仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

東京都に関連のある仕事人
1977年 生まれ 出身地 東京都
佐藤さとう 留美子るみこ
子供の頃の夢: キャビンアテンダント
クラブ活動(中学校): 吹奏楽部
仕事内容
結婚式を企画して形にする
自己紹介
明るく楽天的、好奇心旺盛(こうきしんおうせい)、気は強い、趣味はフラダンス、レストラン開拓、映画

※このページに書いてある内容は取材日(2006年04月19日)時点のものです

(よめ)さんたちとホテルとの「出会い」をつくります。

ホテルで食事をしたり,雑誌(ざっし)で写真を見たりして,「ここで結婚式(けっこんしき)をあげたい」と思ったら,お(よめ)さんやお婿(むこ)さんは,そのホテルに,相談や見学に来ます。その時,ご質問(しつもん)にお答えしたり,見学のお手伝いをしたりするのが,ウェディング・コーディネーター。つまり,お(よめ)さんやお婿(むこ)さんが,はじめて話す「ホテルの人」です。だから,ホテル代表として,お(よめ)さんやお婿(むこ)さんに,大好きになってもらうことが,とても大切な仕事です。

ホテルって,結婚式(けっこんしき)もできるんです。

ホテルって,結婚式もできるんです。

大きなホテルの中には,()まるための部屋以外に,結婚式(けっこんしき)にも使えるいろいろな部屋が用意されています。何百人もの人が,一度に集まってパーティーできる大きな部屋。牧師(ぼくし)さんをよんで,外国の教会みたいな結婚式(けっこんしき)があげられる「チャペル」という部屋。世界中のお料理を食べられる大きなレストラン。ホテルに行ったことのあるみなさんは,結婚式(けっこんしき)に出席するために集まった,きれいなドレスを着た女の人や,パリッとしたスーツを着た男の人たちを見たことがあるかもしれませんね。

「世界でたった1つの結婚式(けっこんしき)」をつくります。

「世界でたった1つの結婚式」をつくります。

結婚式(けっこんしき)の日まで,お(よめ)さんやお婿(むこ)さんと何度も話し合いながら準備(じゅんび)を進めていくのもウェディング・コーディネーターの仕事。招待状(しょうたいじょう)は?テーブルに(かざ)るお花は?お料理は?お(よめ)さんのドレスや髪型(かみがた)は?会場に流す音楽は?・・・1つ1つゼロから考えます。結婚式(けっこんしき)までは,たいてい4ヶ月から半年くらいあるのですが,(いそが)しくて,あっという間に感じます。

どんなプロポーズだったのか,聞けるような仲になることが大切。

どんなプロポーズだったのか,聞けるような仲になることが大切。

「世界でたった1つの結婚式(けっこんしき)」を作り上げるためには,お(よめ)さんやお婿(むこ)さんと仲良くなって,何でも打ち明けてもらえるような関係を作ることが大切です。そのためには,まずはおふたりの性格(せいかく)を知ること。(わたし)はまず,おふたりの出会いや,思い出に残っているデートや旅行,趣味(しゅみ)などを聞くことからはじめます。おふたりのことをいろいろお聞きすることで,だんだんとどんな方たちなのか知ることができますし,おふたりも(わたし)に心を開いてくれるようになるんです。おふたりにとって一番大切な思い出のプロポーズについても,打ち明けてもいいな,と思ってもらえるような関係になれるように,いつも心がけています。

ウェディング・コーディネーターへの道。

ウェディング・コーディネーターへの道。

(わたし)の場合,ホテルで働き始めても,すぐにウェディング・コーディネーターの仕事を(まか)せてもらえたわけではありませんでした。結婚式(けっこんしき)はとても大切なイベントですから,(わたし)が働き始めたホテルでは,いろいろな経験(けいけん)を積んでからでないとウェディング・コーディネーターの仕事はできなかったのです。(わたし)の場合,結婚式(けっこんしき)当日の会場で準備(じゅんび)をしたり,結婚式(けっこんしき)に参加される方々(かたがた)のサポートをする仕事からのスタート。つらいと思うこともありましたが,「いつかきっと,大好きなホテルで,お(よめ)さんたちを世界一幸せな笑顔にしてみせる!」という(ゆめ)があったので,がんばれました。

「ありがとう」のお手紙は,宝物(たからもの)です。

「ありがとう」のお手紙は,宝物です。

結婚式(けっこんしき)のあとも,年賀状(ねんがじょう)や,赤ちゃんの写真入りハガキ,新婚(しんこん)旅行のお土産などを(とど)けてくださるお(よめ)さんやお婿(むこ)さんがたくさんいます。ときにはご両親から感謝(かんしゃ)のお手紙もいただきます。いつまでもわたしのことを,そして,結婚式(けっこんしき)のことをおぼえていてくださるのは,とってもうれしいことですね。

これまでで一番,泣いてしまった日。

わたしにとって333組目のお(よめ)さんとお婿(むこ)さんは,なんと結婚式(けっこんしき)の日に,みんなの前で,プレゼントをくれました。「333thanks(サンクス=ありがとう)」という文字の入ったペンです。「今までたくさんの結婚式(けっこんしき)をつくってくれてありがとう!」と言われた時には,うれしくて泣いてしまいました。そのペンは,いつも,制服(せいふく)のポケットに入っています。

本当は,高校を卒業したらスチュワーデスになる!って,決めてました。

でも,父のすすめで大学に行くことになって。そこで,いろいろな人に出会ったり,勉強したりするうちに,「家族」の大切さについて考えるようになったんです。「家族」をつくる最初のきっかけは,「結婚式(けっこんしき)」。思い出すだけで明るい気持ちになって,家族みんなが頑張(がんば)れるような結婚式(けっこんしき)をつくるお手伝いができたらいいなと思って,今の仕事につきました。

お客さまが,帰ってきてくれる場所。

お客さまが,帰ってきてくれる場所。

ホテルって,結婚式(けっこんしき)以外にも,(とま)れるし,食事もできるし,プールで泳げたりもする。だから,そこで結婚(けっこん)した人たちが,いつでも気軽に,思い出の場所に帰ってくることができるんです。お子さんができても,お年を()しても,何度でも。そんな場所で,ずっとお客さまをお(むか)えできたらすてきだなと思って,わたしはホテルでの仕事を選びました。

いろんなものを見て,たくさんの人に出会ってください。

いろんなものを見て,たくさんの人に出会ってください。

わたしは学校で,学園祭などのイベントの準備(じゅんび)をしたり,盛り上(もりあ)げたりすることが大好きでした。なのに,かっこいいという理由だけで,スチュワーデスになると決めていたんです。大学でゆっくり考えなかったら,結婚式(けっこんしき)という人生最高のイベントづくりを知らないまま仕事を選ぶところでした。みんなも,どうか大人になるまで,ゆっくりと,いろいろなものを見て,たくさんの人に出会ってください。そうやって見つけた仕事や仲間は,きっと一生の宝物(たからもの)になるし,苦しいときに,勇気と力をくれるはずです。

ファンすべてを見る

(北海道 中2)
(新潟県 小6)
(茨城県 中2)
(茨城県 中3)
(神奈川県 中1)
(東京都 小6)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

吉野弘
この本は生きるということのメッセージがたくさん詰まっている本です。人生の節目にいつも読む本です。
取材・原稿作成:(c)学校ネット株式会社