仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

神奈川県に関連のある仕事人
1983年 生まれ 出身地 神奈川県
でぱーとじゅうぎょういん(はんばいたんとう)デパート従業員(販売担当)
中野なかの 万里子まりこ
子供の頃の夢: 幼稚園教諭
クラブ活動(中学校): 吹奏楽部
仕事内容
販売員が働きやすい環境を整える
自己紹介
とてもマイペース。やりたい事はすぐ実行するので、多趣味たしゅみです。休日は映画えいがを見たり、大好きな歌を歌ったりしています。

※このページに書いてある内容は取材日(2010年03月30日)時点のものです

大勢おおぜいのお客様に来ていただき,楽しく買い物できる場を作る仕事

大勢のお客様に来ていただき,楽しく買い物できる場を作る仕事

私は川崎かわさき駅前のデパート「さいか屋」の社員として,3階婦人服ふじんふくフロアで働いています。みなさんがデパートで働いている人のイメージは「商品を選ぶ時に,相談に乗ってくれる人。レジでお金のやり取りをして,買った物を包装ほうそうしてくれる人。」という感じではないでしょうか。実はデパートには,それ以外のお仕事をする人たちがたくさんいます。私の仕事は大きく二つ。一つ目は,たくさんのお客様に来ていただけるように,フェアを定期的に企画きかくして実行すること。もう一つは,同じフロアで働いている約100名の販売員はんばいいんさんが,気持ち良く働けるような環境かんきょうを作ることです。これら二つを行うことで,結果として,たくさんのお客様が気持ち良くお買い物できるようなフロア作りをすることが私の仕事です。

約30店舗てんぽ・100名の販売員はんばいいんさんと一緒いっしょ魅力みりょく的なフロアを作る

約30店舗・100名の販売員さんと一緒に魅力的なフロアを作る

デパートのフロアを思いかべてみてください。様々さまざまなお店が入っていますよね。実は,各お店はさいか屋が全て運営うんえいしているのではありません。それぞれのお店とさいか屋が契約けいやくを結び,お店の人達はさいか屋のスペースを使ってお店を運営うんえいしているのです。私の働いているフロアでは,約30店・100名の販売員はんばいいんさん達がそれぞれのお店で婦人服ふじんふく販売はんばいしています。お店で働いている販売員はんばいいんさんは各お店の従業員じゅうぎょういんで,さいか屋の従業員じゅうぎょういんだけではありません。お客様から見るとみな同じ販売員はんばいいんのように見えると思いますが,実は,所属しょぞくがバラバラな人たちが集まって販売はんばいしているのがデパートの特徴とくちょうです。私はさいか屋の従業員じゅうぎょういんですので,お店全体を管理する立場として,販売員はんばいいんさんが気持ち良く働けて,お客様も気持ち良くお買い物ができるようなフロアを作ることが仕事の中心です。販売員はんばいいんさんの勤務きんむスケジュール(シフト,と言います。)を管理したり,さいか屋に関する要望や意見を聞いてフロアの改善かいぜんをしたり,お客様に来ていただくための工夫をしたりします。

一日の仕事のスケジュールはこんな感じです

一日の仕事のスケジュールはこんな感じです

朝9時30分に出社し,制服せいふく着替きがえてフロアのかぎを開け点検てんけんを行うことから一日がスタートします。開店の10分くらい前に3階のフロアの販売員はんばいいん全員で朝礼を行います。10時30分の開店のさいは,エレベーターの前で来店されるお客様にご挨拶あいさつをします。それからは,お昼休みと夕方30分の休み時間をのぞいて,ほぼ1日中3階のフロアで仕事をしています。お客様がいらっしゃったら,お声をかけたり,レジでお会計の仕事をしたりすることはありますが,カウンターの中でフェアの企画きかくを考えたり,実行に向けての準備じゅんびなどをしたりしていることが多いです。デパートが19時30分で閉店へいてんした後は,フェアの準備じゅんびがあれば,ポスターをったり,看板かんばんなどを設置せっちしたりします。そして,フロアを点検てんけんしてかぎめ,私服しふく着替きがえて退社たいしゃします。

