仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

東京都に関連のある仕事人
1978年 生まれ 出身地 東京都
上村うえむら 嗣美つぐみ
子供の頃の夢: メイクアップアーティスト 、スタイリスト
クラブ活動(中学校): なし
仕事内容
会社の仕事内容を社外に広める
自己紹介
昔からてきぱきとした性格です。旅行が好きで、年に2回以上は海外旅行に行っています。週末は温泉に行ったり料理をして過ごしています。

※このページに書いてある内容は取材日(2007年11月07日)時点のものです

会社のファンを増やす!

会社のファンを増やす!

わたしはサイバーエージェントという会社で「広報こうほう」という仕事をしています。広報こうほうの仕事をひと言で表すなら「会社のファンをやす仕事」です。なぜ会社のファンをやさなくちゃいけないかと言うと…例えばインターネットでみなさんが「ブログを書いてみたいな」と思ったときに,無料で利用できるブログサービスが色々いろいろあるのでどれを選ぶかまよいますよね。同じブログサービスでも,名前を聞いたことがあるブログサービスだったり,好きな芸能げいのう人も使っているブログサービスだったり,使いやすそうだったり,楽しそうだったり…良いイメージがあるブログを選ぶのではないでしょうか。「広報こうほう」の仕事は,わたし達の会社のことをたくさんの人に知ってもらって良いイメージをもってもらう,つまり,ファンになってもらうことで,わたし達の会社のサービスや商品を選ぶ人がえるようにする仕事,というわけなんです。他にも,社員を採用さいようする時や,資金しきんを集める時にも広報こうほうの仕事が活きてきます。どの会社に入ろうかな,とか,どの会社に投資とうししようかな,と考える時にも,良く知っている会社や,良いイメージの会社を選びたいですからね。そういう意味でも,会社のファンをやすことはとても大事な仕事なんですよ。

知っていなければ探せない

知っていなければ探せない

わたし達の会社の主な商品は,インターネットのサービスそのもの,なんです。代表的なものは『アメーバブログ』(インターネットでだれでも自由にみができる日記のようなもの)。つまり,お店にならべて売ってある商品ではないんです。チョコレートやジュースのように手に取ることができる形で売っているものは,お店に行ってから「どれにしようかな…」とまよったり,「へえ,こんなのあったんだ,買ってみよう」なんてことができます。でも,わたし達の商品はブログですから,それができません。知っていなければ,さがせないんです。だから,まずは「サイバーエージェントという会社がありますよ。そしてわたし達はこういうブログを提供ていきょうしていますよ」ということをたくさんの人に知っておいてもらう必要があるんです。そうそう,ブログというもの自体を世の中の人に知ってもらうことも大事。ブログが何かを知らなければ,アメーバブログを選ぶというところまでたどり着きませんもんね。そのためにも,他の会社のブログも研究したりして,ブログの楽しさを伝えることもしていますよ。

私たちの会社を好きになってほしい!

私たちの会社を好きになってほしい!

広報こうほうの1番大きな仕事は,テレビ・新聞・雑誌ざっしなどで会社や商品の情報じょうほう紹介しょうかいしてもらうことです。ファンをやすためには,たくさんの人が見るところに情報じょうほうを流したほうが良いですもんね。具体的には,記事を書く記者の人達にわたし達の会社のニュースをお知らせしたり,一緒いっしょに番組や記事の企画きかくを考えたりします。社長や社員のインタビューをたのまれたときに,会社のイメージにぴったりの人をさがすのもわたし達の役目です。取材は一週間に10けんぐらい。たくさんの記者さん達に会えるのも楽しみのひとつです。あとは,楽しいイベントを企画きかくしたり,会社のキャラクターのグッズを作って配ったりもします。とにかく,色々いろいろな方法で,わたし達の会社を知ってもらう。好きになってもらう。これにきます。お昼ごはんを会社のつくえの上で食べながら,ニュース,雑誌ざっしの記事,テレビ番組,だれかが書いているブログ…毎日最新の情報じょうほうをチェックしたりもしてますよ。世の中の動きや流行っているものを知るとたくさんアイデアが出てきますから,情報じょうほう収集しゅうしゅうは欠かせないんです。

やったー!!

