仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

愛媛県に関連のある仕事人
1985年 生まれ 出身地 愛媛県
たんちゃん
子供の頃の夢: 吉本の芸人
クラブ活動(中学校): 軟式テニス部
仕事内容
結婚式を企画して形にする
自己紹介
小さいころは引っみ思案な性格せいかくでしたが、だんだんと人前に出ることが好きになってきた。休日は一人でドライブに行ったりします。

※このページに書いてある内容は取材日(2009年05月28日)時点のものです

お客様と共に考える

お客様と共に考える

ウェディングプランナーとは,「結婚式けっこんしき」というお客様にとって一生に一度の大きなイベントを,よりよいものにするためにお手伝いをしていく仕事です。わたしの仕事は,ご来館されたカップルからご希望を聞くことから始まります。結婚式けっこんしき招待しょうたいする人数の確認かくにんをしたり,ウェディングドレスを決めてもらったりして,お客様の希望にあったプランを一緒いっしょに考えていきます。一つの結婚式けっこんしき準備じゅんびにかかる期間は短い人でも1年という長期間になるので,その間ずっとお付き合いをさせていただきます。

えんの下の力持ち

縁の下の力持ち

結婚式けっこんしきは土日に挙げる方が多いので,土日はいそがしく休みがありません。結婚式けっこんしきのある日は,たくさんのお客様のおむかえがあり,また結婚式けっこんしきをスムーズに進めるためにつねに気を配っていないといけないので大変です。結婚式けっこんしきのない日は,打ち合わせの内容ないよう資料しりょうにまとめたり,結婚式けっこんしきにかかる費用を計算したり,ブライダルフェアの内容ないようを考えたりしています。ブライダルフェアとは,結婚けっこんを予定しているカップルが参加できる結婚けっこん式場の見本市のようなものです。季節に合わせたイメージで会場をかざりつけて,お客様に結婚式けっこんしきの本番のような雰囲気ふんいきを味わってもらいます。このようなフェアの準備じゅんびをするのもわたしたちプランナーの仕事なんですよ。また,わたしたちプランナーが「これをしたらもっとよくなる」と思うことを,お客さんにアドバイスしています。ほかにも,スタッフ内で意見を出し合って,最高の式になるようにアイデアを出しています。

一生に一度の結婚式けっこんしきだから失敗はできません

一生に一度の結婚式だから失敗はできません

結婚式けっこんしきは,新郎しんろう新婦しんぷやその家族が長い時間をかけて打合せした内容ないようを,3~4時間という短い時間で披露ひろうしなければいけません。この3~4時間のためにたくさんのお金と時間がかかっています。だからこそ,お客様の要望にこたえられるよう,打合せ内容ないようを正しく理解りかいし,ケーキ屋さんや司会進行の方に伝えられるよう気をつけています。結婚式けっこんしきは人生の中の大イベントになるので,そのイベントを手伝うことにプレッシャーや責任せきにんを感じます。

プレッシャーから得られる達成感

プレッシャーから得られる達成感

一生に一度の結婚式けっこんしきをお手伝いするので,仕事には大きなプレッシャーがかかります。そんなプレッシャーのある仕事だからこそ,式の最後に新婦しんぷさんが手紙をよむ場面や新郎しんろうさんがあいさつをしている場面で,「すてきな式にしてくれてありがとう」と言われた時に達成感を感じます。また,結婚式けっこんしき女性じょせいの晴れ舞台ぶたいでもあるので打合せをする時に女性じょせいが中心になることが多くなります。だからこそ女性じょせいのプランナーは新婦しんぷさんと同じ目線で考えることができ,活躍かつやくできるところが魅力みりょくです。

お客様の心をつかむ

お客様の心をつかむ

お客様が思っていることの一歩先までよむようにしています。わたしたちのアドバイスで,疑問ぎもんや不安をもっておられるお客様に「自分たちのことを考えてくれている」という安心感を持ってもらえるようにしています。お客様のご希望をよく聞き,意見を交換こうかんすることも大切にしています。いろいろな年代の人とかかわる仕事なので言葉づかいにも気をつけています。

まず,人が好きじゃないと

まず,人が好きじゃないと

高校二年生の時,テレビ番組でウェディングプランナーの特集を見て,「この仕事にきたい!」と思いました。この仕事は資格しかくが必要というわけではありませんが,わたしの場合は,専門せんもん学校で着付けやフラワーアレンジなどを勉強しました。お客様がウェディングドレスを着るときに持つブーケを作ったり,テーブルにお花をかざり付けたりすると喜ばれるので,習っていて良かったなと思います。一般いっぱん常識じょうしきや人と会話や議論ぎろんをする能力のうりょく,ていねいな言葉づかいは,接客業せっきゃくぎょうには大切です。でもそれ以上に大切なのは,人と話したりせっしたりすることが好きという気持ちです。

人が喜ぶのがわたしの楽しみ

人が喜ぶのが私の楽しみ

子どものころから人を楽しませたり,喜ばせたりすることが好きでした。中学校のときのゆめは,お笑い芸人だったんですよ。本気でお笑い芸人の友近さんの弟子になろうかと思っていたころもありましたね。外でみんなと遊ぶのが好きだったので,「けんけんぱ」や「たかおに」をして遊んでいました。とても活発な子どもだったと思います。

人の気持ちがわかる大人になること

人の気持ちがわかる大人になること

まず,友達を大切にしてほしいと思います。相手のことを思いやる気持ちは,仕事だけではなく,人とつきあっていく上でも大切なことになりますよ。次に,いろいろなことを学生のうちに体験して,自分を見つめ直すことが大事だと思います。たくさん体験をすることによって,自分がなりたいものが本当に自分に向いているか,やっぱりこの仕事にきたい,もしかして他のことが自分に向いているのかもしれない,などとさい発見することができるかもしれませんし。それから,社会人として文章を書くときに漢字が書けなかったら大変ですから,国語をちゃんと勉強しておいた方がいいですね。最後に,なんでも「できない」ことはありません。できないことは,できている人を見て,感じて,まねすること。やる気をもっていればなんでもできます。

ファンすべてを見る

(香川県 中2)
(香川県 中2)
(香川県 中2)
(香川県 中2)
(香川県 中2)
(香川県 中2)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

藤原 紀香
女性として、いろんな意味で魅力的になれるヒントがある。

もっと知りたいこの仕事人

どんな会社?
取材・原稿作成:平成21年度西条高校職場体験実習生 池内・岡林・中川、編集:(c)学校ネット株式会社