• 岡山県に関連のある仕事人
  • 1982年 生まれ

    出身地 岡山県

木材加工業

山本やまもと あきら

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2017年08月29日)時点のものです】

山本 哲


仕事人記事

こうそうのビルも作れるけんちく材料,CLT

<ruby>高<rt>こう</rt></ruby><ruby>層<rt>そう</rt></ruby>のビルも作れる<ruby>建<rt>けん</rt></ruby><ruby>築<rt>ちく</rt></ruby>材料,CLT

わたしは,おかやまけんにわ市にある「めいけん工業」という会社にしょぞくし,「CLT」という新しいけんちく材料を作る工場で,工場長をしています。「CLT」は“Cross Laminated Timber”のりゃくで,なんまいもの木の板を,木のせんの方向が「たて・横」と順番になるように重ね,わせて作る大きなパネルのことです。バランスゲームの「ジェンガ」のように,「たて・横」に木を積み重ねて作ります。いま,とても注目されているじゅつなんです。
CLTはもともと,ヨーロッパで広まったけんちく材料で,日本でCLTが使われはじめたのは,最近のことです。CLTのとくちょうは,木材にも関わらず,コンクリートと同じくらい,こわれにくいこと。たとえば,スギの木は,何も加工しなければ,あまり強い木材ではありません。でも,スギを加工してCLTにすれば,こうそうのビルも建てられるくらい,強度が上がるんです。じっさいに,すでに海外ではCLTとRC(てっきんコンクリート造)としゅうせいざいで18階建てのビルも建てられています。また,みなさんには,「木材はえやすい」というイメージがあるかもしれません。でも,なんまいもの板を重ねて作るCLTは,とてもあつくて,えにくいんですよ。
しんにも,火事にも強いので,CLTはとても安全です。さらに,材料は木なので,建物の中に熱を通しにくく,熱をがしにくいんです。そのため,CLTで作った建物の中では,夏も冬も,かいてきごせます。

CLTができるまで

CLTができるまで

CLTを作るには,まず材料の木の板を「かんそう」させ,次に板を「加工」して板を組み合わせ,板と板をくっつける「あってい」を行います。
まず,せいざいされた木材をかんそうかんそうさせます。かんそうさせた板は,かんながけをして形を整え,ひんしつおうじて,「CLTの表面に使えるきれいな木材」や「表面には使えないが,中身には使える木材」などに仕分けをします。次に,板どうしをつなわせて,1本の長い板に加工します。長くなった板を,もう一度かんながけをして形を整え,長い板と短い板にカットします。
続いてあっていです。木のせんの方向が「たて・横」と順番になるように,こうに,何重にも重ねあわせていきます。重ねあわせる板には,せっちゃくざいをつけて,プレス機で1時間ほどしつけて,固定します。最後に,せっちゃくざいが完全にかわくまで,丸1日ようじょうさせると,CLTができあがります。
完成したCLTを,お客さまの注文に合わせて加工するのも,わたしたちの仕事です。たとえば,「まどを取りつける部分を,くりいておいてほしい」という注文があったとします。その場合,まずは機械で図面に合わせて形をくりき,仕上げの細かい部分の加工と調整は,しょくにんさんがやります。そうやって,注文に合わせてCLTを加工して,しゅっするんです。

すべてに気を配る工場長の仕事

すべてに気を配る工場長の仕事

わたしが工場長をしている工場では,わたしふくめて,約30名のじゅうぎょういんが働いています。その全員を取りまとめるのが,わたしの仕事です。
わたしの一日の仕事は,その日に作るCLTの生産量を決めることから始まります。前の日までの生産量をみて,毎日,予定をしゅうせいしていきます。生産量を決めたら,工場長として,工場の中がいつも安全であるように,管理するのが大切な仕事です。作業げんに顔を出して,機械が問題なく動いているかどうかをてんけんします。また,働いているじゅうぎょういんの体調に問題はないか,などもかくにんします。
さらに,工場見学や,お客さんのたいおうなども,工場長の仕事です。今年(2017年)だけでも,8月までに2000人以上の方が,工場に足を運んでくれました。CLTはこれからはってんしていくじゅつです。CLTをきゅうさせるために,多くの方にCLTを知ってもらうことが,いま一番大事な仕事ですね。

これからはってんしていくCLT

これから<ruby>発<rt>はっ</rt></ruby><ruby>展<rt>てん</rt></ruby>していくCLT

昨年,2016年に,日本のほうりつで,いっぱんてきけんちく材料としてCLTを使用することがみとめられました。わたしがいま工場長をしているCLT工場ができたのも,2016年。CLTも,わたしたちの工場も,ようやくスタートラインに立ったばかりです。CLTは,これから世の中に広まっていく,新しいせいひんでありじゅつです。今後,よりムダのないせいぞう方法の開発やコストのさくげんなど,クリアしなければいけないじゅつてきな課題がまだたくさんあります。
国産CLTの使用を広めるためには,林業全体で協力していくことが必要だと思っています。今の日本の山には,使用されずにあまっているスギがたくさんあります。そうしたスギをCLTに加工して,どんどんゆうこう活用していく。そうすれば林業全体に仕事がえて,日本の林業も元気になります。あまっているスギの木をばっさいすれば,山には新しい木が植林できて,せいされずにれていた山のかんきょうも整えることもできます。つまり,かんきょうの面でもプラスになるんです。

だれちょうせんしたことのない仕事にワクワクする

<ruby>誰<rt>だれ</rt></ruby>も<ruby>挑<rt>ちょう</rt></ruby><ruby>戦<rt>せん</rt></ruby>したことのない仕事にワクワクする

