• 沖縄県に関連のある仕事人

ぜいりし税理士

大濵おおはま たけし

  • 仕事内容

    会社の収支しゅうし(お金の動き)の状況じょうきょうが見える会計資料しりょう税務署ぜいむしょへの決算報告書ほうこくしょの作成をお手伝いする。

  • 自己紹介

    マイペース。楽観的。

    黄金 言葉くがに くとぅば:いしあるとぅくるみちやできる (沖縄県の方言)
    訳:意志あるところ道はできる

  • 出身高校

    沖縄県立那覇高等学校

  • 出身大学・専門学校

    琉球大学 法文学部経営学科

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2017年04月12日)時点のものです】

大濵 剛


仕事人記事

経営けいえい経理けいりのサポートをする士業さむらいぎょう

<ruby>経営<rt>けいえい</rt></ruby>や<ruby>経理<rt>けいり</rt></ruby>のサポートをする<ruby>士業<rt>さむらいぎょう</rt></ruby>

わたしは,従業員じゅうぎょういん12名の「o-hama税理士ぜいりし事務所じむしょ」の所長をしています。そのうち3名が税理士ぜいりし資格しかくを持って働いています。税理士ぜいりしの仕事は,会社や個人こじんの「税金ぜいきん」に関する相談や書類の作成を行うことです。会社の経営けいえい経理けいりをサポートするためには,会社と顧問こもん契約けいやくを結び,顧問こもん先へ毎月訪問ほうもんしています。そこで,会社の収支しゅうし(お金の動き)の状況じょうきょうが見える会計資料しりょう税務署ぜいむしょへの決算報告書ほうこくしょの作成を毎年お手伝いしています。会社によって決算期を決めることができるので,各会社の決算月に合わせてサポートしています。決算とは,会社が1年間に一度期間を区切って,お金の動きがどれだけあったかを計算することです。各会社で記録している書類を見て,会計のルールや税金ぜいきん法律ほうりつに合っているかどうかを確認かくにんしていきます。その他にも税金ぜいきん経営けいえいの相談を受けます。個人こじんに対しては,税務署ぜいむしょ提出ていしゅつする確定かくてい申告書の作成や相続税そうぞくぜいの相談を受けます。税理士ぜいりし1人で15けん~20けんほどの相談に対応たいおうしています。

税金ぜいきん法律ほうりつが変わるたびに勉強が必要

<ruby>税金<rt>ぜいきん</rt></ruby>の<ruby>法律<rt>ほうりつ</rt></ruby>が変わるたびに勉強が必要

お客様の相談内容ないようの中には,税金ぜいきん以外の相談も多いです。たとえば,会社の職員しょくいんが気持ちよく働くことができるように給与きゅうよの計算,健康保険ほけんや年金などの社会保険ほけんの手続きについての相談もあるため,一人で解決かいけつできないものもあります。お客様のために最善さいぜんくし,可能かのうかぎりみんなで情報じょうほうを共有しています。また,みなさんがおさめている税金ぜいきんは,わたしたちの「健康でゆたかな生活」を実現じつげんするために,国や地方の活動の財源ざいげんになっています。そのため,毎年のように税金ぜいきん制度せいどの一部分を強化したり制限せいげんを軽くしたりなどの見直しがあり,そのたびに対応たいおうする必要があります。
みなさんは,どれくらい税金ぜいきんの種類があるか知っていますか。給料やたからくじに当たったなど収入しゅうにゅうにかかるぜい,家や車などの財産ざいさんにかかるぜい,みなさんがコンビニでお買い物をする時にはら消費税しょうひぜいなど,なんと50種類ほどもあります。これらの税金ぜいきん制度せいどは,大きく変わる年もあれば,少しだけ変わる年があります。大きく変わった年といえば,2014年に消費税しょうひぜいが8%になりましたね。その時は,ぜいの計算をするコンピューターのシステムを変えたので大変でした。それをおこたるとお客様が税務署ぜいむしょに申告する書類が正確せいかくなものではなくなり,ご迷惑めいわくをかけてしまします。また,税金ぜいきん法律ほうりつが変わるとお客様の「ぜい」に関する相談がえるので,つねに勉強しなければいけません。これから2,3年後には,消費税しょうひぜいが10%になる話もありますから,これからも勉強が必要です。