どうすればお客様にたくさん来ていただけるか

どうすればお客様にたくさん来て頂けるか

大勢おおぜいのお客様に3階のフロアに来ていただくために開催かいさいしているのがフェアです。フェアは,毎月ちがうものが開催かいさいされています。色々な売り場のフェアを実行するまでには,それぞれ準備じゅんびに1か月ほどかかりますので,毎日フェアの準備じゅんびに追われている感じです。各お店の販売員はんばいいんさんの意見を聞きつつ,今,何をテーマにすればいいかを考えます。たとえば・・・ゴールデンウィークに合わせて,旅行をテーマにフェアを開催かいさいしたことがあります。各お店に声をかけて,旅をテーマに,旅先で着るのに快適かいてきなお洋服やバッグ,くつなどを店舗てんぽの目立つところに展示てんじしてもらい,お客様に見ていただくためのポスターや看板かんばんなどを作りました。ポスターにせる文章や店内放送の文章を考えたりすることも私の仕事です。一つのフェアを実行するには,たくさんの人が関わります。その中で当然,私とはちがう意見が出てくることもあります。その時に説得できるかできないかは,いかに自分がこのフェアが面白い!成功する!と信じているか,です。気持ちがこもっていなければ相手を説得できないですもんね。

様々さまざまな人がたくさん関わっているから,むずかしいし,楽しい

様々な人がたくさん関わっているから,難しいし,楽しい

先ほどお話した通り,私の職場しょくばではそれぞれ所属しょぞくちが販売員はんばいいんさんが集まって,日々仕事をしています。ですから当然,意見の対立が起こることもあります。大切なことは,それぞれの意見を聞いて調整し,ベストな方針ほうしんを見つけること。私の場合,とにかく人と向き合い,とことんお話を聞くことを大切にしています。対立が起こっている場合って,よくよくお話を聞いてみると,ちょっとした勘違かんちがいが元になっていることが多いように思います。それを見過みすごさないように丁寧ていねいにお話を聞いて,みなで良い方針ほうしんを見つけていく。むずかしいことですが,その結果としてフロア全体の和がたもたれて,気持ちの良い雰囲気ふんいきを感じることができると,大きな充実感じゅうじつかんを感じます。

デパートは楽しい場所じゃないとダメだと思う

デパートは楽しい場所じゃないとダメだと思う

デパートが大好きです。小さいころ,両親・祖父母そふぼにデパートに連れてきてもらってきてからずっと。デパートって家族みんなで来られますよね。おもちゃ売り場もあるし,大人向けのお店もあって,つかれたらみなでご飯が食べられるレストランにも入れて。そういうみな一緒いっしょに楽しめる所が大好きだったんです。大学生の時にデパートの地下の食品売場でアルバイトをして,小さい時にデパートが大好きだった気持ちと理由が,全然変わっていないことを思い出しました。だからとにかくデパートに就職しゅうしょくしたくて,就職しゅうしょく活動をしました。デパートで働くようになった今は,デパートをお客様が楽しい気持ちになれるような場所にするにはどうすればいいか,毎日考えています。少しずつ工夫を重ねることで,私が大好きになったように,さいか屋に来てくださったお客様がデパートを大好きになっていただけたらとてもうれしいです。

好きなことはどんどん試してみる子でした

好きなことはどんどん試してみる子でした

興味きょうみを持ったことは試してみないと気がまない子でした。小さいころから好きなのは音楽で,ピアノは2さいから大学生くらいまで続けていましたが,部活がきっかけでトランペットも10年くらいやっています。今でもその性格せいかくは変わっていなくて,仕事から興味きょうみが広がって,色彩しきさい検定けんていを取ったり,フィッテングアドバイザーの勉強をしたり,ネイルスクールに通っています。音楽も相変あいかわらず好きなので,バンドもやっています。友達には「よく時間があるね」とあきれられますが,こればっかりは性格せいかくなのでどうしようもありません(笑)

自分が好きだを持ったことは,まず試してみてほしい

自分が好きだを持ったことは,まず試してみてほしい

何か興味きょうみがあること,好きなことを見つけたらまずはチャレンジしてみてほしいと思います。やってみなければ,何が向いているか分かりませんよね。楽しいと思ったことがきっかけで,やりたい仕事が見つかるかもしれません。私,自分が好きと思う気持ちって,自分を動かす,周りの人を動かす一番強い力だと思うんです。何かをげたい時の大きな原動力になります。だから好きだって思う気持ちに敏感びんかんになって,大事にしてしい。そう思います。

ファンすべてを見る

(岡山県 小6)
(神奈川県 中2)
(千葉県 小6)
(東京都 小6)
(新潟県 中1)
(静岡県 中2)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

マーガレット・ミッチェル
スカーレットの強さ、メラニーの優しさは私の憧れです。何度も読んでいます。
フランシス・ホジソン・バーネット
苦しい時でも優しさを忘れないセーラの姿に、いつも感動します。

もっと知りたいこの仕事人

どんな会社?
取材・原稿作成:横浜銀行、(c)学校ネット株式会社