• 沖縄県に関連のある仕事人
  • 1970年 生まれ

    出身地 沖縄県

あわもりでんどうし泡盛伝道師

中里なかざと 迅志はやし

  • 仕事内容

    あわもりしさを伝える仕事

  • 自己紹介

    大らかな気持ちでいる事と,健康第一で仕事をしています。考えすぎる事,自分のしゃくはんだんすることが今後の課題です。

    黄金 言葉くがに くとぅばいっしょうけんめいはまいん(沖縄県の方言)
    訳:いっしょうけんめいがんばる。

  • 出身高校

    沖縄県立首里高等学校

  • 出身大学・専門学校

    中央大学 経済学部経済学科

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2017年05月29日)時点のものです】

中里 迅志


仕事人記事

あわもりしさを伝えるでんどう

<ruby>泡<rt>あわ</rt></ruby><ruby>盛<rt>もり</rt></ruby>の<ruby>美<rt>お</rt></ruby><ruby>味<rt>い</rt></ruby>しさを伝える<ruby>伝<rt>でん</rt></ruby><ruby>道<rt>どう</rt></ruby><ruby>師<rt>し</rt></ruby>

わたしは,あわもりというお酒をつくっている神かみむらしゅぞうで働いています。お酒ってどうやってつくられるかみなさんは知っていますか。あわもりの原料はお米で主にタイ国産のインディカ米を使用します。その米をし,はっこうさせ,じょうりゅうするなどお酒ができるまでにいろいろなこうていがあり,おいしいあわもりができるようにひんしつにこだわりていねいつくっています。わたしが働いている神かみむらしゅぞうでは,1年を通してあわもりつくり,つくったあわもりつぼやタンク,木たるちょぞうし,時間をかけてじゅくせいさせます。そして古酒蔵(くーすぐら)というあわもりはんばいするてんもあるため,そこではんばいしてお客様へおいしいあわもりとどけています。じゅうぎょういんは18名でその中であわもりつくっているしょくにんは3名います。わたしの主な仕事は,あわもりつくしょくにんおもいや,時間をかけてていねいつくったあわもりしさをいろんな人へ伝える仕事をしています。お酒を飲むと人は陽気な気持ちになり,心を開かせるこうがあると思っています。わたしあわもりをとおして,たくさんの人に幸せな気持ちになってほしいですし,あわもりのことを知らない人たちへあわもりりょくを伝えていきたいと思って働いています。神かみむらしゅぞうでは気軽にってもらう場所にしたいと考えて,いつでも見学ができるようにしています。今では年間約8,000人のお客様が来ており,多くの方は県外の方でリピーターです。最近は外国の方も来てくれるようになりました。

あわもりの歴史って知ってる?

<ruby>泡<rt>あわ</rt></ruby><ruby>盛<rt>もり</rt></ruby>の歴史って知ってる?

みなさんはまだお酒が飲めないからお酒のことはくわしくないだろうけど,お酒の歴史っておもしろいんですよ。あわもりは約600年の歴史があり,アジアとのこうえきの中で伝えられてきたと言われているんです。おきなわりゅうきゅう王国と言われていたころは,王府が管理して,おきなわの首里さんさきやま・赤田・とりほり)というげんていされたいきつくっていました。そのため,あわもりを飲めるのはかぎられた一部の人だけだったんです。あわもりつくった後は王府があったしゅじょうの「銭蔵(ぜにぐら)」というところでちょぞうされていました。りゅうきゅう王国にとってとても大切なものだったので「酒蔵(さかぐら)」ではなく,「銭蔵(ぜにぐら)」とばれていたそうですよ。また,あわもりの大きなりょくの一つとなるのが,年月をかけてじゅくせいさせることにより,まろやかであまかおりのあるしい古酒(くーす)に育っていくことです。約600年の歴史を持つあわもりは,戦争前までは100年や200年といった古酒が多くそんざいしていたそうです。100年単位ですよ。とても長い年月じゅくせいさせた古酒があったなんてすごいですよね。あわもりがこんなに歴史のあるお酒であることを知らない人も多いんです。だからこそ,あわもりの長い歴史をつくってきたおきなわの良さやあわもりすごさを多くの人たちへ伝えていきたいと思っているんですよ。