将来しょうらいをイメージしていなかった子ども時代

<ruby>将来<rt>しょうらい</rt></ruby>をイメージしていなかった子ども時代

わたしが子どものころは,おとなしくて周りへ自分の思っていることを伝えることが苦手でした。周りの大人から「将来しょうらいゆめは何?」と聞かれたら「パイロット」と答えていました。そのころ,友だちの中で人気のあった職業しょくぎょうは,医者やスポーツ選手でした。中でもパイロットは,周りの友だちの中でも“なりたい職業しょくぎょうベスト3”に入っていた職業しょくぎょうでした。テレビドラマなどの影響えいきょうもあって,当時はもっともかがやいて多くの子どもたちのあこがれの仕事でしたよ。でも,本気でなりたかったわけではなく,なんとなく答えていたというのが正直なところです。今考えると,目にしやすい職業しょくぎょうや,子どもにとってあこがれるような職業しょくぎょうを言っていたので,周りからの影響えいきょうを受けやすい子どもでしたね。それは将来しょうらい意識いしきしたことがあまりなく,自分が大人になるとか,自分自身が「働く」というイメージが分からなかったからだと思います。

このままじゃダメなんだ!

このままじゃダメなんだ!

大学は経営けいえい学科を選びました。父親が会社を経営けいえいしていたこともあり,自分自身が頑張がんばった分だけ仕事の成果や会社の成長を感じられる経営けいえいの仕事に興味きょうみがあったからです。
経営けいえい学科に入ったけど,それでもしっかりと将来しょうらいのことを考えられませんでした。なんとなく「父親の会社をぐのかな」としか思っていなかったので,「今を楽しんでおこう!」と遊んでばかりで,大学にあまり行っていませんでしたね。
そんなある日のこと,父親の会社が倒産とうさんしてしまったのです。「いつか考えれば大丈夫だいじょうぶ」「その時が来てから真剣しんけんになっても間に合う!」そう考えて先延さきのばしにしてきた“時”が,突然とつぜん目の前にあらわれました。
「このまま先のことを考えずに遊んでばかりいてはいけない」と思い,大学2年のときに真剣しんけん将来しょうらいのことを考えましたよ。その時に「税理士ぜいりし」という仕事があることを知り,税理士ぜいりし資格しかくを取るために大学受験の時の勉強よりも必死で勉強しましたね。この職業しょくぎょう興味きょうみを持った理由は2つあります。1つ目は,大学で学んでいることが活かせる“経営けいえい”をサポートする仕事であること。2つ目は,「資格しかく」という武器ぶきを持っていたほうがいいと思ったからです。そう考えたのは,父親のことが大きく影響えいきょうしていると思います。

やっぱり“経営けいえい”をしてみたい!

やっぱり“<ruby>経営<rt>けいえい</rt></ruby>”をしてみたい!

大学卒業後,真剣しんけん税理士ぜいりし資格しかく試験に受かりたいと思い,自分自身をふるい立たせるためにも東京でバイトをしながら,る間もしんで勉強しましたね。真剣しんけんに取り組んだかいもあり,東京に行った翌年よくとしには試験に受かることができました。合格ごうかくした時は,心底うれしかったです。
資格しかくを取った後は,東京や那覇なはの会計事務じむ所に就職しゅうしょくし,税理士ぜいりしの仕事の経験けいけんを積みました。経験けいけんを積み重ねるごとに,自分自身が経営けいえいすることに思いがつのり,独立どくりつする決心をしました。もちろん,父親の倒産とうさんがあったので,父の苦労する姿すがたを見て家族の不安な気持ちも経験けいけんしてきたので,独立どくりつすることにこわさはありました。でも,そのつら経験けいけんをきっかけに税理士ぜいりし資格しかくを持つことができたことと,そのとき働いていた那覇なはの会計事務じむ所から,わたしが受け持っていた顧客こきゃくを「君が独立どくりつするならゆずっていいよ」と言ってくれたので,覚悟かくごを決めて独立どくりつをスタートすることができました。はじめはスタッフもいない状況じょうきょうから一人で仕事をする状況じょうきょうでしたね。

