• 東京都に関連のある仕事人
  • 1993年 生まれ

    出身地 東京都

現場監督(機電職)

時松ときまつ 千夏ちなつ

  • 仕事内容

    工事げんで,図面どおり工事が進むよう,作業員にを出し作業を進める。作業員が作業しやすいようにだんりをしたり,安全に働くことのできるかんきょうを整えたりする。

  • 自己紹介

    ほんてきにはポジティブで,いやなことはたらわすれるタイプです。休日は家でゆっくりする日もあれば,ダイビングに行って気分てんかんすることもあります。

  • 出身高校

    日本大学第三高等学校

  • 出身大学・専門学校

    東京海洋大学 海洋工学部

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2018年11月12日)時点のものです】

時松 千夏


仕事人記事

安全に,スケジュール通りに工事が進むようにだんりをする

安全に,スケジュール通りに工事が進むように<ruby>段<rt>だん</rt></ruby><ruby>取<rt>ど</rt></ruby>りをする

わたしは,ようけんせつかぶしきがいしゃで,げんかんとくの仕事をしています。げんかんとくの主な仕事は,工事げんで,安全かつスケジュール通りに図面で決められたものを作れるように,前もってじゅんをしたり,げんで作業員さんにをしたりすることです。例えば,作業の前に,どこに何をつけるかということを決め,あらかじめじゅんをしたり,全体のスケジュールから,1週間,1日のスケジュールを立てて,きちんと期間中に終わらせられるよう,じゅんをしたりします。わたしは入社2年目ですが,わたしたちわかは,毎朝の朝礼や,お昼の打ち合わせの司会進行などの仕事も行います。工事のにもよりますが,わたしが今,たずさわっている「ちんまいトンネル」の工事では, 20数名のしょくいんげんかんとくをしています。
今は,とうきょうわんの中央ぼうてい地区とありあけ地区を結ぶ「りんこう道路南北線」という道路の一部である,大きなちんまいトンネル(海中トンネル)をつくる工事をたんとうしています。トンネルといっても,海底にあなるのではなく,「ちんまいかん」というこうせいわくにコンクリートをじゅうてんさせた大きな箱を作って,船のようにかべて運び,海の中にしずめます。ちんまいかんの大きさは,長さが134メートル,はばが27.8メートル,高さが8.35メートル。それを7つ作って,1つずつ順番にしずめて,海の中でつなげて,最終的に1本のトンネルになります。2016年から始まった工事で,完成は2020年の予定です。

工事で使うための船もつくるしょ

工事で使うための船もつくる<ruby>部<rt>ぶ</rt></ruby><ruby>署<rt>しょ</rt></ruby>

わたしは「でんしょく」として入社し,工事で使うためのせんぱくや機械をせっけい・開発したり,運用えんなどをするのが主な仕事です。今はわかなので,げんかんとくとしてさまざまなげんけいけんしているちゅうです。また,ちんまいトンネルはトンネルをつくる工事ではありますが,ちんまいかんは,海にかべてそうするなど,船をつくるじゅつが多く使われているので,ほかの工事げんくらべ,でんしょくの仕事が多い工事です。そのため,ぼくしょく以外に,わたしふくめた数人のでんしょくがこのげんはいぞくされています。
わたしは入社してからこのげんはいぞくされ,ちゅう,ほかのげんおうえんに行った時期もありましたが,約1年半,ほぼこのげんにいます。午前7時30分から午後5時までがげんでの作業で,ちゅう,1時間のお昼と30分のきゅうけいが入ります。その日のげん作業が終わったら,しょもどり,次の日のじゅんをして,家に帰ります。
げんでのわたしたちげんかんとくの主な仕事は安全管理やひんしつ管理です。わたしが主にたんとうしている安全管理は,日々の作業のないようにっに記録したり,クレーン作業の周りをカラーコーンで区切って,けんな場所をたちいりきんにしたり,作業員さんが安全に通る道をかくしたりしています。

安全管理のために起こりうるを書き出して,あんぜんせいひょうをする

安全管理のために起こりうる<ruby>事<rt>じ</rt></ruby><ruby>故<rt>こ</rt></ruby>を書き出して,<ruby>安<rt>あん</rt></ruby><ruby>全<rt>ぜん</rt></ruby><ruby>性<rt>せい</rt></ruby>の<ruby>評<rt>ひょう</rt></ruby><ruby>価<rt>か</rt></ruby>をする

日々の作業ないようは安全にっに書き,その作業をしている間,どんなことが起きるとあぶないか,が起こるのうせいはどれくらいかなど,こうもくごとに点数をつけていきます。その結果をもとに,作業をする上でどんなことに注意をするべきか作業員さんにかくにんし,ないようが合っているかをチェックします。毎日,朝礼やお昼のミーティングでけんなことは周知して,特にあぶないところには,けいして知らせます。
工事を進めるなかで,作業員さんにいろいろしつもんされることも多いのですが,わたしけいけんが浅いため,まだまだわからないこともあります。げんの安全管理のためにも,わからないことがあれば,そのたびに必ず上司やせんぱいかくにんしてから,答えるようにしています。

げんの仕事は体力勝負,寒さたいさくばんぜん

<ruby>現<rt>げん</rt></ruby><ruby>場<rt>ば</rt></ruby>の仕事は体力勝負,寒さ<ruby>対<rt>たい</rt></ruby><ruby>策<rt>さく</rt></ruby>も<ruby>万<rt>ばん</rt></ruby><ruby>全<rt>ぜん</rt></ruby>に

