靴デザイナー

フォーマルなものからカジュアルなもの,特定の用途(ようと)に使われるものまで,(くつ)にはたくさんの種類があります。(くつ)デザイナーは素材(そざい)やスタイル,流行などを考慮(こうりょ)しながら,よりよい(くつ)をデザインする仕事です。ファッション(せい)は重要ですが,最近はそれだけではなく,はきやすく,長い時間歩いても(つか)れず,足やからだ全体への負担(ふたん)が少ない(くつ)も人気を集めるようになっています。こうした(くつ)をデザインするためには,人間の足の構造(こうぞう)や動きをよく理解(りかい)しておかなければなりません。
(くつ)デザイナーになるための特定の資格(しかく)はありません。デザイン(けい)の大学や専門(せんもん)学校などを卒業した後,(くつ)メーカーやアパレルメーカーに就職(しゅうしょく)して,企業内(きぎょうない)デザイナーになるのが一般(いっぱん)的ですが,自らのブランドを持ち,高い評価(ひょうか)を受ける有名デザイナーもごく一握(ひとにぎ)り,存在(そんざい)します。

靴デザイナー

「靴デザイナー」の仕事内容と共通点がある職業

ファッションデザイナー革製品製造工工業デザイナージュエリーデザイナー

「靴デザイナー」の他の呼び方:シューズデザイナー

あしたね仕事人インタビュー(「靴デザイナーの仕事」に関する職業インタビュー)