• 沖縄県に関連のある仕事人
  • 出身地 沖縄県

銀行員 証券国際部

中本なかもと 優作ゆうさく

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2017年04月16日)時点のものです】

中本 優作


仕事人記事

おきなわの歴史とともに歩んできた銀行

<ruby>沖<rt>おき</rt></ruby><ruby>縄<rt>なわ</rt></ruby>の歴史とともに歩んできた銀行

わたしつとめている「りゅうきゅう銀行」は,県内で最も初めにそうりつされた歴史のある銀行です。みなさんはおきなわけんがアメリカの一部だったことを知っていますか。おきなわけんは第二次世界大戦のえいきょうで,1945年からの27年間,日本ではなくアメリカの管理下にありました。なのでおきなわに住む人々は,それまでの日本の通貨“円”でのらしから“ドル”を使って生活をするルールになり,物のや生活が大きく変わってしまいました。そんなおきなわの人々のらしを守る「中央銀行」として,ぶっの安定とけいざいはってんのために1948年 りゅうきゅう銀行はせつりつされました。中央銀行とは,国で使われる通貨を発行するけんを持ち,国内の銀行の管理をするやくわりを持っています。中学生のみなさんが社会科公民で学ぶ,「日本銀行」は日本の中央銀行です。ほんてきにはひとつの国にひとつしかそんざいしませんが,当時のおきなわは,日本でもアメリカでもない特別ないきでしたので,りゅうきゅう銀行がそのわくわりになっていました。1972年,おきなわが日本にへんかんされたときに「地方銀行」として生まれ変わり,今ではいきから親しまれしんらいされる銀行として,おきなわみなさまらしにこうけんしています。

世界とつながる仕事

世界と<ruby>繋<rt>つな</rt></ruby>がる仕事

銀行の大きなやくわりの一つに,お客様からお金をおあずかりし,必要としている方におしする「ゆう」という仕事があります。わたしつとめている銀行も,お客様からお金をあずけていただきゆうに活用しています。ただ,おあずかりした全てのお金をゆうに利用できているわけではありません。そのため,一部のお金は日本せいや都道府県などの地方公共だんたい,または海外のせいが発行するさいけんぎょうが発行するかぶしきとうしんたくといった「ゆうしょうけん」とばれるきんゆう商品を,せんもんあつかっているきんゆう市場(マーケット)で運用し,お客様からおあずかりした大切なお金をやすことに努めています。
わたししょぞくするしょうけんこくさいは,その運用ぎょうを行うしょです。取り引きを行うフロントぎょうとそれをサポートしているバックぎょうばれる仕事があり,わたしはバックぎょうたんとうしています。朝は7時にしゅっきん。ヨーロッパやアメリカのマーケットがどのように動いたかじょうほうしゅうしゅうし,その後,8時からフロントたんとうしゃや上司とのミーティングでほうこくします。8時半ぎには,えいぎょうてんの行員向けにじょうほうを発信しています。わたしたちのしょうけんこくさいのスタッフはお客様とちょくせつ会う機会はほとんどありませんが,えいぎょうてんの行員がお客様のためにスムーズにやり取りできるようサポートしています。わたしたんとうするバックぎょうは,フロントたんとうしゃしたがいデータ入力や入金かくにんといったしょを行います。ほん5時までのきんですが,3時ころになるとヨーロッパの取り引きがスタートするため,海外で大きなニュースがある場合には残業をすることもあります。最近では英国のEUだつや米大統領選のときは,マーケットも大きく動きじょういそがしくなります。
わたしたちの銀行には1300人以上の行員が働いていますが,フロントぎょうたんとうしているのは4名のみで,バックぎょうわたしふくめ3人で行っています。

「友達」ってなんだろう?

「友達」ってなんだろう?

子どものころはとにかく目立ちたがり屋で,人前に出るのが大好きでした。学芸会でも自分から主役にりっこうして,学校代表で意見発表会にも参加しました。中学校では生徒会の会長選挙にりっこうして,副会長に選ばれました。ボーイスカウトにも入ってましたよ。キャンプなどの野外活動はもちろん,リーダーもつとめてメンバーをいんそつしていましたね。このころから,そっせんして人の役に立ちたいという気持ちが芽生え始めたと思います。
ですが,わたしには友達がいなかったんです。クラスメイトや部活の仲間はいましたが,会話が合わないというか,けられなくて,学校のどこにいてもさびしい思いをしていました。わたしが目立つことをしていた理由のひとつは,友達がしかったんだと思います。教室でのさびしさをめるために,生徒会活動にんでいたというのが本音ですね。結局,中学校まで「友達」とべる人には出会えませんでした。わたしの思う友達は,“楽しく遊ぶ”だけの関係ではなく,“心のつながり”が感じられる関係です。ワクワクすることも大切だけれど,時には本音でたがいの意見をぶつけ合ったり,時にはライバルになったり,でもぜったいきらいにならない,そんな「友達」がしいと思っていました。

