• 愛媛県に関連のある仕事人
  • 1985年 生まれ

    出身地 愛媛県

ほいくし保育士

さあや

  • 仕事内容

    子どもを預かり共に生活する

  • 自己紹介

    おとなしいけど、負けずぎらいな性格せいかく。休日は、買い物をしたり、友達と話したりして、ストレス発散してます。

  • 【このページに書いてある内容は取材日(2010年06月10日)時点のものです】

さあや


仕事人記事

子どもをあずかる

子どもを<ruby><rb>預</rb><rp>(</rp><rt>あず</rt><rp>)</rp></ruby>かる

わたし保育園ほいくえん保育士ほいくしの仕事をしています。保育園ほいくえんには,0さい~6さいまでの子どもが通っています。基本きほん的には8時30分~17時までですが,働いているお母さんのために7時~19時まであずかっています。だから,早めに来る人とおそめに来る人で交代しながら働いています。保育士ほいくしの仕事は,一人一人の子どもの発達を見守ることです。ただあずかるだけではなく,子どもたちの性格せいかくを分かった上で良いところをばしていき,出来ないところは一緒いっしょに出来るようにお手伝いしていきます。生活面は,子どもたちの「自分でやりたい」という気持ちを大事にして見守りながら出来ないところを手伝うようにしています。遊びの面では,子どもたちが思いっきり自分を出せるように,自分で考えて遊びが出来るようにしています。そして,子どものイメージがふくらむような工夫もしています。あとは,子育て支援しえんもしています。お母さんのなやみを聞いたりして,ストレスを発散できる場所を作っています。お母さんが分からないことは一緒いっしょに考えて「一人ではない,一緒いっしょに育てていこう」という安心感を持ってもらえるようにお母さんたちの支援しえんをしています。

一緒いっしょに遊びながら成長を助ける

<ruby><rb>一緒</rb><rp>(</rp><rt>いっしょ</rt><rp>)</rp></ruby>に遊びながら成長を助ける

朝,子どもたちが保育園ほいくえんに来たら,まず子どもたちの好きな遊びを一緒いっしょにします。そして,おやつを食べて,次は外で子どもたちと一緒いっしょに遊びます。お昼ご飯を一緒いっしょに食べた後,パジャマに着替きかえてから,子どもたちにお昼寝ひるねをさせます。子どもたちがている間は,お母さんとの連絡れんらくノートを書きます。何を食べて,何時にて,体調はどうかなど,お母さんと子どもについて連絡れんらくを取りあっています。子どもたちが何かを作ったり,絵をいたりして遊ぶための準備じゅんびもします。そして,お昼寝ひるねから子どもたちが起きてきたら,教室の中で一緒いっしょに遊びます。やはり,遊ぶ時もご飯を食べる時も楽しむだけではなく,子どもたちの力をばしていけるようなせっし方をしています。

子どもの気持ちを大事にする

子どもの気持ちを大事にする

なやんでいることは,子ども達に「イヤ」という主張しゅちょうが多いことです。1さいは,段々だんだんと自分の気持ちを主張しゅちょうしようとする時期なので,何に対しても「イヤ,イヤ」と言います。それはとても大事なことなので,その気持ちを大切にしながらも,どうしたら次に進むことができるかを毎日考えています。また,仕事で大変なことは,子ども達のやりたい事がすぐできるように,おもちゃなどを作ることです。時には家に帰ってからも準備じゅんびをすることがありますが,子ども達の笑顔を思いかべると楽しく取り組むことができます。

子ども達が成長した時

子ども達が成長した時

子ども達を見て,「成長したな」と感じる瞬間しゅんかんが一番うれしいですね。言葉の数が少ない子どもがいたのですが,色々いろいろな人に相談して,まずその子の気持ちを理解りかいすることから始めました。そして,その子が態度たいど表現ひょうげんしてきたことをわたしが言葉にすることで,気持ちを引き出してあげられるようになりました。それからその子は,段々だんだんと自分の気持ちを自分で表現ひょうげんできるようになり,よく笑ってくれるようになりました。今は,とても明るくなって,みなとたくさんおしゃべりをしています。このように,成長していく子ども達を見ていると,とてもやりがいを感じますね。

子どもの気持ちを理解りかいする

子どもの気持ちを<ruby><rb>理解</rb><rp>(</rp><rt>りかい</rt><rp>)</rp></ruby>する

子どもの気持ちを理解りかいすることを一番大切にしています。子ども達は,まだ自分の気持ちを言葉で表すことができないので,ちょっとした表情ひょうじょうの変化も見落とさないようにしています。また,物を取り合ったり,ケンカをしたりして,いやな思いをする子がいないように気をつけています。目をはなすと手や口が出てしまう子もいますし,おとなしい子は自分の気持ちを表現ひょうげんすることをあきらめてしまい,保育園ほいくえんに来ることもいやになってしまいます。そうならないように,みなの望みを上手にかなえてあげられるように気を付けています。もう一つ大切にしていることは,お母さんと信頼しんらい関係をきずくことです。大切な子どもさんをおあずかりしているので,お母さんとたくさん情報じょうほうを共有して,より子ども達のことを知っていきたいと思っています。

子どもが好き!

子どもが好き!

わたしは,高校生のころから保育園ほいくえんの先生になりたいと思っていました。0さいから6さいまでの幼児期ようじきは,子どもが成長する上でとても大切な時期です。小さい時にお世話になった人や保育園ほいくえんで教えられたことが,子どもの性格せいかく人格じんかくに大きく影響えいきょうします。その大切な幼児期ようじきに関わりたいなと思ったのです。またわたしには弟がいて,弟の面倒めんどうを見ることや子どもと遊ぶことが好きだったので,保育士ほいくしの仕事を選びました。

好奇心こうきしん旺盛おうせい

<ruby><rb>好奇心</rb><rp>(</rp><rt>こうきしん</rt><rp>)</rp></ruby><ruby><rb>旺盛</rb><rp>(</rp><rt>おうせい</rt><rp>)</rp></ruby>

子どものころは,おとなしいけど,負けずぎらいな性格せいかくでした。普段ふだんはあまりしゃべらないのに,授業じゅぎょう中だけはとにかく手を挙げて発表をする子でしたね。音楽が好きなので,ピアノをいたり,友達と合唱をしたりしていました。またお父さんが山好きで,よく山に連れて行ってもらい遊んでいました。それからボーイスカウトに入っていたので,キャンプをしたり,ごみ拾いをしたり,外で活動することも大好きでした。好奇心こうきしん旺盛おうせいで,カエルやバッタをつかまえることも楽しかったですね。

いろんなことに挑戦ちょうせん!!

いろんなことに<ruby><rb>挑戦</rb><rp>(</rp><rt>ちょうせん</rt><rp>)</rp></ruby>!!

みなさんには,やりたいと思ったことは全部挑戦ちょうせんしてしいです。失敗してもずかしいと思わず,次につながると思って,どんどんチャレンジしてください。小学校・中学校の時からやりたいことをしていくと,将来しょうらいゆめつながります。友達ともいっぱいケンカして,一緒いっしょに笑って泣いて,つらいことも経験けいけんしてください。その時の友達関係で学ぶことはとても大きく,社会に出た時にきっと役に立つはずです。だから,色々いろいろなことを経験けいけんして学んでいってしいですね。

  • 取材・原稿作成:平成22年度西条高校職場体験実習生 白木・高橋、編集:(c)学校ネット株式会社