表具師(ひょうぐし)

表具師
表具は、紙やぬののりを使って、じく屏風びょうぶふすまなどの製作せいさく修理しゅうりをおこなう職人しょくにんです。いたんだじく屏風びょうぶなどを修復しゅうふくする表装ひょうそうや、ふすまの新調やえなどが主な仕事でしたが、居住きょじゅう空間が和風から洋風に変わるにつれて、ふすま屏風びょうぶといったものの需要じゅようってきたため、現在げんざいではかべそうばれるクロスをる仕事がえてきました。とはいえ、伝統でんとう的な表具の仕事がなくなったわけではなく、現在げんざいでも表装ひょうそう障子しょうじえなどの仕事の依頼いらいはあります。表装ひょうそう貴重きちょう美術びじゅつ品をあつかうこともあるので、美術びじゅつに関する知識ちしきや美的な感覚も求められます。
キャリアマップ

「表具師」の仕事内容と共通点がある職業

「表具師」の他の呼び方:インテリアデザイン、内装デザイン、内装工事、経師

仕事人インタビュー

善くん
住宅の壁紙や襖を仕立てる