仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

東京都に関連のある仕事人
1966年 生まれ 出身地 静岡県
小林こばやし ひろし
子供の頃の夢: 昆虫博士
クラブ活動(中学校): バスケットボール部
仕事内容
本当に役に立つものをつくる。
自己紹介
せきにんかんが強いタイプです。短気でたんらくてきなところもあります。自然が大好きですが,なかなか出かける時間が取れず,休日は仕事と家事をしていることが多いです。
出身大学・専門学校

※このページに書いてある内容は取材日(2020年12月09日)時点のものです

そうちゃくがたのアシストロボット「マッスルスーツ」

装着型のアシストロボット「マッスルスーツ」

わたしは,重いものを持ち上げるときに生じるこしたんらすためのそうちゃくがたアシストロボット「マッスルスーツ」の発案者です。とうきょうだいがく工学部のきょうじゅとして,げんざいもマッスルスーツの研究開発に取り組んでいます。マッスルスーツのはんばいは「かぶしきがいしゃイノフィス」という会社がたんとうしており,わたしは,大学きょうじゅをしながら,イノフィスのとりしまりやくけんにんしています。
マッスルスーツは,リュックサックのようにってベルトをめるだけで,かんたんに身に付けられる機械です。ロボットや機械というと「かたいもの」というイメージを持つ人も多いと思うのですが,マッスルスーツは,おもに「人工きんにく」とばれるやわらかいざいでつくられています。マッスルスーツに使われている人工きんにくはナイロンメッシュとゴムチューブでできており,このなかに空気を入れることで,使用者の動きにはんのうして,まるできんにくのようにグッと力が入ったりだつりょくしたりする仕組みになっているのです。そうちゃくしたじょうたいでものを持ち上げると,マッスルスーツが使用者のこしをアシストするように動力をはっして,つうじょうよりも少ない力で,ラクにものを持ち上げることができます。
ポンプで空気を送りこむだけで使えるため,モーターやでんげんが不要で,軽くてあつかいやすいところ,ぼうすいぼうじん性があるので,屋外で使えるところもとくちょうです。げんざいは,おもに,工場や倉庫など,重い荷物を持ち上げなければいけないげんで活用されています。他に,米や野菜を持ち運ばなければならない農家や,ちゅうごしじょうたいでシーツえやかいじょなどをしなければならないかいせつでもちょうほうされています。

「動けない」をなくしたい

「動けない」をなくしたい

マッスルスーツの仕組みを考え始めたのは,いまから20年ほど前のことでした。当時はAIBO(げんめいしょう:aibo)やASIMOといった歩行がたのロボットが次々と発表され,注目を集めていた時代です。いずれさんぎょうようロボット(※りょうようせっきゃくようなど,サービス業向けロボットのこと)が,自動車産業みのきょだい市場になると期待されていました。
そのとき,わたしが考えたのが,「本当に役に立つロボットとは,どんなロボットなのだろう?」ということでした。歩行がたのロボットをどんなところでもしょうなく歩けるようにつくり,らしに役立てるのはとてもむずかしいことだし,AI(人工のう)も,を持つような,本当の意味でののうと言えるところまでせいのうを高められるかどうかわからない。だったらもっと身近なもの,「“自分が生きるうえでもっともいやなこと”をかいけつするもの」をつくりたいと考えました。
わたしが生きるうえでもっともいやなことは,動けなくなることです。手やうでを動かせなくなることや,歩けなくなることが一番つらい。それで,大学の自分の研究室で,マッスルスーツのげんけいとなる,人のうでや足の動きをじょするロボットの研究開発を始めたのです。その後,研究を進めるなかで,工場で働く人の多くがこしいためていると知って,2006年ごろにはこしじょするロボットの開発に集中するようになりました。そこからはこうさくの連続です。試作機をつくってはテストし,調ちょうせいするということをかえし,少しずつせいのうを高めて,2013年に約100台の試作機が完成。同年12月に,マッスルスーツをはんばいするための会社であるかぶしきがいしゃイノフィスを「大学発ベンチャーぎょう」としてせつりつし,2014年にはせいひんばんほんかくてきはんばいを開始して,今にいたっています。

