• 京都府に関連のある仕事人
  • 1928年 生まれ

    出身地 京都府

植木職人/桜守

佐野さの 藤右衛門とうえもん

  • 子供の頃の夢

  • クラブ活動(中学校)

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2016年12月19日)時点のものです】

佐野 藤右衛門


仕事人記事

本業は植木屋,(さくら)は「道楽」

本業は植木屋,<ruby><rb>桜</rb><rp>(</rp><rt>さくら</rt><rp>)</rp></ruby>は「道楽」

京都の植藤(うえとう)造園(ぞうえん)佐野(さの)藤右衛門(とうえもん)です。佐野(さの)の家では,跡目(あとめ)を相続する者は代々(だいだい)藤右衛門(とうえもん)」の名前を()ぐことになっていて,わしで十六代目ですわ。
わしの本業は植木屋で,施主(せしゅ)依頼(いらい)されて庭をつくるのが仕事です。(わか)(ころ)は,外国で日本庭園をつくる仕事もしました。パリ,イスラエル,アメリカのニューオーリンズ,ハワイ……。イサム・ノグチという彫刻家(ちょうこくか)(さそ)われて,パリに行ったのが最初でしたな。一緒(いっしょ)にずいぶん外国で日本庭園をつくりました。
本業の植木屋とは別に,全国を歩き回って,(さくら)調査(ちょうさ)したり,各地の(さくら)保存(ほぞん)に努める「桜守(さくらもり)」もしています。もっとも「桜守(さくらもり)」というのは人が言うてるだけで,わしはたまたま(さくら)が好きで,(さくら)と付きおうとるだけですわ。(さくら)はわしの道楽です。「道楽」やから,字のとおり,道を楽しんどるんやね。もう90(さい)も近くなったけど,今でも時間があって気が向いたら,日本各地の(さくら)を見に行きます。

自然が相手の仕事

自然が相手の仕事

わしらの仕事は,自然のものを(あつか)う仕事です。相手が自然のものやから,絶対(ぜったい)に人間の思うようには動かへん。まずそれを知らんといけません。(さくら)にしても,松にしても,(かし)にしても,みな性格(せいかく)(ちが)います。(さくら)の中の一本一本も,みな(ちが)います。じゃあ(ちが)うところで,どういうふうに(あつか)うか。本に書いてあるとおりにやってもうたら,みな()らしてしまいますわ。土地によって気候風土が(ちが)いますからな。土地に合ったことをやらんといかんのです。日本というのは山ひとつ,川ひとつ()えるたんびに地味(ぢみ)(土地の(しつ))が(ちが)います。地味(ぢみ)が変われば,植生も変わってきます。そこにいる鳥や虫もみな(ちが)ってくる。
同じ環境(かんきょう)はひとつもないし,同じ木もひとつもない。みな(ちが)うんですな。せやから,わしらの仕事はすべて手探(てさぐ)りです。毎日が応用(おうよう)問題ですわ。天気も毎日,(ちが)います。天気によって,できることも(ちが)うから,朝起きて,お天気を見てみてから「今日,何をするか」を決めるんですわ。自然が相手の仕事に,マニュアルはありませんな。

それぞれ,(ちが)うからおもしろい

それぞれ,<ruby><rb>違</rb><rp>(</rp><rt>ちが</rt><rp>)</rp></ruby>うからおもしろい

植物は一本一本,みな(ちが)うからおもしろいんです。人間でも一人ひとり,みなクセが(ちが)うやろ。それとおんなじことです。せやから苦労するけど,植物の守りがうまいことできて,ちゃんと成長したら,そらもう楽しいですわ。苦労はしても,苦の(うら)には必ず楽があるもんです。毎日が苦労で,毎日,楽しいんや。
(さくら)も,みな(ちが)っておもしろい。いまわかっているだけで,(さくら)は300種類以上あります。「どこの(さくら)がいちばん好きか」と聞かれることもあるけど,(さくら)はみんな好きです。でも,(さくら)(さくら)でもソメイヨシノちゅうのはどこでもみな同じで,おもしろみも深みもないですな。ソメイヨシノは人間が改良した,人工的なものです。()ぎ木がしやすいのと,育ちやすい。どこで植えても同時に花が()きます。個性(こせい)がないんですな。それに,人間がつくり出したものやから,最後まで人間が関わらんと育ちません。ソメイヨシノにはおもしろさがないですな。

