仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

神奈川県に関連のある仕事人
1973年 生まれ 出身地 青森県
しょてんてんちょう書店店長
宮崎みやざき 敦司あつし
子供の頃の夢: 漫画家
クラブ活動(中学校): 柔道部
仕事内容
店員をまとめ、本や文具を販売する
自己紹介
のんびりした性格せいかく趣味しゅみは読書。コミックを中心に、情報誌じょうほうしもチェックしている。

※このページに書いてある内容は取材日(2010年11月25日)時点のものです

住宅街じゅうたくがいの本屋さん

住宅街の本屋さん

わたしつとめている書店は川崎かわさき市にある鹿島田かしまだ駅の駅前にあり,主に近くにお住まいの方や会社帰りのサラリーマンの方に,本や文具,CDしぃーでぃーDVDでぃーぶいでぃー,ゲーム機器やゲームソフトなどを販売はんばいしています。また,子ども達が使う教科書を近隣きんりんの小中高校におさめる仕事もしています。店の営業えいぎょう時間は朝10時から夜23時までで,社員とアルバイト合わせて20名のスタッフがおり,早番と遅番おそばんに分かれて働いています。わたしはこの店長としてスタッフをまとめると同時に,問屋さんに本を注文したり,とどいた本を包装ほうそうしてたな陳列ちんれつしたり,お店にいらしたお客様に本のご案内をしたりしています。

お求めの本をさがして

お求めの本を探して

早番の日は,朝8時にお店に着いてかぎを開け,前日にとどいていた本日発売の雑誌ざっしをダンボールから取り出します。付録がある場合は雑誌ざっし本体に輪ゴムで止めてたなならべます。レジに釣銭つりせんを入れ,ゲームのディスプレイやコピー機などの電源でんげんを入れ,その後,モップで店内の掃除そうじをしたら開店準備じゅんび完了かんりょう。10時にお店を開けてお客様がいらしたら,レジでお会計をしたり,「この本は置いてあるか」などの問い合わせに答えたりします。お客様の中には本の題名を正確せいかくに覚えていない方もいらっしゃるので,著者ちょしゃ出版社しゅっぱんしゃの名前でインターネットを検索けんさくする,お客様が自宅じたくでごらんになったと言う新聞広告をお店にある新聞からさがすなど,素早すばやくそして的確てきかくに,お客様が求めておられる本をさがし出します。

陳列ちんれつには体力も必要

陳列には体力も必要

お客様の応対おうたいをしていない間に,雑誌ざっし以外の新刊しんかん本をダンボールから取り出し,漫画まんがであれば機械でビニールのカバーをかけてたな陳列ちんれつします。新刊しんかん本の冊数さっすうが多い日は,ならべ終わるのが夕方近くになることもあり,本がまった重いダンボールを運ぶ必要もあるので,書店員は体力が必要な仕事なんですよ。その後,お客様から取りせを依頼いらいされた本や,シリーズ物のうち,売れて在庫ざいこがなくなったかんの本を注文して,18時頃じごろに早番の仕事は終わりです。遅番おそばんの日の仕事は14時に始まり,18時以降じいこうには明日発売の雑誌ざっしの予定表を見て,お客様が間違まちがえて買われないように,古い号をたなから撤去てっきょしていきます。22時50分になったら,閉店へいてん間近を告げる『ほたるの光』の音楽を店内に流し,23時に営業えいぎょう終了しゅうりょう。店内の掃除そうじと売り上げの記録を付けて,23時30分ころに一日の仕事が終わります。

来ていただいて楽しいお店に

来て頂いて楽しいお店に

お客様に気軽に来ていただいて,楽しんで帰っていただけるお店づくりを心掛こころがけています。例えば,新しい漫画まんがをお店に仕入れるかどうかを考える時には,一巻いっかんを自分で買って読んでみて,店員ではなく読者として「買って良かったな」と思う本をそろえるようにしています。あまり有名でなくても自分がピンと来た本を仕入れ,紹介文しょうかいぶんを書いてたなならべた結果,お客様からご好評こうひょういただいた時はとてもうれしいですね。また,クリスマスやお正月,サッカーのワールドカップといった季節やイベントなどに合わせてフェアを企画きかくし,お客様の関心が高いその時々ときどきのテーマに沿った本を紹介しょうかいしています。それから,近所の子ども達にもお店に親しんでもらえるように,絵本の読み聞かせや,着ぐるみのキャラクターをんだイベントなどを開いているんですよ。

