仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

愛媛県に関連のある仕事人
1973年 生まれ 出身地 愛媛県
さかやけいえい酒屋経営
村上むらかみ 陽一郎よういちろう
子供の頃の夢: 酒屋
クラブ活動(中学校): 柔道部
仕事内容
酒を仕入れ、販売・配達する
自己紹介
たぶん、真面目まじめだと思います。曲がったことがいやな方なので、家族にはイヤがられるかも。休日は、家族とごします。

※このページに書いてある内容は取材日(2009年12月02日)時点のものです

お酒を売る

お酒を売る

私の仕事はお酒の仕入れ,お店での販売はんばい,それから配達です。日本酒・焼酎しょうちゅう・ワイン,全てにおいてこだわりのお酒を仕入れています。お店には多い時で1日50人くらいのお客様が来られ,個人こじんのお客様と50~60けんの飲食店にお酒を配達しています。私の店には2,000種類のお酒があります。昔はビールばかりを陳列ちんれつしていましたが,今ビールは店全体の販売はんばい量の3割弱わりじゃくです。以前は日本酒が良く売れていましたが,今は日本酒より焼酎しょうちゅうし上がる方が多くなっています。品数は取引がしやすいワインが一番多いです。また,お酒を作っている蔵元くらもとから直接ちょくせつお酒を仕入れていて,その時に「対面販売はんばい直接ちょくせつ売って下さい」とおっしゃる蔵元くらもともあります。ですから,私の店ではインターネット販売はんばいはしていません。お酒の試飲会しいんかいが春と秋にあり,関西や九州の蔵元くらもとに行って味をたしかめたりもしています。

仕入れと配達

仕入れと配達

店が朝9時に開くので,8時30分から仕入れ先にお酒の注文をして,店頭に商品をならべます。お客様からは電話やFAXで注文が入ることが多いです。午前中は主に仕入れ・注文された商品の準備じゅんびなどをしています。午後から配達の準備じゅんびをして,14時くらいから夕方まで配達に出ます。だいたい3~7日に一度配達するお店が多いのですが,生ビールを出しているお店には毎日配達に行きます。配達した時に,配達先のお店に少なくなったお酒を確認かくにんして,仕入れの提案ていあんをすることもあります。注文件数けんすうが多いと19時くらいまで時間がかかることもあり,午後からの配達はいそがしいです。店は20時まで営業えいぎょうしています。

お客さんに迷惑めいわくをかけない

お客さんに迷惑をかけない

以前,間違まちがった商品を配達したり,商品が足りなかったりしたことが何度かありました。ですから,お客様に迷惑めいわくをかけないことを心がけています。時々ときどき失敗はありますが,助け合って仕事をすることが大切です。また,日本酒には賞味期限きげんがありません。温度が高い場所や光の当たる場所がダメなので,冷暗所で酸化さんかしないように保管ほかんします。管理が良ければ,ずっと美味しいままです。それから,お中元ちゅうげん・お歳暮せいぼの時期はいそがしいです。3人で仕事をしていて人手が足りず,配達に追われて店先に新しい商品をなかなか出せないことがあります。商品についておすすめのコメントを書き,みなさんに色々いろいろなお酒を紹介しょうかいしたいと思います。

すすめたお酒が喜ばれる

勧めたお酒が喜ばれる

人との関わりがこの仕事の魅力みりょくです。お酒は,いやしのために飲む人,つらい時に飲む人,仲間で集まって飲む人・・・様々さまざまな場面で飲まれます。私がすすめたお酒が美味しかったと喜ばれると,間違まちがってなかったなぁとうれしくなります。お客様から教えていただくこともたくさんあり,お酒を通して色々いろいろな人と会話ができることは楽しいです。また,四国の食材には四国のお酒が合うと思います。こだわりの商品を求めて遠くから店に来てくださる人がいますが,ありがたいことです。

「本物」の商品をそろえる

「本物」の商品を揃える

お客様に「本物」の商品を仕入れて,提供ていきょうすることを大切にしています。蔵元くらもとせっすることにより,たしかな商品を仕入れることができます。また,色々いろいろ情報じょうほう交換こうかんすることもできます。インターネットなどで,たくさんの意見を簡単かんたんに手に入れることができますが,本当に信用できるのは生の声です。人との関わりを大事にしたいです。流行に敏感びんかんになるようにつね情報じょうほうを取り入れるようにしています。家族で店を営業えいぎょうしているので,いつもおたがいに相談しながらうまく仕事ができるようにしています。そして,誠心せいしん誠意せいいお客様にせっすることができるように心がけています。

家業かぎょういだ

家業を継いだ

私はお店の店長としては3代目になります。はっきりとは覚えていませんが,物心が付いた時には,家業かぎょうぎたいと思っていました。お酒が好きということが一番の理由ですが・・・,父のお酒に対する姿勢しせいあこがれていました。大学生の時には,就職しゅうしょく活動ではなく,ワインについての勉強を一生懸命いっしょうけんめいしていました。そして,日本ソムリエ協会認定にんていの「ワインアドバイザー」の資格しかくを取りました。ソムリエとワインアドバイザーは,試験内容ないようは同じで仕事内容ないようことなり,ソムリエは飲食店でワインを提供ていきょうする仕事,ワインアドバイザーはワインやアルコール飲料の輸入ゆにゅう販売はんばいをする仕事です。資格しかくがあることで仕入先の方と話がり上がることもありますし,お客様に安心感を持っていただくことができます。

店の手伝いをしていた

店の手伝いをしていた

私は真面目まじめな子どもでした。ゲームがあまり好きではなかったので,友達と野球をしたり外で遊んだりすることが多かったです。小さい時は,店の手伝いをしていました。中学生のころから,夏休みや冬休みは配達について行っていましたね。人と会ったり話したりすることは苦手で,ずかしがり屋です。店をぎなさいとは言われていませんでしたが,なんとなく小学生のころから家の店をぐんだろうなぁと思っていました。

「本物」を知ってほしい

「本物」を知ってほしい

芸術げいじゅつだけにかぎらず,聞くこと,見ること,そして食べること,色々いろいろな物に対して「本物」を知ってしいですね。今は,コンビニやスーパーで手軽にお弁当べんとうやお菓子かしを買うことができます。それは,とても美味しいのですが,その中には化学調味料が使われて本当の食材の味や良さが分からない物もあります。本当に良い物を美味しいと思えなくなり,味覚みかくくるうことはこわいですね。だからどんどん,「本物」にれていってください。また,自分のやりたいことを,情熱じょうねつを持ってやってしいです。その中で楽しさを発見してください。

ファンすべてを見る

(愛媛県 中1)
(北海道 小4)
(東京都 小4)
(兵庫県 小6)
(千葉県 小6)
(岩手県 小6)
※ファン登録時の学年を表示しています
取材・原稿作成:西条市商工労政課 加藤、編集:(c)学校ネット株式会社