大学の研究室と会社を行き来する

大学の研究室と会社を行き来する

会社をせつりつしたあとも,マッスルスーツの改良を続けています。より軽くなるよう,外部のコンプレッサー(強いあつりょくをかけて空気を送り出すそう)を使って動かす仕組みから,コンプレッサーを必要としない仕組みにへんこうしたり,多くの人に使っていただけるよう,あんな材料にへんこうしたり。少しでも,軽く,コンパクトで,動きやすく,手に入れやすいかくになるようふうしています。そのかいあって,発売当初は60万円だったものを,15万円ていはんばいできるようになりました。最新モデルの重さは3.8㎏で,じょせいやごこうれいの方でも無理なくそうちゃくできるようになっています。
げんざいは,こうや学生のどうもしつつ,週4日,東京理科大学の研究室で,マッスルスーツの改良をはじめとする,さまざまな研究に取り組んでいます。こうざいきんぞく)を自動でしきべつするぞうしょシステムや,はいせつぶつが飛び散らないようにふうしたちゅうようのトイレ,新しいくさり機など,いくつものテーマの研究開発を行っています。
研究に取り組みつつ,週1日,会社に出て,じゅつ開発関係の会議に参加しています。会議では,マッスルスーツに関する研究のていや課題,成果など,多くのことを社内の関係者にプレゼンテーションし,じょうほう共有をしています。大学では工学部のきょうじゅや研究者として,会社では開発のトップである最高じゅつせきにんしゃとして,つねに「本当に役に立つものをつくる」ということをしきしながら,ものづくりに向き合っています。

50億円のきん調達に成功

50億円の資金調達に成功

イノフィスは大学の研究室から生まれたベンチャーぎょうです。ベンチャーぎょうとは,どくじゅつやアイデアをもとにして,新しいビジネスをてんかいするしんこうぎょうのこと。ぎょうや「ベンチャーキャピタル」とばれるとう会社などからきんていきょうしてもらうことも多いのですが,わたしたちイノフィスも,研究室でコツコツやっていた研究がみとめられ,ぎょうからのしゅっによってせつりつすることができました。その後も定期的にしゅっしてもらい,これまでに約50億円のきん調達に成功しています。
しゅっをしてくれるということは,つまり「売れるものである」「世の中に必要とされている事業である」と見られているということです。しゅっしゃに対してえきをもたらさなければならないため,せきにんは重大ですが,多くの人にささえられて好きな研究をぞんぶんにできるかんきょうがあり,じょうに大きなやりがいとよろこびを感じています。

課題をかいけつする方法をさがし,つねにあがき続ける

課題を解決する方法を探し,常にあがき続ける

大変だと感じるのは,数々の要望にこたえ続けなければならないところです。関係者やお客さまがかいぜんを希望されるところというのはだいたい共通していて,しかも,わたしたち開発者が「わかってはいるけれどかいけつこんなんな部分」であることが多いのです。だからといって「できません」というわけにはいきませんから,かいぜん要望が上がってきたら方法をさがして,とにかくあがき続けるしかないのですよね。
「機械の上部がかたに当たって動きにくい」とてきされたら当たらない形にしなければいけませんし,「スイッチが使いにくい」と言われたら使いやすい仕組みにへんこうしなければいけません。結果的に,マッスルスーツのはいめん部分は四角形から三角形のデザインになり,スイッチは,そもそも使わない仕組みになりました。理由なくつくられた形,理由なくさいようされた仕組みはありません。すべてが必然だと言い切れます。ユーザーの声を大切にしながら調整やこうさくかえし,時間をかけてせいしながらつくっているのです。

