• 東京都に関連のある仕事人
  • 1981年 生まれ

    出身地 東京都

衣料品製造

一ノ瀬いちのせ 広行ひろゆき

  • 仕事内容

    お客さまが着たいと思う服を形にする。

  • 自己紹介

    こうしんがあって,何でもまずやってみるせいかくです。休みの日も朝8時には起きますが,ソファにすわって一日中,えいを見ているなど,オフはインドアです。

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2017年10月25日)時点のものです】

一ノ瀬 広行


仕事人記事

お客さまのやりたいことを聞き出して形にする

お客さまのやりたいことを聞き出して形にする

わたしは1985年に東京都北区でそうぎょうした衣料品せいぞう会社「丸一」の2代目の社長です。初代の社長はわたしの父です。社員はグループ会社を合わせた全体で200名ほどいます。わたしたちの会社では,メンズやレディースの衣料品だけではなく,アーティストのステージしょう・グッズ,アニメ関係の衣類なども作っています。もともと東京都内に自社工場を持っていましたが,げんざいはそれに加え,中国に2つの工場も持っています。
衣料品はオリジナルブランドの服を作るほか,お客さまかららいされて,他のブランドの衣類も作っています。注文を受けて衣類を作る場合は,お客さまのじつげんしたいことを聞き出すこともわたしの仕事のひとつです。ぼうだいサンプルからぴったりなを選んで見積もりを出し,ていあんします。ていあんが決まると,どういう加工にしたいか,どういうプリントにしたいかなど,細かな打ち合わせが始まります。
げんざいは90社くらいの取引先があり,毎月,服の型を300から400,動かしています。ようやくのうひんしてもすぐに次の仕事が始まるので,心が休まる時はありません。最近では,洋服以外にもかさけいたいバッテリーなどのグッズを作るなど,新しいことにもチャレンジしています。

仕事はスピード感を持って進める

仕事はスピード感を持って進める

わたしは毎朝9時に出社して,社員と朝礼をします。そのあとは,お客さまとの商談です。へいきんで1日3社ほど,多いと8社以上アポイントがある日もあります。わたしは人と話すことが好きなので,商談をしている時はとても楽しいですね。自分の仕事だけではなく,社員からほうこくや相談をされたり,つねいそがしいのですが,ぜったいに残業はせずに夜7時には帰ると決めています。わたしが早く仕事を終えて帰れば,社員も早く帰りやすいですよね。
わたしはとにかく仕事が早い方で,けつだんするのも早いと思います。仕事においてスピード感はとても大切です。わたしたちの会社は都内に工場を持っているため,Tシャツであればらいをもらったよくじつにはお客さまの元におとどけできる,くらいのスピード感を持って仕事ができます。これは地方や国外の工場ではできないので,わたしたちの強みだと思っています。とはいえ,仕事はわたし一人で何から何まで全部できるわけではないので,デザイナーやえいぎょうの社員などと手分けをして力を合わせてがんばっています。

失敗はかいぜんすることで必ず成功に結びつく

失敗は<ruby>改<rt>かい</rt></ruby><ruby>善<rt>ぜん</rt></ruby>することで必ず成功に結びつく

わたしは「毎日を楽しむ」をモットーにしているので,仕事においてつらいと思うことはありません。たとえ失敗しても,問題をかいけつして,成功に結びつけられるようにするので,楽しくなるんです。失敗したことにくよくよするのか,乗りこえたときの喜びをゆうせんするのかで,モチベーションがちがうような気がします。
わたしはいつでもポジティブに物事を考えるようにしています。高校をちゅう退たいして15さいからいろいろな仕事をしてきましたが,今までせつを感じたことはありません。例えば,会社が赤字のときでも,もうここからぜったい上がるしかないんだと思ってしまうんです。上がるための努力をするので,悪くなるはずがないというか。おかげさまで日本も中国にある会社もずっとみぎかた上がりですし,日々かいぜんすることを心がけているので,悪くなるようがありません。

ものづくりをするうえでは,ゆずれないところも

ものづくりをするうえでは,<ruby>譲<rt>ゆず</rt></ruby>れないところも

わたしの仕事のりょくは,お客さまといっしょに,おもえがいたものを形にできることだと思います。ものづくりは,お客さまの言うことを100%聞けばいいというわけではありません。ひんしつを高めるためには,時に「ここはぜったいにこうしたい」という自分たちのゆずれない意思を伝えることも大切です。そうやって努力して作るからこそ,街でたまたまその洋服を着てくれているのを見かけたり,テレビやざっでタレントさんが着てくれたのを見ると,うれしいですね。
今は社員も30代が中心になっているので,服づくりの喜びをもっとわかい人たちにも知ってもらいたくて,ふくしょく関係の学校を卒業したばかりのデザイナーのたまごを育てて,いっしょに何かできないか考えています。どうしても工場は地味なイメージがあるので,デザイナーになるゆめかなえられる場所として,イメージを変えていきたいと思っています。