ちゅうはんなままごしていた

<ruby>中<rt>ちゅう</rt></ruby><ruby>途<rt>と</rt></ruby><ruby>半<rt>はん</rt></ruby><ruby>端<rt>ぱ</rt></ruby>なまま<ruby>過<rt>す</rt></ruby>ごしていた

よく三人きょうだいの真ん中の子はようりょうがいいって言われますけど,わたしにも兄と妹がいて,ようりょうがよくてずるがしこかったと思いますね。わたしおこられるのがいやだったから,両親の前ではいい子でごして,おこられるようなことはバレないように行動していましたね。
勉強は中学まではゆうしゅうなほうでしたよ。でも高校に入るとわたしよりもゆうしゅうな人はたくさんいて,落ちこぼれていき,なかなか勉強をがんろうという気持ちにはなれませんでした。
当時,しょうらいのこともしっかり考えていませんでした。両親はこういんだったので,両親や親せきから「こういんになったらいいよ」とか「安定している仕事だよ」ってよく言われていました。そのころは,こういんの仕事のことなんて分かっていなかったので,「こういんの何が楽しいの?」とか「こういんにはなりたくない!」って思っていました。たぶん,ちゅうはんわたしこういんむずかしい試験をえられるようなこんじょうがなくて,わけしていた部分もあったかもしれませんね。

外を知ってこそ地元の良さに気づく

外を知ってこそ地元の良さに気づく

ちゅうはんなままのわたしは,はなやかな大学生活にあこがれて東京の大学へ進学しました。大学に通っていて一番楽しかったのは,友だちと語り合う時間でしたね。大学には,日本全国から学生が集まるので,それぞれが地元のまんをしていましたよ。おきなわは小さな県だと思っていたのですが,音楽,おどり,食べ物などいろんな話しができて,おきなわはどの話題でもほこれるものや特別なものがあることに,その時はじめて気づきました。実はわたしは,それだけおきなわのことを“好き”だったんですね。おきなわにいたときは,「おきなわなんて」って思っていたのですが,おきなわはなれてはじめて,おきなわの良さやりょくさいはっけんすることができたのです。

やりたい仕事をやろう!

やりたい仕事をやろう!

おきなわが好きだと気づけたわたしは,大学卒業後はおきなわもどろうと思い,おきなわの銀行へしゅうしょくしました。入行2年目からわたしの仕事は,ゆうというお金を必要としている人にお金をす仕事をしていたので,いろんなお客様とせっする機会が多くありました。ある時,仕事で関わったお客様と食事をしているときに,あわもりの歴史やしい飲み方の説明をしながらお客様へお酒をすすめていました。そのすすめていたお酒が神かみむらしゅぞうあわもりです。いろんな人に神かみむらしゅぞうあわもりを飲んでほしいという思いから自然とやっていたことなんです。そしたらそのお客様から「昼間,仕事をしているときより楽しそうだな」と言われ,その時に初めて,あわもりに関わっているときが自分が一番いきいきしていることに気づいたんです。一度気づいてしまうと,あわもりに関わる仕事がしたくなってしまいましたが,つまや子どもがいたので,生活のことやしょうらいのことを考えるとすぐに銀行をめるというけつろんが出せずになやんでいました。そんな時に二人目の子どもの長女が生まれ,大人として見本となるような生き方をしていきたいと思い,自分が本当にしたい仕事は何かをしんけんに考えました。考えに考えた結果,やっぱりあわもりが好きでそれに関わる仕事がしたいという思いが強くなり「やりたい仕事をやろう!」とけつだんしたんです。

しきがない自分がくやしい!!

<ruby>知<rt>ち</rt></ruby><ruby>識<rt>しき</rt></ruby>がない自分が<ruby>悔<rt>くや</rt></ruby>しい!!