CLTは,もともと,ヨーロッパで開発されたじゅつです。わたしたちがCLTを作るようになるまで,日本でCLTを作っている会社は,ひとつもありませんでした。CLTの作り方もわからなかったですし,CLTを使うためのほうりつもなかったんです。ですからヨーロッパに何度も行って,勉強に勉強を重ねてきました。
大変ではありますが,わたしにとっては,そうした「だれちょうせんしたことがない仕事」をたんとうしていることが,とても楽しいです。いまは,ようやく,日本でCLTを使用するためのほうりつもできて,CLTの実用のためのじゅんが整ったところです。わたしたちの工場の機械も,国内に前例がないので特別に注文して作ったものだったり,新しいことばかりです。でも,自分たちがせいぞうした新しいせいひんが,これから世の中にどんどん広まっていくことをそうぞうすると,とてもワクワクするので,がんばれるんです。

ちがいはゆるされない

<ruby>間<rt>ま</rt></ruby><ruby>違<rt>ちが</rt></ruby>いは<ruby>許<rt>ゆる</rt></ruby>されない

この仕事でぜったいにやってはいけないことは,「ちがい」をしてしまうことです。せいぞうするひんしつかくちがいは,ぜったいにあってはいけないし,CLTの加工をちがえるわけにもいきません。なにより,わたしたちがあつかっているのは,鉄などとはちがって,木という生き物です。同じ人間が二人といないように,同じ木は二つとないんです。そのため,木材を使えば,まったくいっしょせいひんを作ることは,ぜったいにできないんです。そうしたせんさいな材料を使っていても,安定したひんしつのものをていきょうできるように,いつも気をめています。
特に,建物を作るためには,たくさんの人が関わりますし,お金も時間もかかるものです。つうの人にとっては,家を買うのは,一生に一回の,とても大きな買い物になりますよね。そうした大切な買い物のために,わたしたちのせいひんが使われていくんです。だから,ぜったいに,ていきょうするせいひんに,ちがいがあってはいけません。

おさないころから山で遊んでいた

<ruby>幼<rt>おさな</rt></ruby>いころから山で遊んでいた

わたしのうちは,山を持っていました。だからおさないころから山で遊んでいて,山や木が大好きでした。それで,しょうらいは木材に関われるような仕事をしたいと考えていたんです。
高校は,工業高校に通っていたので,林業に関することを学ぶことはできませんでした。また,当時は林業せんもんの大学や学部・学科が少なかったこともあって,大学に進学することはせず,しゅうしょくすることを決めました。わたしは地元が大好きで,地元のぎょうしゅうしょくしたかったのですが,タイミングよく,しょくいんしゅうしていた今の会社を見つけて,しゅうしょくすることができました。大学などに通わなかった分,高校を卒業してから,この会社で働いた数年間は,本当に「学んでいる」という感覚でしたね。いろいろ学ばせてくれた会社にはかんしゃしています。

絵にいたような「田舎いなかの少年」

絵に<ruby>描<rt>か</rt></ruby>いたような「<ruby>田舎<rt>いなか</rt></ruby>の少年」

少年時代は活発で,わんぱくな子どもでした。夏休みは,ほとんど山や川で遊んでいました。川で魚をったり,クワガタをったり,山菜やキノコをって食べたり,そんなことばかりしていましたね。よく,夜になっても家に帰らなくて,親が山に入ってきてさがしにきたりもしました。いつもズボンはどろまみれで,本当に,絵にいたような「田舎いなかの少年」でしたね。いまになって考えれば,そういったおさないころの体験が,この仕事に生きていると思います。山や木材が,大好きになりましたから。
山はなおなので,人間が手入れをしないと,すぐにダメになってしまいます。山を育てれば育てるほど,山のせいたいけいゆたかになる。本当におくが深いんです。もちろん,そういったことに気づいたのは,大人になってからです。しかし,おさないころの体験があったからこそ,そういった山のおくぶかさを,より強く,実感できたのだと思います。

自分の未来は自分で作れる,まずはやってみよう!

自分の未来は自分で作れる,まずはやってみよう!

自然とって,山とって,木材とってもらえれば,木材というのは,本当にいろいろなことに使えるのだと,気づけます。やせばねんりょうになりますし,加工すれば建物や家具になるんです。
みなさんに言いたいのは,みなさんも木材みたいに,何にでもなれるんだということです。みなさんの身のまわりには,チャンスがいっぱい転がっています。そういった,山ほどあるチャンスを,自分でつかみ取って,切り開いていってほしい。自分の未来は自分で作れるんです。
そのために,失敗してもいいから,チャンスがあれば,まずはやってみてください。ずかしがったり,えんりょしたりしないで,自分がパッと前に出てやってみる。そうすれば,「あ,意外と楽しかったな」「案外うまくいったな」と思えるようになります。そうやっていけば,新しい楽しいことが,いくらでも見つかるはずですよ。

  • 取材・原稿作成:東京書籍株式会社/協力:株式会社ファミリーマート,林野庁,認定NPO法人 共存の森ネットワーク

私のおすすめ本

  • ちょっと今から仕事やめてくる

    北川 恵海

    現代社会のリアルな部分が描かれていました。自分も工場のトップとして,従業員のより良い生活,そしてより良い環境作りが一番の業績アップだと考えさせられました。一番幸せな場所,それは不幸から一番離れた場所です。不幸は明確でわかりやすい物なので,できるだけそこから遠くへ行けるよう,努力していきたいと感じました。