「友達」とべる関係

「友達」と<ruby>呼<rt>よ</rt></ruby>べる関係

高校生になってからは,放送部にしょぞくしました。放送部と聞くと,昼休みの校内放送とか楽しそうなクラブ活動というイメージがあると思いますが,わたしたちは全国の高校生がきそう放送コンクールを目指し,九州大会や全国大会に向けて番組せいさくやアナウンスの練習にれていました。
朝6時から学校に行って放課後は夜8時くらいまで,土日も夏休みも部活一色の毎日でした。大会に出品する作品の長さは8分と決まっていましたので,その短い中にないようはもちろん,どんなこうせいにするのか,見ている人に分かりやすく伝えるために何をふうすべきか考え,しんけんに取り組みました。部員のさまざまなてんむことでおもしろい番組ができあがると信じつつも,もっと良い作品にしたい,もっと上手になりたいとの思いが強くなりぎて,時にははげしく思いを戦わせることもありました。3年生で部長になったのですが,わたしの気負いすぎたリーダーぶりに,こうはいから“おに部長”とかげでいわれるほどたいいくかいけいのノリでしたね。チーム全員の思いと努力がまった作品が,全国大会で入賞したときに部員全員で大喜びしたのは,今でもいい思い出です。そのときの仲間は,わたしのかけがえのない親友です。

しょうらいゆめはアナウンサー!のはずが…

<ruby>将<rt>しょう</rt></ruby><ruby>来<rt>らい</rt></ruby>の<ruby>夢<rt>ゆめ</rt></ruby>はアナウンサー!のはずが…

放送部のけいけんからマスコミの仕事にきょうを持ちました。じんでもアナウンスで入賞したけいけんもありましたので,しょうらいゆめは「アナウンサー」と決め,有名なアナウンサーが多く通ったという大学に進学し,マスコミせんこうで勉強をしました。マスコミせんこうのゼミは,せんばつ試験があるほどハードルが高く,中でもアナウンサーコースは少人数しか受けることができませんでした。マスコミとは,正しくは「マスコミュニケーション」といって,多くの人という意味の“マス”に対して,コミュニケーションするという意味です。“コミュニケーション”とは,言葉によって心や気持ちが通い合い,おたがいがかいできるようになることです。
しかし,だいに「自分がやりたい仕事ではないかもしれない」と思うようになりました。アナウンサーは人に伝えるりょくてきな仕事だけれど,テレビやラジオの向こう側でいてくださる人の顔が見えなくて,どう感じたのかがちょくせつは分かりません。伝えることがじゅうされて,一方通行のじょうほう発信になってしまわないかと気になりました。そのとき,自分はそうほうこうのコミュニケーションが理想だと思っていて“伝える人”と“受け取る人”そうほうの“人”との交流がしたい,それをじつげんできる仕事としてマスコミに関わるしょくぎょうを望んでいるのだと気づきました。
たんにアナウンサーを目指していた気持ちが消えてしまい,自分の進路が見えなくなって不安でしたね。何よりも心苦しかったことは,両親にそのことを言えなかったことです。大学進学のときに「アナウンサーになるためにこの大学に行きたい!」とたのんで説得し,東京の大学に行かせてもらった手前,両親にもうわけなかったですね。