役立つものをつくり,パイオニアであり続ける

役立つものをつくり,パイオニアであり続ける

仕事をするうえで大切にしているのは「本当に役に立つものをつくる」こと,それだけです。ろんぶんを書いて終わりではなく,じっさいせいひんをつくって,世に出し,使っていただきたい。使っていただけるようなものをつくりたいと思っています。なぜなら,それが“エンジニアのほんかい”だと思うからです。
他に,「人とちがうものをつくる」ということもしきしています。世の中にはゆうしゅうな人がたくさんいます。世界中に,その道の研究をしつくしたパイオニアがそんざいしているのです。人がやっていることをやるというのは,つまりそのパイオニアを追いかけるということ。つねだれかのなかを追って勉強し続けなければなりません。しかし,自分がパイオニアならば,追いかける必要も,必死で勉強する必要もありません。くらべられることもないわけですよね。昔からけずぎらいだったからだと思うのですが,げんざいも,新しい研究に取り組むときは,まず「他でやられていないこと」をやるようにしています。

半島の自然にかこまれて育った少年時代

伊豆半島の自然に囲まれて育った少年時代

わたししずおかけん半島で育ちました。春はワラビやゼンマイをり,夏はアワビやサザエをって,秋にはくりねんじょる。そんな生活を送る,自然が大好きな子どもでした。大人になってから気付いたのですが,海や山で自然のものをるときに考えなければならないことと,ものづくりをするときに考えなければならないことって,実はすごくているんですよね。目当てのものをるには,どこに行かなければならないか,どんな道具を用意して,どのようにるかを考えなければいけません。ロボットも,どこで,だれと,どんな道具やざいを使って,どう組み立てるかを考えてからつくるものです。いまかえると,わたしは,自然のなかでそうふうをすることで,エンジニアリングを学んでいたのだなと思います。
自然のなかで遊ぶことだけでなく,ものづくりも大好きで,小中学生のころはよくプラモデルをつくったり,ロボットアニメ『マジンガーZ』の絵をいたりして遊んでいました。そのえんちょうで,東京理科大学の工学部に進学し,大学では好きな研究にぼっとうする生活を送っていました。ほんかくてきに研究者としての道を歩むことになったきっかけは,大学院で,研究室の助手をしていた方から,「そんなに研究が好きなら,しゅうしょくせずにこのままはくていに進んだら?」と言われたこと。「せっかくアドバイスをしてくださったのだからそうしよう」とはくていに進み,その後,人工のうの研究で有名なスイスのチューリッヒ大学にりゅうがくしました。1998年にスイスから帰国して,東京理科大学の工学部にもどってこうとなり,じょきょうじゅだった2000年からマッスルスーツの開発を始めました。

いま自分がベストだと思うことをやっていけばいい

いま自分がベストだと思うことをやっていけばいい

生きるうえで大事なのは「考えること」につきると思います。考えて選んだ道であればなっとくできるし,失敗してもかてにできます。その場,その場で,しっかりと考えて,自分がベストだと思うことをやっていけばいい。その積み重ねが道をひらいていくと思うのです。それでもまよって決められない,というときは,人の意見を聞くとよいでしょう。先生でも,家族でも,友達でもかまいません。人に相談してみて,問題をきゃっかんすると,進むべき道が見えてくると思います。
わたしもそうやって,進路や研究テーマを選んできました。すべてのせんたくが正しかったとは思いませんが,「その時々にベストだと思えるせんたくをしてきた」ということだけは自信を持ってだんげんできます。ですから,まよいやこうかいはありません。
やりたいことがある人だけでなく,やりたいことが見つからない人やきょうたいしょうがどんどん変わる人も,まずはシンプルに「いま,ベストなせんたくはなにか」を考えるようにしてほしい。いまを積み重ねることで今日になり,今日は必ず,明日になります。

ファンすべてを見る

(埼玉県 中3)
(茨城県 中2)
(愛媛県 小6)
(佐賀県 中2)
(東京都 中1)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

宮城谷 昌光
19年に及ぶ逃亡生活を経て晋を再建し,後に名君と謳われた中国の傑人,重耳(ちょうじ)の生涯を綴った歴史小説です。名を馳せた人は,どのように考え,生きたのかといったことに興味があり手に取りました。重耳をはじめとする多くの偉人たちの物語を読んでみて,改めて「千里の道も一歩から」「ローマは一日にしてならず」だと感じています。

もっと知りたいこの仕事人

取材・原稿作成:秋山 由香(Playce)・東京書籍株式会社/協力:横浜銀行