仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

東京都に関連のある仕事人
1940年 生まれ 出身地 愛知県
ぞうえんぎょう造園業
吉田よしだ 弘克ひろかつ
子供の頃の夢:
クラブ活動(中学校): サッカー部
仕事内容
庭をつくる・植木を剪定する
自己紹介
物事を前向きに考え、常に好奇心をもって生活している。趣味:音楽(クラシック、ジャズ)、テニス、スキー、旅行(国外・国内)。

※このページに書いてある内容は取材日(2006年09月19日)時点のものです

庭の仕事は一生の仕事

庭の仕事は一生の仕事

最近はだんだんと見かけることが少なくなってきましたが,庭のある家がありますよね。わたしは,その庭をつくったり,手入れをする仕事をしています。庭というのは,一度つくったら終わりではなく,草も木もどんどん成長するので,びすぎたえだや葉を切ったり,栄養のある土を足したりします。それだけではなくて,その家に住んでいる人がとしを取ったときには,庭のでこぼこをらして歩きやすくするために,庭の石を取り除とりのぞいたり,置き直したりすることもあります。庭師にわしの仕事は,庭がなくなるか,庭師にわし引退いんたいするまで,ずっと続いていくことが多いのです。

ニュージーランドに日本庭園

ニュージーランドに日本庭園

わたしは,海外で日本庭園をつくることがゆめだったのですが,6年前,旅行中に知り合いになったニュージーランドの人からたのまれて,そのゆめ実現じつげんすることになりました。ところが,その庭は300つぼ(60m×20mくらい)もあって,すぐに完成するような広さではなかったので,毎年,日本での仕事があまりいそがしくない2月と8月にニュージーランドにでかけて,3年もかけて完成させました。日本庭園には,いくつもの技法ぎほうがあって,例えば,庭のすみっこに少しの高い植物を植えて庭のはしを見えなくすることで,実際じっさいよりも庭に奥行おくゆきがあるように見せたりします。そのような日本庭園の技法ぎほうもちいながらも,庭に植える植物はニュージーランドの植物を用いました。そうすることで,ニュージーランドの人にとっても馴染なじみの深い植物で出来た庭になり,普段ふだんから庭の手入れがやりやすくなるからです。日本とニュージーランドの良さを組み合わせた庭はとても評判ひょうばんが良く,現地げんちの新聞や雑誌ざっし,テレビにも取り上げてもらいました。

思い切って専門(せんもん)学校を受験

思い切って専門(せんもん)学校を受験

この仕事を始める前には海運(船で人や荷物を運ぶ)会社につとめていました。55さいくらいのころ,60さいになったら今までとちがった仕事をしようと考えていたのですが,つまが草花を育てるのが好きで,また,小さいころに母の手伝いで土いじりをした記憶きおくも手伝って,次第に「庭をつくる」という仕事に興味きょうみを持ち始めていました。そんな時,造園ぞうえん専門せんもん学校の募集ぼしゅう案内を見かけて,一度しかない人生だからと思い,転職てんしょくを決心しました。

造園(ぞうえん)の仕事は知識(ちしき)も技術(ぎじゅつ)も必要

造園(ぞうえん)の仕事は知識(ちしき)も技術(ぎじゅつ)も必要

造園ぞうえん専門せんもん学校では,毎日朝9時から夕方4時まで勉強しました。木や草花の種類や特性とくせい,害虫の種類や駆除くじょの方法,また,西洋庭園と日本庭園では使う材料や技法ぎほうことなります。きちんと理解りかいするためには,造園ぞうえんの歴史を知ることも大切ですし,もちろん実技じつぎも必要です。この学校で6ヶ月間勉強した後,造園ぞうえん高等職業しょくぎょう訓練校に1年間(週2日朝9時から5時まで)通い,造園ぞうえん設計せっけい事務じむ所で図面の書き方を習い,民間の造園ぞうえんの会社で見習いをしてから独立どくりつしました。木を切ったりすることを早く始めたい人は,造園業ぞうえんぎょうの会社に就職しゅうしょくして働きながら覚えるという選択肢せんたくしもありますし,大きな公園などをつくりたいと思うならば大学で勉強することもおすすめします。 でも,造園ぞうえんに一番重要じゅうようなことは技術・知識以上にセンスです。ですから,勉強だけでなく,色々な場所に行き,見たりさわったりして実際じっさい体験たいけんすることがとても大切になります。

喜びが続く仕事

喜びが続く仕事

どうしても1人でできない仕事は仲間にお願いして手伝ってもらうこともありますが,だいたいは1人で仕事をしています。1人で仕事をしていると,何か失敗したり,できあがりが気に入らなかったとしても,とことん気がむまでやり直すことができるので,お客さんもわたしも満足する庭をつくることができます。そして,お客さんが,想像そうぞうしていた以上の良い庭ができたと「喜びの声」をあげてくれる時が,わたしにとっても一番うれしい瞬間しゅんかんです。この仕事は,自分も楽しみながら,そこに住んでいる人にも喜んでもらえる,とても素敵すてきな仕事です。そしてこの関係は毎年続いていくので,他のものづくりとはまたちがった喜びなのだと思います。

体力も必要

体力も必要

この仕事は外でする仕事ですので,暑さや寒さのきびしいときは苦しいですし,雨がると仕事ができません。雨のときには,終わった仕事の請求書せいきゅうしょを発行したり,材料を買いに出かけたり,道具をみがいたりしてごしますが,雨が続くと,仕事のスケジュールがきびしくなるので,長雨の後は何日も働き続ける場合もあります。重い石や,土の入ったふくろかかえて,何度も階段かいだんを上るのも大変で,去年はいそがしく働きすぎて,1週間入院してしまいました。

好奇心(こうきしん)を持とう

好奇心(こうきしん)を持とう

わたしは子どものころとても好奇心こうきしんが強くて,いたずらも大好きでした。買ってもらったばかりのおもちゃを分解ぶんかいしてこわしてしまったり,遊びに出かけてはいたずらやケンカをしていたので,母がよく近所の方にあやまってくれていたそうです。ただ,こうやって好奇心こうきしんを持って前向きにいろいろなことに挑戦ちょうせんしていたからこそ,できることもえていったし,見える世界も広がってきたのだと思います。子どものころになりたいと思っていた職業しょくぎょうくのも良いですが,成長していく中で,やりたい仕事を見つけたり変わったりしていくのも良いことだと思います。いつも好奇心こうきしんを持って,前向きに生きていれば,いずれやりたいことが見つかり,実現じつげんすると思います。

ファンすべてを見る

(群馬県 小6)
(群馬県 小6)
(千葉県 小6)
(茨城県 小6)
(香川県 中2)
(東京都 小6)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

P.G.ハマトン著 渡辺昇一、下谷和幸訳
人生の豊かさは物よりも精神的な豊かさを持つことにより知的生活をおくる。
取材・原稿作成:(c)学校ネット株式会社(中川・増田)