「人に関わりたい!」その気持ちは変わらない

「人に関わりたい!」その気持ちは変わらない

アナウンサーのゆめは消えましたが,ずっとそこに立ち止まってもいられません。次の目標をさがしてみることにしました。社会にはどんなしょくぎょうがあるのか,どんな仕事が自分に向いているのかヒントを見つけたくて,ぎょう説明会にも積極的に参加しました。別に「しゅうしょくできればなんでもいいや」という気持ちではなかったですよ。やはり「人に関わりたい!」という思いは変わらなかったので,何をじくに“人”と関われるのかを知りたくてじょうほうを集めていました。
その中で「お金」に関わる仕事にきょうを持ちました。お金は“命の次に大切”といえます。人のらしにはわずかであってもお金が欠かせません。衣食住はもちろんですが,赤ちゃんが生まれたりけっこんしたりなど家族がえるとき,したり進学したりなどかんきょうが変わるときにもお金は必要です。そんなふうにだれかの人生にみっせつに関わるお金をあつかう仕事である「銀行員」になることを決めました。
きんゆう機関には「都市銀行」と言われる全国にてんを持つ大きな銀行や「しょうけん会社」などがありますが,せいべつねんれいそうを問わずさまざまなお客様が来店される「いき銀行」を希望しました。その中でも,おきなわの歴史のてんかんささえ,今でもいきに親しまれしんらいされるりゅうきゅう銀行で,いきの方々のらしにっていきたいと思いました。

お金はゆめおうえんだん

お金は<ruby>夢<rt>ゆめ</rt></ruby>の<ruby>応<rt>おう</rt></ruby><ruby>援<rt>えん</rt></ruby><ruby>団<rt>だん</rt></ruby>

わたしは入行して初めの数年間はてんきんをしました。じんのお客様が多く,ぜいきんはらみや入出金はもちろん,お母さんがお子様のこうかいせつのために来店したり,車や家のこうにゅう退たいしょくきんの相談をしたり,お客様のゆめや人生せっけいのお手伝いをさせていただきました。またお年玉をめてまどぐちあずけに来てくれる子どもたちや,100円をコツコツ貯金箱にめてうれしそうに持ってくるおばあさんから大切なことを教わりました。それはゆめや目標は,毎日の小さな努力と思いを乗せたお金が積み重なってかなえられるということです。人生の節目にもお金は必要になってきます。お金とはゆめをかなえたり,らしをゆたかにしたりするおうえんだんだと思います,わたしつとめる銀行には,一人ひとりの思いと小さなお金が集まってきます。いっしょうけんめいに働いたお金,年金,けっこんや出産祝いなどきんがくの大小に関係なく全てが大切です。だから,その大切なお金をしっかり守ることが銀行員の仕事だということをお客様の姿すがたを通して学びました。
今はしょうけんこくさいはいぞくされて,ちょくせつお客様とお会いする機会はありませんが,てん時代にお世話になった方々のお顔を思い出しながら自分の仕事と向き合っています。夜10時になると世界のお金の動きがわかるニュースが毎日流れるのですが,お客様のそんとくに関わる大切なじょうほうなので気になってしまい,ていても遊んでいても,その時間だけはじょうほうかくにんします。
とはいえ,うまくできないことや時にはせんぱいや仲間にめいわくをかけてしまうこともありますが,小さな努力を重ねて自分の成長につなげていくことが,お客様に対するせきにんだと思って毎日がんっています。

こわがらないで,行動を起こしてみて!

<ruby>怖<rt>こわ</rt></ruby>がらないで,行動を起こしてみて!

わたしは子どものころ,友達がいなくてクラスにめなかったのですが,ボーイスカウトという学校以外の世界を持っていました。そこには自分より年下だったり,お父さんと同じくらいの人がいたり,自分とはちがかんの人がいて多くのことをわたしに教えてくれました。その人たちとの時間が楽しくて,ますます学校でいてしまうそんざいになっていたかもしれません。かえってみると,そのときはたださびしいという気持ちをまぎらわしていただけかもしれませんが,それが大人になった“今”の力になっています。あのころ,世界を広げるちょうせんをしていなかったら,望まない未来になっていたかもしれません。
もしあなたが,“今”いる場所や時間にごこの悪さを感じて,さびしく思っているとしたら,もう少しだけ目線を上げてみませんか。別の世界に自分のしょ,自分のかいしゃが必ずいます。学校はとても大切な場所であることに変わりありませんが,学校での学びやクラスのお友達だけが全てではありません。自分が安心できる場所や自分をかがやかせてくれる世界はたくさんあります。だからちょうせんしよう!自分が動けば,世界は変わります。失敗をおそれずにけてください。未来にはがおのあなたが待っていますよ。

  • 取材・原稿作成:一般社団法人グッジョブおきなわプロジェクト/協力:株式会社学友館

私のおすすめ本

  • かもめのジョナサン

    リチャード・バック

    「飛ぶ」ということに情熱を燃やし,食べることさえ忘れるほど没頭するかもめが主人公。失敗し続けても,ストイックに挑戦し続ける姿に諦めない大切さを学びました。