親戚しんせきや友人のような関係

親戚や友人のような関係

お店は住宅街じゅうたくがいにあるので,お客様の中にはランドセルを背負せおって雑誌ざっしを買いに来る子どももいます。わたしはもう15年以上もこの地域ちいきで働いているので,そうした子どもが中学校・高校を卒業し,段々だんだんと成長していく様子を,毎週お店に来てくださる間ずっと見守り続けてきました。時には大人になって結婚けっこんしたお客様にお子様が生まれ,小さいころ雑誌ざっしを買っておられたお客様を,今度はお子様向けの絵本のコーナーにご案内することもあります。地域ちいきに住むお客様と,人生の長い間にわたってまるで親戚しんせきや友人のような関係をきずくことができ,感謝かんしゃすると同時にとても感慨深かんがいぶかいですね。お店に来てくれる子どもから,手書きで「いつもありがとう」というお手紙をもらった時は,うれしさで思わずなみだぐんでしまいました。

偶然ぐうぜん入った相撲すもう

偶然入った相撲部

わたしは青森県の出身で,小学生のころは始め卓球たっきゅう部に入っていました。しかし,体が大きかったことをきっかけに,団体戦だんたいせんに欠員があった相撲すもう部にさそわれ,突然とつぜん大会に出場することになったのです。偶然ぐうぜんの出来事だったにも関わらず,部の先生や仲間にもめぐまれ,その後6年生まで相撲すもう部のメンバーとして活躍かつやくしたことを覚えています。また,そのころちょうどファミリーコンピューターが発売され,夢中むちゅうで遊んでいましたね。学校の授業じゅぎょうでは図工が得意で,将来しょうらい漫画家まんがか夢見ゆめみていました。

本屋さんとの出会い

本屋さんとの出会い

高校を卒業した後,漫画家まんがかゆめを追って,美術科びじゅつかのある専門せんもん学校に通うために上京しました。その時にたまたま始めたアルバイトが,今働いている会社が経営けいえいする本屋さんだったのです。持ち前の興味きょうみを活かして,わたし漫画まんが担当たんとうまかせてもらいました。アルバイトとして仕事が上達しながらも,漫画家まんがかを目指す日々ひび。ある時,有名な漫画家まんがかのアシスタントになれるというチャンスがやってきました。しかし,アシスタントになれば本屋さんのアルバイトはできません。なやんだ末にわたしが選んだのは,本屋さんの仕事でした。みなさんが本屋の店員になりたい場合にも,まずはアルバイトとしてどこかのお店につとめてみると良いかもしれません。そして何より,この仕事には本が好きな人が向いていると思います。

挨拶あいさつができる人になろう

挨拶ができる人になろう

みなさんには,知らない人にもきちんと挨拶あいさつができる人になってもらいたいと思います。みなさんが本当はどんなに良い子どもだったとしても,みなさんをあまり知らない地域ちいきや周りの大人は,まず礼儀れいぎ正しいかどうかということでみなさんを評価ひょうかすることになります。挨拶あいさつ礼儀れいぎの第一歩。挨拶あいさつができないだけで初対面の人に悪印象を持たれてしまうのは,とても残念なことです。お店に来てくれる近所の子どもに挨拶あいさつをしてもらうと,おたがいに気持ちが良いものです。

ファンすべてを見る

(兵庫県 小6)
(兵庫県 小6)
(東京都 中1)
(静岡県 小6)
(北海道 中1)
(宮城県 中2)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

モンゴメリ
一番最初に読んだ本。アニメを見て、小説も読んでみたいと思った。
鳥山 明
ジャンプ連載時から読んでいた。誰かのために戦う強さ、悟空の優しさに惹かれた。

もっと知りたいこの仕事人

どんな会社?
取材・原稿作成:横浜銀行、(c)学校ネット株式会社