わたしは大学で土木をせんもんに学んだわけではないので,土木工事に関するしきは,会社に入ってからせんぱいに教えてもらいながら覚えていきました。げんで使われている単語ひとつとっても,土木工学科出身の人は知っていても,わたしは本当に何も知らなくて,最初はセメントとコンクリートのちがいもわからず,覚えるのが大変でしたね。じょせいの人数はまだだんせいくらべて多くはないですが,今いるしょでは,同期に1人とこうはいに1人じょせいがいて,何かあれば相談しています。
この仕事は体力を使います。げんに出ているときは,朝も早く,夜もおそくまで作業があることもあります。ちんまいかんつくるときはとても広い「ドライドック」の中を一日中動き回っていることも多いので,つかれてしまうこともありました。また,冬の屋外作業はとにかく寒いので大変ですが,ダウンジャケットを着こんだり,温かいお茶を持って行ったりしてしのぎます。

自分のした仕事の意味がわかるとうれしい

自分のした仕事の意味がわかるとうれしい

仕事を始めたばかりのころは,正直よくわからないまま,言われたとおりに仕事をしていた部分もありました。「何のためにこの部品を取り付けているのだろう」ということもよくありました。でも,2年目になって,じっさいに取り付けた部品が使われていたりすると,「これはこのために取り付けていたんだ」と改めてわかるんです。自分がしたことの意味がわかったときは,うれしかったですね。今のげんの工事が終わるのはまだ先ですが,完成したら,改めてちがう喜びがあるのだろうと思います。
げんいっしょに仕事をしていた作業員さんとひさしぶりに会うと,うれしくなりますね。入社するまでは,げんの作業員さんにはちょっとこわいイメージもありましたが,全然そんなことはなくて,みなさんやさしく教えてくれて,いい方ばかりです。げんに出ているときは楽しいですよ。時期によっては,しょ内で,次に行う工事のけんとうをするのですが,一度げんけいけんした後は,何のための作業かがよくわかるので,それも楽しいですね。

大きいものをつくりたい,いろいろな場所へ行きたいとけんせつぎょう

大きいものをつくりたい,いろいろな場所へ行きたいと<ruby>建<rt>けん</rt></ruby><ruby>設<rt>せつ</rt></ruby><ruby>業<rt>ぎょう</rt></ruby>へ

小さいころからものを作るのが好きで,けいの科目が好きだったので,けいで何かつくるのを仕事にしたいと,海洋工学部に進学しました。わたしの通っていた東京海洋大学は,海に関することが学べるそうごう大学で,海の生物やかんきょう,船に関する研究などができます。わたしもそこで,ぞうせんに関するじゅつを学びました。
しゅうしょく活動をしていく中で,なんとなく大きいものをつくりたいなと思うようになりました。わたしのいた大学で大きいものをつくりたいというと,ぞうせんじょを目指す人が多いのですが,ぞうせんじょの工場は全国にたくさんあるわけではなく,一度そこで働き始めると,ずっと同じ場所でのきんになります。そうなると,もし自分に合わなかった場合に,ちがうところに行けないなという思いもあり,けんせつぎょうなら,いろいろなげんへ行って,いろいろなところを見られると思ったのが,この仕事をぼうしたきっかけです。
わたしきんするようけんせつという会社は,海洋土木工事を主に手がけるけんせつ会社です。その中でわたししょくしゅは「でんしょく」といって,起重機船というクレーンがついた船など,工事で使用する船のせっけいや開発もするしょくしゅで,大学で勉強したことともつながるため,入社を決めました。

手芸や工作,ものづくりが好きな子ども時代

手芸や工作,ものづくりが好きな子ども時代

子どものころは,家にいるほうが好きで,何か作ったり,本を読んだりするのが好きでした。手芸クラブに入ったり,工作をしたりしていました。他の女の子がおままごとをしているときに,わたしすなあそびとか,そういうことばかりをしていたようです。本は小さいころから好きで,近所の友達と,月に一回バスに乗って,ちょっとはなれたところにある図書館に行くのが楽しみでしたね。アドベンチャーやSF小説が好きで,『ダレン・シャン』や『ハリー・ポッター』などのシリーズをよく読んでいました。
中学生くらいのころは,数学が一番得意で,進路はけいだなと思っていました。高校の物理の先生もとてもいい先生で,わかりやすく教えてもらえたので,物理が好きになりました。
子どものころは家が好きでしたが,大学のじゅぎょうで,遠泳実習でちょうきょを泳がされたり,乗船実習といって,1か月間船に乗り続けるじゅぎょうがあったりしました。その結果,ちょっとアクティブになって,外で遊ぶようになってダイビングがしゅになり,今でも休みにはいろいろなところにもぐりに行っています。

やりたいと思ったことはやってみよう

やりたいと思ったことはやってみよう

みなさんは,勉強もしないといけないでしょうが,きょうをもったことに対して,時間をついやせる時期だと思います。ですから,なんでもやってみてください。いろいろなことにチャレンジしたらいいなと思いますね。
わたし自身,もっといろいろやっておけばよかったなというこうかいもあります。例えば,中学生のときは,大学生になったら世界さんめぐりをしたいと考えていましたが,大学生になると結局いろいろあってできませんでした。したいと思ったことは,できるうちにしたほうがいいと思います。ばくぜんとでも,やりたいと思ったことがあれば,やってみてください。

  • 取材・原稿作成:東京書籍株式会社/協力:一般社団法人 日本建設業連合会,五洋建設株式会社

私のおすすめ本

  • 光の帝国 常野物語

    恩田 陸

    高校生のころ,友人からの薦めで読んだ本で,不思議な力を持つ常野一族をめぐる短編集です。このシリーズは本当に面白くて,社会人になった今でも何度も読み返しています。