじは,みなで協力するものだとわかりました。
ぼくたち3人でもこんなに大変なのに,いつもの日はもっと大変なんだなと思いました。

きらくQ&A

次に,しつもんをしました。
仕事をしているときに大切にしていることは,お客様が来たときにれいにしていることだそうです。
この仕事にいたきっかけは,前の代からやっていたからだそうです。
また,健康に気をつけて働きたいと聞きました。あらいを大切にしているということも聞きました。

働くということは

最後に思ったことは,店長さんはつねがおせっしていることでした。だから,体験してきたときは,自分もがおで,げんが良くなりました。
また夏期には,80人もまりに来るそうです。ぜひ,みなさんもまりに来てみてください。

(※以下はじんごとのまとめ)

わたしはこの体験をして,お客様には明るくせっしているということを知りました。イライラしても,かんじょうに出さないことが大切だと思いました。また,前向きに生きるということも大切です。わたしは学校生活に前向きに生きるということを生かしたいです。

○きらくは,すごく相手しきを持っていました。だから,お客様を大切にできるんだなと思いました。すごく明るくせっしていたので,ぼくもそういう姿すがたを見習いたいなと思いました。

○ぼくは,きらくで相手しきを学びました。相手しきとは,部屋をれいにすることとみなが食堂をれいにすること,みなが使うところをれいにすることだと学びました。これらが相手しきです。

  • 取材・原稿作成:館山市立北条小学校5年生

もっと知りたいこの仕事人

  • 特集ページ

    わたしたちの館山市