• 千葉県に関連のある仕事人

館山市の仕事

クラフトハート トーカイ

  • 子供の頃の夢

  • クラブ活動(中学校)

  • 仕事内容

  • 自己紹介

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2018年10月24日)時点のものです】

クラフトハート トーカイ


仕事人記事

クラフトハートトーカイ 「いつでもがおで明るく!」

クラフトハートトーカイ 「いつでも<ruby>笑<rt>え</rt></ruby><ruby>顔<rt>がお</rt></ruby>で明るく!」

わたしたちは,「クラフトハートトーカイ」に仕事体験に行ってきました。クラフトハートトーカイは,ぬのなどの色々な材料を売っている手芸せんもんてんです。場所はイオンタウンの中にあります。定期的に手芸のこうしゅうかいも開いているそうです。
主な仕事ないようは,お店のじゅんとしてそうじをするそうです。お客様に対してはぬのを切って商品を包む,レジ打ち,お客様の色々な要望にこたえること,見本づくり,紙のりです。この写真は店内の様子です。よく見るとぬのや見本などがたくさんあります。

今回体験したこと

次に,今回体験したことです。まず最初に体験させてもらったことは,店内のそうじで,モップがけや鏡ふきをしました。そうじ時間は5分ほどでスムーズに終わりました。
次に体験したことは,ぬのの切り包みです。これはぬのを特定の大きさに切り,ほうそうに包んでお客様にわたすための作業です。
他に体験したことは,レジの手伝いです。わたしたちはお客様が買ったものをふくろに入れる作業をたんとうしました。
さらに,紙のりもしました。この作業は,セール中の商品のだんを紙に書き,それを店内にる作業です。
最後に,ハーバリウム作りを体験させてもらいました。ハーバリウムとはかんそうした花をびんに入れてとくしゅえきを注ぎ作る置物です。

クラフトハートトーカイ Q&A

クラフトハートトーカイ Q&A

次に,店長さんにしつもんしました。
クラフトハートトーカイの店長さんが一番大切にしていることは,よい印象を持ってもらうためにがおせっきゃくすることを心がけているそうです。
この仕事にいたきっかけは,昔,お母さんが手作りバッグなどをプレゼントしてくれて,それがとてもうれしくて手芸好きになったことがきっかけだそうです。
どんな店長を目指しているかというと,手芸の楽しさをみんなに教えたり,伝えたり出来ることを目指しているそうです。
この店で働いていて身についたことは,色々な種類のかたかたなどだそうです。
自分たちが楽しくしている姿すがたを見たお客さんに,手芸の楽しさが伝わってしいと思っているそうです。
どんな気持ちで働いているかというと,オリジナルの物を作る楽しさを教えたいという気持ちで働いているそうです。
せっきゃくするときに思っていることは,がおいっしょあいさつをするということだそうです。

働くということは

働くということは

最後にわたしたちがクラフトハートトーカイで学んだことです。働くということは,たくさんの人たちに自分たちの気持ちを伝えるということです。店員さんたちは,いつも手芸の楽しさがお客様に伝わってしいと思っています。仕事をする上で大切なことは第一にお客様のことを考えていることだとわかりました。クラフトハートトーカイの人たちは,いつもお客様のことを考えてふうをしたり,せっきゃくしたりしていることがわかりました。

(※以下はじんごとのまとめ)

○ぼくがクラフトハートトーカイを選んだ理由は物が完成したときの達成感が好きだからです。せっきゃくをするときはいつもがおを大切にしているそうです。ぼくは,がおでいるということはどんな悲しいときも店に入ったらがおにするえがとてもすごいと思いました。これを見習って生活していきたいです。

わたしがクラフトハートトーカイを選んだ理由は,手芸が好きでしょうらいゆめが「手芸の先生」だからです。クラフトハートトーカイに仕事体験に行って,ゆめに一歩近づいたかなと思います。理由は知らなかったこと,例えばぬのをまっすぐつときに必要なことなどがわかったからです。今回学んだことをだんの生活やしょうらいにつなげたいです。

  • 取材・原稿作成:館山市立北条小学校5年生

もっと知りたいこの仕事人

  • 特集ページ

    わたしたちの館山市