銀行をめて,神かみむらしゅぞうへ入社し,「自分のやりたい仕事をできる!」と,はじめはとっても喜んでいたんです。でも,あわもりのことをいろんな人へ伝えていきたいと思っていたけど,周りには自分よりもあわもりを愛している人たちでいっぱいでした。お酒が好きで,あわもりの歴史やりょくを伝えていきたいと思っていたのに,あわもりに対するしきの無さにくやしい気持ちでいっぱいになりました。それでもやりたい仕事だったので,いっしょうけんめいあわもりのことを勉強したんです。そんな時,あわもりしきや歴史などを学び,あわもりしきを正しく伝えられる人材を育てることを目的としている「あわもりマイスター」のこうがあることを知りました。あわもりきょうのある大学生やいっぱんの方も参加できるとあったので,わたしにピッタリのこうだと思い,勉強しかくを取ることにしました。働きながら1年間,あわもりの勉強をしていくうちに,もっとあわもりのことが好きになり,あわもりりょくにどんどんはまっていきましたね。だからこそ,今,多くの人にあわもりりょくを伝えていきたいと思っています。

あわもりが人と人をつなげる

<ruby>泡<rt>あわ</rt></ruby><ruby>盛<rt>もり</rt></ruby>が人と人をつなげる

わたしは,あわもりは人の心を開かせ,人と人をつなげるりょくを持っていると思っています。なぜなら,わたしあわもりマイスターのこうを受けていたときに,いっしょこうに参加していた人たちの中には,さまざまな方がおり,つうしゅの方や県外から参加している人もいました。その方たちへ「どうしてかくを取ろうとしているの?」と聞いてみたところ,しゅの方は「じゅんすいあわもりが好きだから」,県外の方は「あわもりどくとくかおりをもっと知りたくて」と言っていました。あわもりを好きな方が多く,あわもりをとおして,とてもてきな人たちに出会うことができたと思っていますよ。
かみむらしゅぞうには,お客様のあわもりをおあずかりしちょぞうするぐらがあります。そのあわもりのラベルには未来へのメッセージが書かれており,さらにその時った写真をいっしょにつけてかんしています。今では約2,000本のあわもりをおあずかりしています。あわもりかかげている写真ですが,はじめはお一人で来ていたお客様の姿すがたが,何度かおとずれることにより数年後にはけっこんしてふうで来た写真がえ,その数年後には子どもが生まれて家族で来た写真がえていくんです。ここでもあわもりがいろんな人たちの人生や歴史に関わるきっかけとなっているんですよ。人と人をつないできたからこそ,あわもりは長い歴史をきざんできたのです。そんなあわもりいで次の時代へとつないでいくことはとても大切なことだとわたしは思っていますよ。

大人になるって楽しい!

大人になるって楽しい!

今のわたしにはゆめがあります。どんなゆめかというと「あわもりのある生活をとおして,世の中を平和にしたいと思っています。」わたしのまわりに家族や友人,そしてお客様がおおぜいいて,みんな笑っているあたたかい光景をいつもおもかべています。わたしは自分自身の人生,また大人であることを楽しみたいと思っています。もちろん,大人になるって楽しいことだけではないかもしれません。いろんなことになやんだり,まよったりすることもあります。でも,どんなにむずかしいかべにぶつかっても,何度でもいどんでいる大人がいることやあきらめないでがんっている,そういった大人がいっぱいいることに,みなさんには気づいてほしいし,お手本にしてほしいと思っています。また,周りにいる人の大切さやかんしゃの気持ちをわすれないでほしいです。今のわたしがやりたいこと,好きなことを仕事にすることができたのは,いろんな人との出会いがあり,周りにいた人たちのおかげです。みなさんは大好きでやりたいことはありますか。そのためにも自分が今,何をすべきなのかを考え,自分で決め,それに向けていっしょうけんめいがんってもらいたいです。そうすれば,キラキラとかがやいたてきな大人になれて,てきな人生をおくる事ができると思いますよ。

  • 取材・原稿作成:一般社団法人グッジョブおきなわプロジェクト/協力:株式会社学友館

私のおすすめ本

  • 生き方

    稲盛和夫

    人としての大事な考え方,心の持ち方が集約されているわたしのバイブルです。