仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

愛媛県に関連のある仕事人
1963年 生まれ 出身地 愛媛県
柳原章寿やなぎはらあきとし
子供の頃の夢: 中学校教師
クラブ活動(中学校): 吹奏楽部
仕事内容
高校で商業を教える
自己紹介
良く言えば親切、時と場合によってはおせっかいな性格、何にでも首を突(つ)っ込(こ)む好奇心(こうきしん)のかたまり。

※このページに書いてある内容は取材日(2007年09月07日)時点のものです

世の中のお金や商品の動きを教える

わたしの仕事は,高校で商業科目を教えています。高校には入学試験を受けて合格ごうかくした生徒しか入ることができませんけど,入ってきた生徒に対して勉強を教えています。高校にも,国語,数学,社会,理科,体育,家庭,音楽,美術びじゅつといった様々さまざまな科目がありますが,その中で,わたしは商業科目という簿記ぼきとか情報じょうほう処理しょりとか,世の中のお金や商品の動きを教える科目を教えています。小学校のときにも,「働く人々ひとびと」や「街でこんなことをやっています」といったことを教えてもらった記憶きおくがあると思いますが,高校の商業科目では,それをもう少しくわしくしたことを教えています。ちなみに商業の先生になるためには,経済けいざいけいの大学(経済けいざい学部,経営けいえい学部,商学部)に進学することが必要です。そこで一生懸命いっしょうけんめい勉強して,先生になるための試験を受けて,その試験に合格ごうかくすれば商業の先生になることができます。試験に合格ごうかくしなければならないのは,他の科目の先生になる場合でも同じです。

なかなか早く帰れないけど充実(じゅうじつ)した1日

毎朝,学校には8時過じすぎに来ます。それから先生方の朝礼があって,朝礼が終わってからショートホームルームといって,担任たんにんの先生と生徒とがその日1日のスケジュール確認かくにんや健康チェックをする会を行います。わたしも今年は担任たんにんをしていますので,毎朝教室に行って,受け持ちの生徒の健康チェックと1日のスケジュールについて話をしています。それから,高校の場合は,各専門せんもんの先生が授業じゅぎょうを行うようになってますので,国語なら国語の専門せんもんの先生,数学なら数学の先生が授業じゅぎょうをします。わたしは商業科目が専門せんもんですので,時間になったら担当たんとうの教室に行って授業じゅぎょうをしています。授業じゅぎょうが終わったら,それぞれの先生が担当たんとうの部活動に行って,部活動の指導しどうをしています。部活動によってちがいはありますが,5時,6時,おそい部活では7時くらいまで活動をしています。それから明日の授業じゅぎょう準備じゅんびを行ったり,いろんな書類を書いたりして,なかなか早く帰ることができないのが現状げんじょうです。

生徒の身体の調子や変化する世の中に対応する

生徒の身体の調子や変化する世の中に対応する

わたしの仕事では生身の人間を相手にしますので,その日の生徒の気分とか身体の調子によって,授業じゅぎょう理解度りかいどが悪かったり気分が悪くなったりもします。したがって,その日の生徒たちの調子によって授業じゅぎょうを組み立て直したりしなければならないこともありますので,そういうところは大変です。また,日々ひび世の中は変化してますので,教科書に書かれている情報じょうほうが古かったりすることもあります。いつも新しい情報じょうほうさがして,それをどうやって生徒に伝えようかとなやんでます。

いつか立派な大人に成長して欲しい

この仕事で感じる小さな喜びは,授業じゅぎょうが1時間終わった後に,「今日の授業じゅぎょうがよくわかった。わかりやすかった。」と言ってもらえることです。この仕事をやっていて感じる一番の大きな喜びは,卒業した後に生徒がたずねてきてくれて,「あの時,先生が言っていたことがこの年になってやっとわかった。社会人になって役に立っている。」と言われることです。つい最近,4年前に卒業した子がたずねてきて,その子は今回実家をぐことになったみたいですけど,「何事も一生懸命いっしょうけんめいがんばらなければ,世の中信用がついてこないよ。」とわたし常々つねづね言ってきたことが,今回実家をぐことで理解りかいできたという話を聞いて,言い続けてよかったなと思いました。

