金型職人(かながたしょくにん)

金型職人
さまざまな製品せいひんの各部品は金属きんぞくやプラスチックでできており、その部品を大量生産するために部品に合わせた「型」を作ります。その型が金型です。自動車の場合だと、ボディからシリンダーブロックまでありとあらゆるパーツがこの金型を使って製造せいぞうされています。この金型を作るのが金型職人しょくにんです。注文主が発注してきた設計図せっけいず通りに製作せいさくしなくてはならないので、精密せいみつな機械操作そうさに関する知識ちしきと、熟練じゅくれんした高度な技術ぎじゅつが必要とされます。日本の金属きんぞく生産業をささえる重要な仕事の一つです。
キャリアマップ

「金型職人」の仕事内容と共通点がある職業

「金型職人」の他の呼び方:金型製造

仕事人インタビュー