その土地のことはその土地の年寄(としよ)りに聞く

その土地のことはその土地の<ruby><rb>年寄</rb><rp>(</rp><rt>としよ</rt><rp>)</rp></ruby>りに聞く

初めての土地に(さくら)を見に行くときは,必ず,行く前に,本でその土地の地質(ちしつ)のことを調べてから行きます。そのうえで,その土地の年寄(としよ)りに話を聞きに行くんですわ。その土地のことは,そこに長年,住んできた年寄(としよ)りがいちばんよう知っとる。気候風土のことや風向きのこと。他にも「どこどこには近づくな」というような言い伝えがあることもあります。言い伝えにも意味があって,例えば,「近づくな」と言われている場所は,急に強い風が()くところやったりすることもある。せやから,こういう言い伝えも大事です。まずは土地の歴史や環境(かんきょう)を勉強するところからですわ。
それから現地(げんち)に行って,自分で見て,(さわ)って,調べてみます。最後は自分の(かん)判断(はんだん)せなあきません。(かん)といっても,それは長年の経験(けいけん)知識(ちしき)の中から生まれてくる(かん)ですな。わしは「経験(けいけん)の中の(かん)」と言うてます。気候風土のことや「あの植物はこの季節に動かしたらいかん」といったことは,みな,おじいや親父がやってきたことを見たり聞いたり,職人(しょくにん)が動いとる姿(すがた)を見たり,自分で手を動かしたりする中で,学んできたんです。

(さくら)道楽」の楽しさ

「<ruby><rb>桜</rb><rp>(</rp><rt>さくら</rt><rp>)</rp></ruby>道楽」の楽しさ

(さくら)(の調査(ちょうさ)保存(ほぞん))は,知らん間にやるようになってました。「やれ」って言われたことはないけど,おじいや親父のやっていることを見とりましたから。(※佐野(さの)家では,祖父(そふ)の代から,植木屋の仕事のほかに(さくら)調査(ちょうさ)保存(ほぞん)をするようになった。)本業の植木屋は息子に(まか)せられるようになったので,空いた時間にやっとります。
(さくら)は,そら楽しいですわ。「あれ?」と思うような,見たことのない新種の(さくら)に出会うことがあって,そういうのを見つけたときには,知らんかったことを一つ知ったという(うれ)しさがあります。新種の(さくら)は種と種が交ざる「交雑(こうざつ)」でできるんやけど,この「交雑(こうざつ)」自体がいわば自然の(めぐ)みです。どうやって交雑(こうざつ)したのか,そういう過程(かてい)を一つひとつ調べていくのがまたおもしろいんですわ。(さくら)をやりだすと,どんどんはまってしまうんや。

やんちゃだった子ども時代

やんちゃだった子ども時代

子どもの(ころ)はやんちゃでした。あっちゃこっちゃの木に登ったりな。大事に育ててはる木に登って(えだ)を折ったりしてたから,そら(おこ)られるわな。近所のおっさんに(おこ)られて,「あのおっさん(こわ)いなあ」なんていうてました。近所の(かき)の木に登って,木から落ちて「ほれ見てみい,罰当(ばちあ)たりが」て言われたりなあ。やんちゃし放題でした。
せやけど,木に登ったりしてたのは,今になってみると,ぜんぶ仕事に生きてます。登って(ひざ)()りむいたり,指をケガしたりすると,「ああしたら(あぶ)ないな」というのが自然にわかるようになるわな。「あ,こうしたらあかんな」とか,「ここまでは大丈夫(だいじょうぶ)やな」とか,そういうことを体で覚えていくんやね。頭で考えることはもちろん大事やけど,体で覚えるのも大事なことや。今の人は頭で考えるばっかりやけどな。

無理はしたらあかんけど,挑戦(ちょうせん)はせなあかん

無理はしたらあかんけど,<ruby><rb>挑戦</rb><rp>(</rp><rt>ちょうせん</rt><rp>)</rp></ruby>はせなあかん

(わか)いうちは,自分に見合う体力はまず自分で作っとかなあかん。体力がついたら,そこで気力も養うていくんやね。それと,「(おのれ)を知る」いうんは大事やな。(おのれ)を知っていれば,「ここまではできる」とか,「もうちょっと頑張(がんば)れる」というのがわかる。むやみにやるだけやなくて,時には引き(ぎわ)ちゅうのも大事や。無理はしたらあかん。せやけど,挑戦(ちょうせん)はせなあかん。わしももう90(さい)近いけど,日々(ひび)精進(しょうじん)するようにしてます。
あと,人生,後戻(あともど)りはしたらあかんけど,()り返ることは大事やね。()り返れば,修正(しゅうせい)ができて,修正(しゅうせい)した上で前に進める。せやから,いったん立ち止まって,()り返ってみることも,時にはやったほうがええ。後戻(あともど)りせんで()むようにな。

  • 取材・原稿作成:東京書籍株式会社