• 千葉県に関連のある仕事人

館山市の仕事

末吉印房すえよしいんぼう

  • 子供の頃の夢

  • クラブ活動(中学校)

  • 仕事内容

  • 自己紹介

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2018年10月24日)時点のものです】

末吉印房


仕事人記事

すえよしいんぼう「お客さんの喜び」

わたしたちはすえよしいんぼうへ仕事体験に行きました。テーマは「お客さんの喜び」です。
すえよしいんぼうは,はんこを作り,売るところです。80年間続けていて,今は三代目の福原ふくはらさんです。はんこを買ったり作ったりしてもらうために,学校の先生や会社の社長さんなどが来ます。実印と銀行で使うはんこがよく売れます。実印とは人の名前などのはんこです。
次に,仕事ないようです。はんこを作ることや売ることがほとんどです。はんこの文字は,どのようなものがよいのか注文をうけて,注文通りにはんこを作ります。

今回体験したこと

今回体験したことは3つあります。1つ目は,はんこの文字を考えて書くことです。2つ目は,はんこをほることです。3つ目は,ゴム印の文字を書くことです。文字はレーザーでほって作ります。そしてできたゴム印をはさみで切ります。最後に強力な両面テープで木につけます。

すえよしいんぼうQ&A

次に,しつもんをしました。
仕事をするときに大切にしていることは,お客さんの気持ちを考えてやることだそうです。
仕事にいた理由は,代々続けていて子どものころからやると決めていたそうです。お客さんが喜んでくれるような社員を目指して仕事を続けているそうです。
また,10年間しゅぎょうをしたそうです。はんこをほることや文字を書くしゅぎょうをしたそうです。お客さんにどうしたら喜んでもらえるのかを考えるのが一番大変だそうです。
集中力を切らさないようにするには,長い時間やらず少しずつ時間を区切りながらするのがふうだということです。

働くということは

働くということは,自分でなくお客さんがどうしたら喜んでくれるのかを考えることだと思いました。

(※以下はじんごとのまとめ)

○ぼくは,お客さんの気持ちを考えてせっきゃくをしたり,好みを見つけたり,細くてむずかしくてもはんこを作るのがすごいと思いました。相手を考えて,学校生活に生かしていきたいと思います。

○ぼくは,初めは希望していなかったところだったけれど,すえよしいんぼうに来て本当によかったと思いました。わけは,1円玉くらいの大きさに16文字書くという仕事で無理かもしれないのに,お客様を悲しませたくないという気持ちでがんばる姿すがたをまねしたいと思ったからです。

○働くということはお客さんへの思いが大切だと学びました。はんこを作るのはすごくむずかしくて1円玉と同じくらいの大きさのはんこに16文字ほどをほるのはすごいと思いました。ほるのも長い時間ではなく,区切りながらするとよいとわかりました。

  • 取材・原稿作成:館山市立北条小学校5年生

もっと知りたいこの仕事人

  • 特集ページ

    わたしたちの館山市