仕事人

社会にはいろいろな仕事があるよ。気になる仕事や仕事人をたくさん見つけよう!

その他に関連のある仕事人
1974年 生まれ 出身地 神奈川県
子供の頃の夢: ピアニスト
クラブ活動(中学校): 英語、ボランティア活動
仕事内容
お客様に快適な空の旅を提供する
自己紹介
性格はまさに『犬』。人が大好きで、人に喜んでもらう事が自分の喜び。休日には家族で公園に出かけたり、家に人を呼んでホームパーティーをするのが好き。趣味は、インテリア雑貨のお店をウィンドーショッピングすること。

※このページに書いてある内容は取材日(2006年10月27日)時点のものです

空の旅をサポートするために

空の旅をサポートするために

(わたし)職場(しょくば)は世界中を回る飛行機の中です。月に2,3回,日本と海外を往復(おうふく)しています。旅の目的地までお客様に空の旅を楽しんでもらうこと,緊急時(きんきゅうじ)にお客様の命を救うことが主な仕事です。お客様が急に病気になったときの手当ての仕方や,飛行機が故障(こしょう)したときにお客様を飛行機の外へ脱出(だっしゅつ)させる方法,また,お客様と上手に(せっ)するサービスの方法などは2ヶ月間の訓練で学びます。空の法律(ほうりつ)「航空法」や飛行機のエンジン,様々(さまざま)な種類の飛行機の装備(そうび)についても勉強するんですよ。この仕事は,パイロットや他のフライトアテンダントとチームを組んで働くものなので,訓練中は色々(いろいろ)な国の訓練生と合宿生活をし,チームワークも学びます。

「成田発ニューヨーク行き」の一日

「成田発ニューヨーク行き」の一日

成田発ニューヨーク行きの朝。制服(せいふく)着替(きが)え,スーツケースを引いて空港へ。飛行機内の安全点検(てんけん)をした後,お客様をご案内します。出発準備(じゅんび)を整え,いよいよ離陸(りりく)!安定飛行に入り,アナウンスをしてからサービス開始です。自分の担当(たんとう)するお客様一人ひとりの様子をうかがいながら,お食事を配ります。お客様に毛布(もうふ)を差し上げたり,読書をされているお客様にライトをつけて差し上げたり,約13時間の長いフライトをいかにくつろいで()ごして(いただ)けるか,心を()めておもてなしをします。お食事の後には,お酒類やお土産の販売(はんばい)もします。まもなくニューヨークです。機長から指示(しじ)が出され,フライトアテンダントは専用(せんよう)座席(ざせき)(すわ)ります。(まど)からマンハッタンのビル街や自由の女神像(めがみぞう)が見え,お客様からは「わぁ!」と感激(かんげき)の声。空港着陸後にお客様をお見送りして,長い一日が終わります。

空の上での「一期一会」に心をこめて

空の上での「一期一会」に心をこめて

飛行機を利用するお客様との出会いは,いつも「一期一会」です。同じ人と(ふたた)びお会いすることはほとんどありません。ですから,自分がお世話をするお客様には精一杯(せいいっぱい)心をこめて(せっ)するようにしています。「飛行機の中で出会ったあのフライトアテンダントさんはよかったなぁ」とお客様一人ひとりの旅の一ページに残るような仕事ができるようにつとめています。

宇宙飛行士,元大統領から学んだこと

宇宙飛行士,元大統領から学んだこと

世界中のお客様と出会うことが楽しみです。思い出に残っているのは,アメリカの元大統領(だいとうりょう)やある宇宙(うちゅう)飛行士の方です。その方は,(だれ)とも(くら)べられないほどにものすごくおおらかで素敵(すてき)な方で,まさに“宇宙(うちゅう)と地球からの愛のオーラ”のようなものを感じました。有名になっても絶対(ぜったい)にいばらないというのか,どんな人に対してもとても(やさ)しく,親切で温かい心を感じます。「一流の人」とは,それだけ心が(だれ)よりも広いのでしょうね。お客様から学ぶことは多いです。

