仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

愛媛県に関連のある仕事人
1972年 生まれ 出身地 愛媛県
せいかてんけいえい生花店経営
永島ながしま 康功やすのり
子供の頃の夢: アナウンサー
クラブ活動(中学校): 野球部
仕事内容
お花を仕入れて売る
自己紹介
好奇心こうきしん旺盛おうせいで新しい物や事が大好きで、とにかく元気でした。時間があれば映画えいがを見に行きます。

※このページに書いてある内容は取材日(2009年09月28日)時点のものです

生花の販売はんばい

生花の販売

わたしの仕事は主に生花の販売はんばいと配達ですが,花束や花籠はなかごを作ることもします。また,冠婚かんこん葬祭そうさいや生け花教室のお花を準備じゅんびしたり,個展こてん用のお花を仕入れたりして配達します。花は市場から仕入れていて,松山の市場からは月・水・木・金の午後に配達される予定ですが,相手先の都合もあって,夜おそく配達がある時もあります。大阪おおさかの市場からは火・木・土にとどきます。大阪おおさかからとどく花は,品質ひんしつ保持ほじのために朝8時くらいに宅配たくはい営業所えいぎょうしょまで取りに行っています。店にはいつも20種類くらいの花があり,11月~5月は花が多いので,もっとたくさんあります。春と秋のお彼岸ひがん,おぼん,年末,卒業・入学時期,母の日がいそがしく,仕入れる量も多くなります。店は母と二人で経営けいえいしています。

配達と仕入れ

配達と仕入れ

朝,8時から開店の準備じゅんびをします。まずお店の日誌にっしを見て配達や注文の確認かくにんをします。前もって予約されていた配達は開店の9時までになるべく配達するようにしています。花の手入れは毎日していて,花を入れているおけあらって,水をえます。いたんだりれたりしている葉があれば取って,水切り(水の中でくきを切り直すこと)をします。水切りすることによって,花の持ちが良くなります。そして,水えが終わった花を店頭にならべます。昼からは,仕入れの準備じゅんびをしたり,電話で注文が入れば配達に行ったりします。葬儀そうぎがあれば朝から花を作ってとどけるので,とてもいそがしくなります。18時30分の閉店後へいてんご,次の日の準備じゅんびをしますが,葬儀そうぎ結婚式けっこんしきがあればおそくなります。

生きものなので管理が大変

生きものなので管理が大変

動物はおなかが空いたりいたい時には,えたり鳴いたりしてくれますが,花は反応はんのうがない生きものなので管理が大変ですね。店内にある花は5日以内に販売はんばいするようにしていて,室内の温度は,夏は23℃以下に設定せっていしています。冬は花がいたむので暖房だんぼうをつけません。だから寒いですし,水えの時は水が冷たく手がれるので,ハンドクリームが手放せません!冷蔵庫れいぞうこの中には暑さが苦手な花や,花をかせるのをおくらせたい花を入れていて9~11℃で管理しています。夏と冬では温度差があるので,水の量を変えて調整しています。水の中に栄養剤えいようざい防腐剤ぼうふざいなどを入れたこともありましたが,ぎゃくにダメになる花もあり,やっぱり地元・西条さいじょう市の名水「うちぬき」が合っているんだと感じました。それからは水の中には何も入れていません。火曜日が休みですが,大阪おおさかからの仕入れがありますし葬儀そうぎの予定は急に入るので,休みにならない時もよくあります。電話がかれば,すぐに対応たいおうできるようにしているのであまり遠出はできないですね。

お客さんに喜んでもらえる

お客さんに喜んでもらえる

お客さんにめてもらうことや,喜んでもらえることが一番のやりがいです。結婚式けっこんしきであれば,新郎しんろう新婦しんぷさんに喜んでもらえます。友達の誕生日たんじょうびやお見舞みまい用など男女問わず買いに来てくれます。母の日やお母さんの誕生日たんじょうびに花を買いに来てくれる子どもさんがいますが,小銭こぜににぎりしめて自分が持っているお金と見合わせながら花をさがしている姿すがたを見るとうれしく思います。西条さいじょう市の子供こどもたちを観察していると大体青っぽい花を好んで買っていきます。面白いですよね(笑)。お客さんの笑顔が見られることが魅力みりょくですね。ペーパーやリボンでラッピングすると花の保護ほごになりますし,見た目もはなやかになり,花の色合いが綺麗きれいに見えるようになります。いつも花が美しく見えるように考えています。

人とれ合う

人と触れ合う

仕事をする上で,人とのれ合いを大事にしています。売ることは大切ですが,まずお客さんとのコミュニケーションを取れるように心がけています。気軽にお店に立ちってもらえるとうれしいです。そのためにも謙虚けんきょせっするようにしています。花は色合いや組み合わせで雰囲気ふんいきが変わるので,目的や場所によって花を選ぶようにしています。会議などであれば,赤など奇抜きばつな色はけてピンクやオレンジや黄色などやわらかい色を選びます。クラシック音楽が花のために良いと聞いてお店でもかけていますが,わたしもゆったりとした気持ちになり落ち着きます。

年末の手伝いが楽しかった

年末の手伝いが楽しかった

高校卒業後は,別の会社で働いていましたが,19さいで花屋になりました。小さい時は,「花が好き」とは思いませんでしたが,花屋になって何年かってから花が好きになりました。学生の時,年末に実家のお店の手伝いをしていて,お客さんと話をするのが楽しかったですね。最近,男性だんせいの花屋さんもえてきました。生け花を勉強するために3年間(週に1回)教室に通いました。同じ花でも産地によって日持ちなどがちがいます。ちなみにわたしさくらの花がとても好きです。新種の花がたくさん出ているので,雑誌ざっしや本を見て勉強しています。今まで,葬儀そうぎが主な仕事だったので,これからは結婚式けっこんしきの仕事をたくさんしていきたいと思います。

体を動かすことが好き

体を動かすことが好き

子どものころは,とにかく遊んでいる時が楽しかったです。友達がたくさんいたので学校に行くことも楽しみでした。でも,先生によくおこられていましたね(笑)。みんなでソフトボールをしたり,川が近かったので川辺にあるグラウンドで野球をしたり,夏は川で泳いでいました。家の中で遊ぶことは少なく,外で体を動かすことが好きでした。子どものころ祖父そふにアナウンサーをすすめられていたので,アナウンサーになりたかったですね。

「自分らしさ」を持って生活する

「自分らしさ」を持って生活する

時間は絶対ぜったいもどすことができません。私自身わたしじしん,どんな時でも自分らしさを持って生活していこうと思っているので,みなさんにも「自分らしさ」を持って生活してしいです。個性こせいばしてください。新しいことをすることはむずかしいですが,新しいことをすれば,今まで気付かなかった可能かのうせいに気付くこともできます。今できることをしっかりやってもらいたいです。そして,ルールを守って色々いろいろなことに挑戦ちょうせんしてください。

ファンすべてを見る

(千葉県 小6)
(北海道 小4)
(千葉県 小5)
(北海道 中1)
(奈良県 小6)
(東京都 小6)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

美輪 明宏
落ち込んだり、難問にぶつかったりした時に読むと心が落ち着く。
取材・原稿作成:西条市産業振興課 加藤、編集:(c)学校ネット株式会社