仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

愛媛県に関連のある仕事人
1980年 生まれ 出身地 愛媛県
こうむいん(しやくしょのしごと)公務員(市役所の仕事)
れっちん
子供の頃の夢: スイミングスクールの先生
クラブ活動(中学校): 陸上部
仕事内容
市民とともに豊かなまちをつくる
自己紹介
負けん気が強くて、自分意見はわりとはっきり言う。けっこう小心者。外で遊ぶのが好き。

※このページに書いてある内容は取材日(2007年07月05日)時点のものです

市民の人たちの快適な生活を守る仕事

市民の人たちの快適な生活を守る仕事

市役所で働いている公務員こうむいんは,市民の人たちが毎日快適かいてきに生活することができるように仕事をしています。市役所の中には本当に色んな仕事をしている人がいます。福祉ふくしの仕事をしている人とか,みなさんの学校を管理している仕事だとか。中でもわたしの仕事は,市民の人たちへのびかけなどを通して,身近な自然や地球環境かんきょうを守る仕事をしています。わたしの仕事は,つくえの前で事務じむをしたりするデスクワークが多いですけど,環境かんきょうを守るのってたくさんの人たちが関わってくれているので,学校だとか会社だとか,いろんな協力を得るために外出することも多いです。

市民の人たちと一緒(いっしょ)にがんばりたい!

市民の人たちと一緒(いっしょ)にがんばりたい!

去年,環境かんきょう基本きほん計画っていう市の環境かんきょうを守る計画を作ったんですが,その中に「こうやっていきましょう!」という具体的に行動するプロジェクトがあります。それを今からやっていくんですけど,これらのプロジェクトを市役所の人が中心になってやってしまったら,最後に達成できる効果こうかって小さくかぎられてしまうんですね。やっぱり市民の人たちと一緒いっしょにがんばってこそ,プロジェクトって成功するんだと思います。だから,環境かんきょう基本きほん計画を作るときには,市民の人たちと何回も何回も会議をして,たくさんの環境かんきょうを守るための前向きな意見をもらいました。市民の人たちの前向きな意見って大切にしたいですね。わたし役割やくわりは,市役所と市民の人との調整役ってところです。

市民全員が仕事の対象者

この仕事が他の仕事と大きくちがうのは,市民の人たちの税金ぜいきんで仕事をしてるってところです。わたしたちの仕事の対象者ってすごく多いんですね。だから,何かを決めたり実行したりするときには,できるだけ多くの人から前向きな意見を聞きたいとも思うし,でも,出してもらった前向きな意見を全部反映はんえいさせるってのもむずかしいし。また,わたしも市民の一人なんだけど,わたしの立場は,市役所につとめてて,市民の人たちとの意見を調整しなくちゃいけない立場なんですね。だから,会議のときとかに,どうしても市民の人たちとの考えのちがいって出てきてしまうんです。そのあたりをうまく調整しなくちゃいけないのは大変ですね。

自分の作ったものが足跡(あしあと)になる

自分の作ったものが足跡(あしあと)になる

この仕事って,市民の人たちの快適かいてきな生活を守ることが目的だから,自分のがんばって達成したことが,最終的には市民全員に関係したりするんですね。快適かいてきな生活ができることが当たり前に感じられる世の中だから,なかなか人から感謝かんしゃされるってことが少ないんだけど,地元のお役に立てたのかなって思うと充実じゅうじつした気持ちになります。他にもこの仕事の特長は,後々のちのちまで残るものを作ることができるんですね。わたしが仕事として関係した環境かんきょう基本きほん計画とか条例じょうれいとかができあがったときには,それが後々のちのちまで自分の足跡あしあととして残るわけだから,「ああ,やったな!」という気持ちになりますよ。

年代幅(はば)を超(こ)えた社交性が大切

年代幅(はば)を超(こ)えた社交性が大切

市役所で働いている人はすごく多いから,いつもおたがい何でも協力してがんばれるように,内向きの人間関係は大切にしています。市民の人たちとの人間関係も大切ですね。この仕事は,子どもからお年寄としよりまで本当に年代はばの広い人たちとお付き合いしないといけないんですね。だから,いろんな年代の人と話すことができる社交せいは重要ですよ。市民全員が主役になったまちづくりをしていくためには,本当に多くの人たちに関わってもらわないとできないですからね。だから,色んなところで活躍かつやくしてくれている人たちがもっと活躍かつやくできるような環境かんきょうを作るために,自分たちは精一杯せいいっぱい応援おうえんしなくちゃなと思ってます。

生まれ育った土地には愛着がある

はじめは都会の方に就職しゅうしょくしようとも思ってたんですが,いろいろ考えた結果,地元にもどって地元のために働きたいなという気持ちになりました。生まれ育った土地ってだれにでも愛着があるんだと思います。その地元に恩返おんがえしをしたいなって気持ちが,自分をこの仕事にみちびきました。だぶん,東京に就職しゅうしょくしていても,いずれは地元に帰ったんじゃないかと思います。

ボート競技で全国3位になった!

子どものころは,ひたすら外で遊んでました。中学校は陸上部だったんですが,やっぱりひたすら外でスポーツをしてました。球技きゅうぎよりも,水泳などの個人こじん競技きょうぎの方が得意でしたね。高校の時はたまたま出会ったボート部に所属しょぞくしてたんですが,高校2年生の時には全国3位になることもできました。こんな風に,わたしは子どものころからひたすらアウトドアです。今はあまりスポーツはしてないですけどね。。。

子どものうちは外で遊ぼう!

子どものうちは外で遊ぼう!

子どものうちは,いっぱい外で遊んでもらいたいなと思います。わたしは子どものころゲームとかを買ってもらった方じゃないので,とにかく外で遊んでました。いろいろおこられたりすることもあるけど,いろんな体験をすることでいろんな事が学べます。勉強もいずれしなくちゃいけないときが来ます。でも,子どものときに近所の大人の人と話したり,外で思いっきり遊んだり,はたまたおこられたりする経験けいけんが,いずれ大人になったときに役に立つのかなって思います。ぜひ,外で思いっきり遊んでみてください。

ファンすべてを見る

(東京都 小6)
(東京都 中1)
(東京都 小6)
(北海道 小6)
(沖縄県 中2)
(宮城県 中1)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

ヤン・アルテュス・ベルトラン
世界中を空から撮った写真集で、いろんなところに行った気分になれる。

もっと知りたいこの仕事人

取材・原稿作成:西条市産業振興課 大久保、編集:(c)学校ネット株式会社