英語が好き,人が好きな私だから

英語が好き,人が好きな私だから

小学生の(ころ)から地域(ちいき)のボランティア活動に参加し,人と(せっ)したり,人の役に立つことをするのが好きでした。アメリカに(あこが)れ,中学,高校では英語の勉強に力を入れました。高校卒業後はアメリカの大学に留学(りゅうがく)。帰国し,自分の英語力,留学(りゅうがく)で身に付けた国際的(こくさいてき)な感覚,そして人が大好きな性格(せいかく)をいかせる職業(しょくぎょう)はなにか…と考え,たどりついたのがフライトアテンダントでした。自分には無理かなとも思いましたが,とにかくチャレンジしてみよう!と夜間の専門(せんもん)学校へ。2ヵ月後,航空会社の面接(めんせつ)と英語のテストを受けて合格(ごうかく)しました。受験者1500人のうち,合格者(ごうかくしゃ)はたった8名。ものすごくうれしかったです!日頃(ひごろ)から階段(かいだん)昇り降(のぼりお)りして体力作りをし,電車の中では自分から席をゆずってみたりと,毎日の小さな努力が実を結びました。

素直にあやまり気持ちを伝える

素直にあやまり気持ちを伝える

悪天候や整備(せいび)に時間がかかり飛行機の出発が(おく)れると,怒り出(おこりだ)すお客様が出てきます。その時は,理由をちゃんとわかってもらうために,きちんと説明をします。しかし,ただ説明するだけではだめです。必ずお客様の座席(ざせき)のそばに自分がしゃがんで,目線をお客様より低い位置に下げ,「お話をしっかり聞いています」という姿勢(しせい)をとります。お客様がなぜ(おこ)っていらっしゃるか,相手の目を見ながら聞き,そして丁寧(ていねい)に説明します。「もうしわけございません」だけでは(かぎ)りがあり,自分が心から気持ちを伝えようとする姿勢(しせい)がないと,いくら説明してもお客様は機嫌(きげん)を直してくれません。どんなときでも素直(すなお)な気持ちでお客様に(せっ)するよう心がけています。

アメリカ行きを決意したのは小学生のとき

アメリカ行きを決意したのは小学生のとき

(わたし)の兄には障害(しょうがい)があり,一緒(いっしょ)にいると知らない人から冷たい目で見られ,偏見(へんけん)にくやしさを感じでいました。小学5年生の時,神奈川(かながわ)県の米軍基地(きち)で「スペシャルオリンピック」というアメリカと日本の障害(しょうがい)を持つ子ども達の運動会に行き,そこで大きなショックを受けました。アメリカの人達は,障害(しょうがい)を持つ子どもたちに対して(だれ)とも変わらず普通(ふつう)(せっ)していたからです。みんなが笑顔に満ちあふれ,わいわいと運動会を楽しんでいるのを見て,全く別の世界に来たような気持ちになりました。「アメリカ人ってどういう人なんだろう? アメリカはどんな国なのかな?」帰りのバスの中,(わたし)は「将来(しょうらい)絶対(ぜったい)にアメリカに行く!」と決めました。

大好きなことを楽しんでいました

大好きなことを楽しんでいました

習い事はピアノ,習字,公文に行っていましたが,いつも中途(ちゅうと)半端(はんぱ)で終わってしまいましたね。でも,小学校高学年で「アメリカに行く!」と決めてからは,外国の童話を読んだり,マイケル・ジャクソンやマドンナの曲を一日中聞いていたこともありました。外国映画(えいが)のビデオを何本もかりてきて,家で友達とビデオ会もしました。とにかく,アメリカと英語が大好きだったんですよ。

チャンスは自分で見つけるもの

チャンスは自分で見つけるもの

とにかく大きな視野(しや)を持ってほしいですね。大きな視野(しや)を持てば,自分がぐんと大きくなった感じがして,いつもよりも人に(やさ)しくなれたり,今まで(なや)んでいたことだって,ちっぽけなことに思えてきます。では,大きな視野(しや)を持つようにするにはどうしたらいいのでしょうか。まず,自分からどんどん外へ出て行き,(ちが)う世界に興味(きょうみ)を持っていろんな体験をしてみることです。例えば,学校以外の地域(ちいき)のイベントに参加したり,旅行したり,家族や友達以外で自分とは(ちが)う考えを持った人と話をしてみること。そうして得たことは,将来(しょうらい)大人になって仕事を選ぶとき,とても役に立ちますよ。

ファンすべてを見る

(東京都 小6)
(東京都 小6)
(東京都 小6)
(静岡県 小6)
(群馬県 中1)
(東京都 小6)
※ファン登録時の学年を表示しています

私のおすすめ本

L.M.モンゴメリー
幼い頃に読んだとき、暖炉や小屋などが出てくるので、海外にはこういうものがあるんだ、と自分の中で想像していました。
取材・原稿作成:(c)学校ネット株式会社(大月)