難しい表現を簡単な表現に変える

難しい表現を簡単な表現に変える

教員はいろんな知識ちしきを生徒に教えるわけですから,なるべくむずかしい言葉も簡単かんたん表現ひょうげんに変えて,生徒の心に一生残るような印象深い授業じゅぎょうをしたいと心がけています。私自身わたしじしんが努力していることは,NHK総合そうごうで土曜日の午後6時10分から「週間こどもニュース」という番組をやってますが,それをなるべく見るようにして,その中で使われる言葉などを吸収きゅうしゅうして,それをできるだけ授業じゅぎょうの中で使うようにしています。わたし授業じゅぎょうの対象者は高校生ですが,小学生にでもわかるような表現ひょうげんを使うことで,むずかしい授業じゅぎょうでもわかりやすくなるんだと信じて努力しています。

より深い経済について生徒に教えたい

中学2年生のときに,元々もともと社会が好きだったんですけど,中学社会の先生になろうと決意しました。先生になりたいために,高校もそういう方向で選びましたし,がんばって入った大学も経済けいざいけいの大学でした。そこで経済けいざいのことを勉強していくうちに,「社会の先生もおもしろいけど,よりくわしい経済けいざいの勉強を生徒に教えれるようになったら楽しいんじゃないだろうか。中学校より高校の方が,人生について生徒と深く考えることができるんじゃないだろうか。」と考えるようになり,始めは中学社会の先生になろうと勉強してたんですけど,大学3回生の時に,改めて高校の商業の先生になるように決意し,勉強し始めました。

放課後学校を追い出されるまで遊んでいた

放課後学校を追い出されるまで遊んでいた

わたしが小学生のころは,まだ学校も木造もくぞう校舎こうしゃ冷暖房れいだんぼうもありませんでした。だから,夏は暑いし冬はすきま風が環境かんきょうでしたので,みんなかたって生活して,比較ひかく的仲が良かったように思います。まだまだじゅく通いの子も少なかったので,みんな放課後学校に残って,おにごっこや鉄棒てつぼうなどで遊んでました。学年が上になるに連れて,自分たちで新しい遊びも考えてやってたように思います。その中で,ルールを自分たちで決めたら守らないといけないし,守らないとケンカになったりおこられたりもします。そのような経験けいけんを通して,社会の基本きほん的なルールを学んだように思います。わたしじゅくにも通ってませんでしたし,放課後,学校を追い出されるまで遊んでましたし,どちらかと言うと,勉強よりも積極的に前に出て遊んでいたタイプの子でした。

よく遊び,よく学べ!

昔から「よく遊び,よく学べ。」と言います。よく遊ばないと,学べないと思います。最近の子どもたちを見ると,知識ちしきを得るのはつくえの上やインターネットが多いようですが,やはり,いろんな人と遊んでいろんなことを経験けいけんして,その中から知識ちしきは自然と付いてくると思いますので,とにかくみんなで遊んでください。土にまみれて,あせにまみれて遊ぶのがいいと思います。また,今の小学生は情報じょうほうがありすぎて,どれを選択せんたくしていいのか分かりにくいと思いますが,あまりいろんな情報じょうほう詰め込つめこみすぎると反対にわかりにくいと思いますので,今本当に必要だなと思う情報じょうほう以外は見ない方がいいかもしれません。今必要な情報じょうほうを選んで吸収きゅうしゅうしてみてください。

ファンすべてを見る

(静岡県 小6)
(新潟県 小6)
(大阪府 中1)
(福島県 中1)
(岡山県 中1)
(岡山県 中1)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

あまんきみこ
とにかく泣けます
太宰治
人生について考えさせられます

もっと知りたいこの仕事人

どんな仕事?
取材・原稿作成:西条市産業振興課 大久保、編集:(c)学校ネット株式会社