仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

愛媛県に関連のある仕事人
1957年 生まれ 出身地 宮崎県
いし(ないか・いちょうか)医師(内科・胃腸科)
年森としもり つかさ
子供の頃の夢: 獣医師
クラブ活動(中学校): 野球部
仕事内容
患者さんを診察し、病気を治療する
自己紹介
けんかをすることがなく、おっとりした性格せいかく。自分にはきびしく頑固がんこで、コツコツと積み重ねていくことはきらいではない。料理もふくめて物を作ることが好きで、日曜大工・庭の手入れ・ジョギングが趣味しゅみ

※このページに書いてある内容は取材日(2009年09月17日)時点のものです

病気の治療ちりょう

病気の治療

わたしは,医師いしとして病気の治療ちりょうをしています。高血圧けつあつ糖尿病とうにょうびょう高脂血症こうしけっしょうなど治りにくく治療ちりょう期間が長びく病気と,風邪かぜ腹痛ふくつうなどの急性きゅうせいの病気の人を診察しんさつして治療ちりょうします。また,病気を予防よぼうするための健康診断しんだんもしています。学校医をしているので入学時や修学しゅうがく旅行へ行く前,それから保育園ほいくえんの健康診断しんだんもします。わたしは内科と胃腸科を専門せんもんますが,怪我けがをした患者かんじゃさんも来ます。骨折こっせつ患者かんじゃさんが来た場合,レントゲンをとって診察しんさつして,骨折こっせつしているのが分かれば整形外科を紹介しょうかいします。内科しかませんというのではなく,自分のできる範囲はんい診察しんさつします。現在げんざい医師いし1名,看護士かんごし4名,事務じむ4名で仕事をしています。わたしは外来の患者かんじゃさんの対応たいおうをしているので,入院や手術しゅじゅつが必要な場合は大きな病院を紹介しょうかいしています。1日に50名くらい診察しんさつしています。

検査けんさ診療しんりょう

検査と診療

朝9時から診療しんりょうが始まります。午前中は検査けんさの予約が入っているので検査けんさ診察しんさつをしています。内視鏡ないしきょう検査けんさ超音波ちょうおんぱ検査けんさなどの検査けんさを受ける前は,患者かんじゃさんは食事を取ってはいけないので,午前中に検査けんさが受けられるように予約をしておきます。検査けんさは一人10分くらいで終わります。午前中の早い時間は,診察しんさつの合間に検査けんさをするという感じです。検査けんさ医師いし診察しんさつ医師いし別々べつべつにいればいいのですが,一人しかいなのであっちに行ったりこっちに行ったり大忙おおいそがしです。血液けつえき検査けんさ以外の検査けんさは,結果がすぐに出るのですぐに説明をしています。午後からは診察しんさつが中心です。受付は18時までで患者かんじゃさんを全員診察しんさつしたら終わりです。カルテや書類は記入もれや間違まちがいがないようにその場で書くようにしています。他の書類も休憩きゅうけい中に仕上げてなるべく後に残らないようにします。病院に来られない人のために往診おうしんに行くこともあります。

見極めて判断はんだんする

見極めて判断する

治療ちりょうに使う機械や道具はどんどん進化していますが,全部が正確せいかくに分かるわけではなく,分からないことはたくさんあります。過度かどに期待されるとこまってしまうこともあります。テレビで「神の手」を持った医師いしの番組が放送されることがありますが,あのような医療いりょうを受けられるのは一部の人で,全ての人が受けられるわけではありません。最近は医療いりょうに関する訴訟そしょうなどが多くなっており,外科医や産婦人科さんふじんか医など訴訟そしょうリスクの高い科を辞めるお医者さんもいます。少しの判断はんだんミスで患者かんじゃさんを大きな危険きけんにさらすこともあるので,診察しんさつには見極めが大切です。機械にたよらない診察しんさつは大変で,急がなければいけない患者かんじゃさんかどうか自分で判断はんだんする力が必要です。病院の医師いしわたし一人なので体調が悪くても休めません。木曜の午後から診療しんりょうは休みですが,健康診断しんだんのために学校へ行ったり講演会こうえんかいや学会(勉強会)に行ったりすることもあります。