お客様との信頼しんらい関係が大切

お客様との<ruby>信頼<rt>しんらい</rt></ruby>関係が大切

独立どくりつ後はわずか3けんのお客様から始めましたが,お客様をやすためには,信頼しんらいされることが必要でした。たくさんの人と会うことができる青年会議所や商工会議所などに参加してネットワークを広げ,医療いりょう関係の相談を得意としていたので,新しく開業する病院を新聞広告などから情報じょうほう収集しゅうしゅうしましたね。まずは自分自身を知ってもらい,信用していただいたうえで,税理士ぜいりしとしてサポートできることを伝えていきました。地道な活動を通して,少しずつではありますが,お客様がえていきました。
お客様との信頼しんらい関係をきずくうえでわたしが大切にしていたことは,必ず本人と会うようにしていたことです。これは今でも仕事をするうえでとても大切にしています。お客様がどのようなことをしてほしいと考えているのかを知るためには,やっぱり直接ちょくせつ会ってお客様の表情ひょうじょうを見ながら話すことが必要だと思います。また,お金の動きをチェックするとき,少しの間違まちがいもゆるされません。ミスが起きてしまうとお客様にとっては経営けいえい痛手いたでになることもあり,おたがいの信頼しんらい関係もなくなってしまいます。だからこそ,れている仕事であっても凡事ぼんじ徹底てっていを心がけ,お客様との信頼しんらい関係を大切にしています。

いろいろな人生に関わることができる仕事

いろいろな人生に関わることができる仕事

税理士ぜいりしの仕事は,個人こじんや会社などいろいろな人と会う機会が多く,また,それぞれのお金の動きなども見ることができるので,その部分からお客様の人生に関わることができる仕事だと思います。わたしがこれまで関わってきたお客様の中には経理けいりが全くできず,わたしが手伝ったことがあります。そのお客様は今では地域ちいき信頼しんらいされ,店舗てんぽえて何十億もの売り上げを出すまでになりました。このように会社の成長の歴史を間近で見られるのはうれしいですね。反対にこれまで関わってきた会社の中には,つぶれてしまう会社もありました。順調に成長していく会社もあれば,思った通りの未来をつかむことができなかった経営者けいえいしゃもいます。
税理士ぜいりしのやりがいは,なんといっても会社の経営者けいえいしゃの「これから会社をこんな未来にしたい!」というゆめを聞くことができ,そのゆめかなえるために寄り添よりそってお手伝いができることです。関わっている会社が成長していくのを一緒いっしょに体験できることは,私自身わたしじしんの成長でもあり喜びでもあります。

体験することも大事!

体験することも大事!

わたしもそうでしたが,自分がやりたいことやゆめさがすのはなかなかむずかしいと思います。本や文字で学ぶ知識ちしきだけでなく,いろいろなことに興味きょうみや関心を持って,自分で実際じっさいさわったり,体験したりすることが大切だと思います。勉強をする,友達と遊ぶ,親の手伝いなど日常にちじょう生活を送る中で “したいこと”“するべきこと”の中から疑問ぎもんを持ったり,体験したりすることで自分がやりたいことが見つかると思います。みなさんは,まだやりたいことが決めきれない状況じょうきょうかもしれませんが,いずれは自分の将来しょうらいを決める時が必ずやってきます。その時に,今まで体験してきたことが,将来しょうらいを決める選択肢せんたくしの一つになるかもしれません。何が将来しょうらいに結びつくかは,だれにも分からないので選択肢せんたくしやしておくのはいいと思いますね。そうやって,いっぱい将来しょうらいのことでなやんでいる中で,必ず自分の進む道が見つかりますよ。

  • 取材・原稿作成:一般社団法人グッジョブおきなわプロジェクト/協力:株式会社学友館