やったー!!

少し前に「ガイアの夜明け」という番組でわたし達の会社で働く社員の様子が紹介しょうかいされました。何十時間もかけて撮影さつえいした番組。わたしも立ち会いました。待ちに待った番組を見たとき,とてもドキドキしましたが,わかい社員がイキイキ働く様子が画面から伝わってきて,「やったー!!」と,すごくうれしかった。そんな風に,広報こうほうの仕事が,番組や記事という,目に見える形になってみんなに見てもらえたとき,「がんばってきてよかった!」と思います。

クールでいるのがコツ

クールでいるのがコツ

わたしは,働いている会社が大好きで,わたしの会社の商品やサービスにもほこりを持っています。でも,そうやって自分の会社が好きだと,どうしてもうちの会社の商品やサービスをひいきして見てしまうんです。会社の中では「これ,スゴイゾ!」なんてがっている商品でも,もしかしたら他の人はそんなに興味きょうみを持ってくれないかもしれない。そしたらその商品は世の中には広まらなくなってしまいます。なので,熱くなりすぎず,普通ふつうの人がどんなことに興味きょうみを持つのか,について敏感びんかんでいるように心がけています。会社の外の人とたくさん話したり,会社以外の情報じょうほうもたくさん集めるようにしています。そうやって,広報こうほうわたしがちょっとクールなほうが,実際じっさいに商品を開発している社員の人達とのバランスが取れて良いんですよ。

偶然(ぐうぜん)…

偶然(ぐうぜん)…

元々もともと,イベントを企画きかくしたりするのが好きでした。大勢たいせいの人に向けて何かを伝えるためのアイデアを考えることにワクワクしたんです。だから初めは,広告の会社に行って営業えいぎょうの仕事をしたいと思っていました。でも,就職しゅうしょく活動のときに,たまたま参加したこの会社の説明会で,それまで見たどこの会社よりもイキイキと働く社員の姿すがたにビビッ!と来てしまったんです。それで,それまで知らなかったけれどこの会社の試験を受けました。結局,広報こうほうという仕事で,就職しゅうしょく活動の初めに希望していたイベントを企画きかくする仕事をしています。偶然ぐうぜんだけれど,不思議ですね。

本ばかり読んでいました

本ばかり読んでいました

子供こども時代は,とにかく本ばかり読んでいました。家の真向かいに図書館があったんです。おかげで,文章を書く力,言葉や漢字の力がすごくついたと思います。今も,会社の人や友達に,「そんな漢字も知っているの!すごいね」なんてほめられることもあるんですよ。

どんな状況(じょうきょう)も楽しんじゃおう!

どんな状況(じょうきょう)も楽しんじゃおう!

自分の好きなことを仕事にできたら幸せだと言いますね。でも,好きだったらその仕事が楽なわけじゃない。大変なこともたくさんあります。やりたくなかったこともしなければいけないときもあります。でもわたしは,どんな状況じょうきょうでも楽しんじゃおう!と思ってるんです。やりたくなかった仕事も,楽しむためにはどうしたらいいかな?という気持ちで色々いろいろ工夫してみたら,パッと目の前が開けるかもしれません。せっかくお給料をもらって長い時間働くんですから,楽しまなきゃソン!だと思います。

ファンすべてを見る

(福島県 中1)
(神奈川県 高1)
(北海道 小6)
(静岡県 中1)
(神奈川県 小6)
(岩手県 小6)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

ロナルド・J・オルソップ
『評判』を高め、強い会社をつくることについて、事例を含めわかりやすく書いてあります。不祥事を起こす企業が多い中、企業はどういった対応をするべきか、どういったレピュテーションマネジメントをするべきか非常に参考になりました。
佐野洋子
小さい頃に読んだ本ですが、大人になって改めて読む機会がありました。主体的に生きること、そして幸せとはどういうものか心に染み入ります。

もっと知りたいこの仕事人

取材・原稿作成:(c)学校ネット株式会社(石沢秋沙)