仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

広島県に関連のある仕事人
1965年 生まれ 出身地 広島県
宮池みやち たけし
子供の頃の夢: パイロット
クラブ活動(中学校): 美術部
仕事内容
芝を生産する会社を経営する
自己紹介
性格:優柔不断(ゆうじゅうふだん)、のんびり屋。趣味:カラオケ、ドライブ。

※このページに書いてある内容は取材日(2006年04月14日)時点のものです

芝生(しばふ)をスタジアムや公園に植える仕事をしています

芝生(しばふ)をスタジアムや公園に植える仕事をしています

わたしたちは,芝生しばふをサッカースタジアムやゴルフ場,公園や校庭,さらには,工場や飛行場などに植える仕事をしています。一口に芝生しばふといっても,その種類はさまざま。暑さに強いもの,寒さに強いもの,とんだりはねたりしてもすりきれにくいもの,日かげでも育つもの,海のそばでも育つものなど,たくさんあります。例えば,テレビの画面にうつるサッカースタジアムの芝生しばふは,一年中,青々あおあおとかがやいています。それはいつも同じしばに見えますが,実は夏と冬では生えているしばちがうのです。夏にスタジアムに生えているしばは,放っておけば冬にはれて茶色になります。そうならないように,秋に冬しばといって寒さに強いしばの種をまいておくのです。ちなみに,あのキレイな芝生しばふのしま模様もようは,わたしたちがしばをかる機械でつけたものなんですよ。また,校庭に植えるのか,海のそばの公園に植えるのか,家の庭に植えるのかによっても,しばの種類は変わってきます。だからわたしたちは,しばを植えたいという人たちから注文を受けると,どんなしばを,どんな方法で植えるほうがいいのかを考えて,その場所にぴったりのしばを植えていきます。

芝生(しばふ)を使う人に,喜んでもらいたい

芝生(しばふ)を使う人に,喜んでもらいたい

この仕事をしていて,いちばんうれしいのは,芝生しばふを使ってくれる人が喜んでくれること。校庭を芝生しばふにしたときなどは,子どもたちがはだしになってかけまわっているのを見たり,「校庭で遊ぶ子がえたよ」などと言われたりするのが,本当にうれしい。芝生しばふの束は重く,夏は暑いと,つらいことも多いですが,喜んでくれる姿すがたを見ると,そんなことはわすれてしまいます。だから,仕事をするときは「喜んでもらうにはどうしたらいいか」をいつも考えているんです。ただ,しばは生き物ですから,思うとおりに生えてくれないこともあります。だから,普段ふだんからもっと良いしばはできないか,もっと良い植え方はないかと研究しています。そうすることで,「しばのことなら,あなたたちにまかせておけば大丈夫だいじょうぶ」と言ってもらえるようになれるのです。

少しでもやりたいことには,挑戦(ちょうせん)してみて

わたしは,この仕事にとてもやりがいを感じていますし,一日のうちでも仕事のことを考えていることがとても多い。でも,子どものころから,芝生しばふの仕事をしようと思っていたかというと,そんなことはありません。子どものころは,絵を書くのが好きでした。だから,絵をかく仕事がしたいと,看板かんばん屋になったこともあります。そのあとは,自分の力を試してみたいと自衛隊じえいたいにも入隊しました。そして今は,芝生しばふの会社で社長をしています。まったく関係のない仕事を選んでいるようにみえますよね。でも,ふりかえってみると,わたしにとってムダな仕事はありませんでした。大切な友だちをつくることもできました。だから,みなさんも少しでもやりたいことがあったら,挑戦ちょうせんしてみてほしい。そのあとで,やりたいことが変わってもいいと思うんです。とりあえず,やってみる。これが大切なんですよ。

ファンすべてを見る

(北海道 小4)
(愛知県 小6)
(東京都 小6)
(京都府 小6)
(千葉県 小6)
(東京都 小5)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

カルロスゴーンの著作物ちょさくぶつ全般ぜんぱん
取材・原稿作成:(c)学校ネット株式会社