仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

広島県に関連のある仕事人
1963年 生まれ 出身地 広島県
佐々木ささき 昌彦まさひこ
子供の頃の夢: パイロット
クラブ活動(中学校): 軟式テニス部
仕事内容
芝を生産する会社を経営する
自己紹介
性格:いい加減(かげん)なようで結構(けっこう)きっちりする?分析型(ぶんせきがた)?。趣味:テニス。

※このページに書いてある内容は取材日(2006年04月14日)時点のものです

芝生(しばふ)は ,サッカー選手の大きな 味方

芝生(しばふ)は ,サッカー選手の大きな 味方

「サッカーの試合は,敵地てきちのアウェイよりホームの方が有利だ」なんてよく言われますが,では,それはなぜだと思いますか? ホームグラウンドのほうがれているから。たくさん集まってくれるサポーターの声援せいえんが力をくれるから。もちろん,それも正解せいかい。でも,芝生しばふもまた,その理由のひとつなんです。例えば,早いパス回しを得意とするチームなら,ホームグラウンドのしばは短くかられます。しばが長いと,ボールのスピードが落ちて,思ったとおりのパスにならず,相手チームにボールをうばわれてしまったりするからです。つまり,思いどおりの試合ができるかどうかがしばにかかっているともいえるのです。だから,サッカー選手は「どんな芝生しばふなのか」ということをとても気にしますし,インタビューで,芝生しばふが良かったかどうかについて話すこともあるんですよ。

野球選手にとっても ,芝生(しばふ)は 大切

 野球選手にとっても ,芝生(しばふ)は 大切

芝生しばふが大切なのは,ほかのスポーツでも同じ。芝生しばふがあることで,スライディングをしたりジャンプをしたりするときに,ケガをしにくくなるからです。少し前の話になりますが,メジャーリーグに行きたいという野球選手に,「グラウンドの芝生しばふを,もっと良いものに変えるから残ってくれないか」と球団きゅうだんが言ったそうです。スター選手の引きとめに,しばが使われたということ。この話でも,スポーツ選手にとって,芝生しばふがどれだけ大切なのかが分かってもらえますよね。

校庭を芝生(しばふ)に!

わたしの仕事は,そんなしばを植えること。でも,もともと日本では,芝生しばふはあまりなじみがあるものではありませんでした。芝生しばふといえば,やっぱりアメリカが進んでいて,庭一面が芝生しばふだなんて家も本当に多い。日本では,そんな家はほとんど見かけません。だから,もっといろいろな場所を芝生しばふにしたいと思っています。例えば,みなさんも校庭が芝生しばふになったらいいなとは思いませんか。

感動できるものや,とことんがんばれるものを見つけてほしい

感動できるものや,とことんがんばれるものを見つけてほしい

この仕事がおもしろいのは,芝生しばふは生き物だということでしょう。ちょっとした気候の変化などで,しばの育ち方は変わります。同じように芝生しばふを植えていても,毎回変化がある。これでカンペキということはないんです。そこが,大変だけれども,おもしろい。やっぱり,仕事でも何でも楽しくないと続きませんからね。だからみなさんにも,「これはすごい!」って感動できるものや,「これだけはやりぬくぞ」ってがんばれるものを見つけてほしいなあと思います。

ファンすべてを見る

(長野県 小6)
(新潟県 中1)
(東京都 小5)
(石川県 小6)
(埼玉県 小5)
(石川県 小6)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

宮本武蔵むさしあつかった本…男の生き様?
星新一
ゆめ想像そうぞうのあるショートショート
取材・原稿作成:(c)学校ネット株式会社