お客さまにはせいを持って

お客さまには<ruby>誠<rt>せい</rt></ruby><ruby>意<rt>い</rt></ruby>を持って

仕事をする上で大切にしているのは,衣類を注文してくれるお客さまに,せいをもってせっすることです。お客さまがこういう服を作りたいとそうぞうしている以上のものをひょうげんしたいと考えています。わたし自身も一人の消費者なので,自分が買うとしたらこれでいいか,悪いかという感覚をほんにしています。そのため,時にはお客さまにも「すごく安くできるけれど,これで売れるの?」などと,はっきり言ってしまうこともあります。そして,その後には必ず「を変えてだんを上げたほうがいいのでは?」など,けいけんをもとにアドバイスをして,てきせいひんしつかくにしていきます。お客さまの言っていることばかりを聞いていたら,わたしたちが作らなくても,どこの業者でもできてしまいます。わたしたちがしっかりプロとして意見を言いながら作っていくのが,うちの会社の良さだと思っています。
また,仲間である社員も大切にしています。例えば,社員の意見をそんちょうして,おたがいに自由に意見を言えるふんを作っています。そして,働く場所やふくそうなどを自由にして,結果を出せれば何をやってもいいと言っています。社員を大切にすると,会社を大切にしてくれます。そうなってはじめて,会社がお客さまを大切にできるようになるんです。

子どものころから何にでもチャレンジしてきた

子どものころから何にでもチャレンジしてきた

昔から本当に何にでもチャレンジする子どもでした。一人で三輪車に乗って,ひと駅先まで行ってしまったこともありました。何に対してもこうしんおうせいで,まずやってしまうタイプなのは,このころから変わりません。頭で考えるよりも,やってみてから考えるほうがいいと思うので,何でもいいからやってみてけいけんすることは大切だと思います。
小学生のころは,毎日放課後にサッカーやドロケイ,ドッジボールをやったり,とにかくずっと体を動かしていました。当時は,夕方のチャイムギリギリまでどうやって遊べるかしか考えていなかったですね。中学生になると,サッカー部に入って,平日は練習,土日は試合と,サッカーばかりやっていました。勉強しているより,とにかく動いていたかったんですね。
子どものころから親の仕事はしきをしていて,学校でもふくしょくを勉強し,この会社に入りました。努力した結果,わたしが会社をいでから,会社のもかなり大きくなりました。中国の2つの会社はわたしの代で作ったのですが,グループ全体で売り上げは倍以上に成長しています。これからもっと大きくなるのうせいが高いので,楽しみですね。

ポジティブに生きるかんきょうは自分で作ろう

ポジティブに生きる<ruby>環<rt>かん</rt></ruby><ruby>境<rt>きょう</rt></ruby>は自分で作ろう

いろいろなことをけいけんしてみて思うのは,まずはおそれずやってみてほしいということです。失敗をおそれてしまうのは,周囲のえいきょうも大きい気がします。まずは,何に対してもポジティブにチャレンジできるように,自分のかんきょうを作っていくべきだと思うんです。だから,まずやってみて失敗しても「次があるよ!次はこれやろうよ」と言ってくれる仲間を周りにやすべきだし,みんながそうなっていくようなふんを作っていくべきだと思います。
人の心はスポンジのようなもので,周りのえいきょうを受けるものです。周りのかんきょうによってどんな色にもまり,黒くもなれば,白くもなります。だから自分でかんきょうを選ぶことが大切です。また,しょうらいどうなりたいか,何をしたいかは,自分でなやみながら選んでほしいです。なやむことからげるのではなく,がんばってチャレンジして,道を切りひらいていってほしいです。

  • 取材・原稿作成:東京書籍株式会社/協力:城北信用金庫

ファン

すべてを見る

※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

  • 「ノンタン」シリーズ

    キヨノサチコ

    兄や姉が読んでいたので,子どものころに読みました。内容が楽しく,絵もかわいいので夢中になって読んでいた記憶があります。色も鮮やかで,いま見ても古びた感じがせず,おしゃれな絵本だと思います。