感謝かんしゃされること

感謝されること

患者かんじゃさんの病気が治ることや,時間がつと取り返しがつかない病気でも早期発見できて病気が治った時は,この仕事をしていて良かったと思います。患者かんじゃさんに感謝かんしゃされることはとてもうれしいしやりがいです。「病院を紹介しょうかいしてもらったおかげで治りました。ありがとうございました。」と言われるのもやはりうれしいですね。残念ながら患者かんじゃさんがくなることもありますがくなった後,ご家族の方からお礼を言われると一生懸命いっしょうけんめい治療ちりょうして良かったと思います。医師いし免許めんきょには定年がないので,いつまでも続けることができます。わたしは75さいくらいまでは元気で続けたいなぁと考えています。

人として誠実せいじつにする

人として誠実にする

できないことは「できない」とはっきり言うことを大切にしています。できないことを「できる」と言うことは医師いしとして一番してはならないことです。患者かんじゃさんにあいまいに伝えて手遅ておくれにならないように,きちんと説明して大きい病院を紹介しょうかいします。誠実せいじつ対応たいおうすることが一番大事だと思います。病気にならないためには,生活習慣しゅうかんを見直すことが大切です。「暴飲ぼういん暴食ぼうしょくをしない。適度てきどな運動をする。」ということです。わたしは週に3,4回一時間のジョギングをしています。東京マラソンに出たことがあるんですよ。病気で診療しんりょうを休んだことは一度もありません。気分転換てんかんは体にも心にも有意義ゆういぎなことです。

人のためになる仕事

人のためになる仕事

以前は,動物が好きなので動物園の獣医じゅういさんになりたいと思っていましたが,やっぱり人のためになる仕事をしたいと思い,大学の医学部に入り医師いしになりました。兄も医師いしですし,父親は息子が医者になることを望んでいたと思います。大学で医学部に入り,卒業すると医師いし国家資格しかくを受験する資格しかくをもらえるので,国家試験を受けます。合格ごうかくしたら,医師いし免許めんきょをもらうことができます。大学院時代には実験や研究をしていましたが,研究よりも診察しんさつをしたいと思い,大学の医局というところに入りました。そこから三豊みとよ総合そうごう病院,伊予三島いよみしま病院,済生会さいせいかい西条さいじょう病院に勤務きんむした後,平成9年9月から西条さいじょう市で開業しています。開業するためには県の許可きょかが必要です。

毎日外で遊んでいた

毎日外で遊んでいた

子どもの時に習い事をした記憶きおくがありません(笑)。毎日,暗くなるまで外で遊んでいましたね。家のうらに,材木置き場があったので,その下でかくれんぼをしたり,秘密ひみつ基地きちを作ったりして遊んでいました。今から考えるとあぶないですよね。みなさんは真似まねしないでくださいね。他には友達と野球をしていました。かべに数字を書いてボールを当てて野球の練習をよくしました。コントロールに失敗してまどガラスをったことも何度かあります(笑)。争いごとはきらいだったので,けんかはしませんでした。わたしは無口な方でしたが,一対一できちんと話ができないと医者にはなれないと思います。子どもの時から趣味しゅみをたくさん持っていれば良いと思います。わたしは今,ジョギング以外にも庭の手入れが好きで,バラを育てています。日曜大工もしていて,家の外は自分で作りました。

自分にきびしく,他人にやさしく

自分に厳しく,他人に優しく

やりたいこと,なりたいものは簡単かんたんに決まらないと思います。それに,たとえ一度決めてもそれは「絶対ぜったい」ではありません。よく考えて無理だと思ったら,変えることができます。自分が,苦しくならないようにしてください。でも,「自分にきびしく,他人にやさしく」ということをわすれないでしいですね。簡単かんたんに自分には無理だとあきらめないで,コツコツと努力を積み重ねていくことが大切です。勉強では,得意不得意を作らないように,全部の教科で平均点へいきんてんが取れるように頑張がんばってください。苦手な科目ができないようにバランスよく勉強することが理想ですね。

ファンすべてを見る

(東京都 小6)
(北海道 小6)
(鹿児島県 小5)
(岡山県 小6)
(東京都 小6)
(石川県 中1)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

司馬 遼太郎
司馬 遼太郎
現代が歴史の上に成り立っていることがおもしろく実感できる。
取材・原稿作成:西条市産業振興課 加藤、編集:(c)学校ネット株式会社